タテさんのマイページ

レビューした作品

アドバンスドレビューアー

女性タテさん

レビュー数25

ポイント数245

今年度93位

通算--位

  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

シリーズ買い

リトルエヌさんのオメガバシリーズは絵柄のおかげで陰鬱な感じが軽めに思えるのでシリーズ買いしています。

今回は前回のカップルの受けの方の学校の先輩CP。
正直前回の受けの友人がくるかな?
と思っていたのでお預けくらった感がありました。
その友人くんも出ていてCPがはっきりしたので引き続き楽しみです。

受けのΩはノンケ気質で同姓のαとのカップリングは望んでいませんでしたが、αの真摯な恋にほだされた感じです。
αからの告白、拒絶からのお試し受け入れ、と自然な恋の流れでオメガバースでなくてもストーリーでかわいらしい恋愛です。

オメガバ設定だとどうしても理性ではどうしようもない衝動、が邪魔してそこにときめける要素があるかが重要かなと思うので、オメガバ設定でなくてもよいストーリー構成は好きです。

αのヤキモチの表面化がかわいらしかったです。自分の好きなΩにちょっかい出されると体調悪くなる…Ωに介抱してもらう…弱るαは学生ということあってかわいいです。

喧嘩番長萌え

想像以上のラブラブでした。
上下一気読みしましたが、上巻でおわってもおかしくないくらいの内容で、下巻どうなるんだろうと思ったらまさかの攻め過去。

喧嘩番長wがここで最高の男前です。
受けの見た目でギャップ萌えして、攻めの過去でも萌えます。
ボロボロにならなくてよかったー…

ラブラブ不足になったら読み返します。

不良くんは痛い目みなさい!って感じです。
見た目ガッチリのBLでしたが、中身がかわいすぎます。
最高でした。

笑う

どうざきさんはpixivから好きで、商業読みきりも読みましたが連載ものは初です。
らしさはあります。
主人公のつっぱしり具合がそれです。

笑っちゃいます。
どことなく少女漫画チックなんですよね。
攻めは見ためがよくて、よくモテる。っていう。
今回は小学生のときに親友以上恋人未満みたいな感じだったけど、告白してフラれて、復讐を誓うっていう話です。

何年もその復讐心をもったまま(にしてはピュア)、無事大学で再会を果たして、思いつくまま行動をおこします。
とある出来事をきっかけに思いもよらず付き合うことになり、今度は本気で好きになったので、過去のことや復讐のことを言い出せずに葛藤します。

すべてを打ち明けてスッキリさせようと意を決していいますが、攻めはわかっていました。
攻めも受けのことが好きでしょうがなかったと。

最後まで読んでもよくわからなかったのは、攻めが受けを小学生のときにフッた理由。転校してしまうから、記憶に残りたい…??みたいな。
うーん…好きなら普通に好きって言えばよかったのでは…?いやいやそれだとこの話し無しだな、って思いながらモヤモヤはしました。

ちょっと攻めの気持ちがわからなくて、ただただ受けが一人相撲してるのを眺めてる感覚です。うるさくてピュアな受けなので面白いです。

展開が急だったり心の動きが見えなかったり、あとがきより苦労したのがうかがえました。
あとちょっと背景書き込み不足感があって、あー…ここ省略しないで背景ほしいかも、ってところありました。

かわいい絵柄なので、商業コミックで読めて嬉しかったです。

すごっくよかった

広告でみて気になっていたので購入しました。
独特の世界観ですがそれを表現するのにすばらしすぎる画力。
見てるだけで、わー…ってなります。

物に名前をつけると生物の姿になる世界。
名前をもつ物は名持ち
持たないものはナナシ

所有者が物に名前をつけるかつけないかは個人の自由です。

主人公の環境はバイオリンの音大生。
テスト前日に事故で壊れたバイオリンの替わりを買いにきたときに店員から自分を買え、と提案されます。

とにかく物が生物に、生物が物に変化する途中の状態がとってもファンタジーです。
流線を描いて物に変化していく様は静止画ではもったいないくらいの画力。
これ動いたら圧巻だと思います。

少し外国人風に見える人物の書き方ですが、そもそも独自の世界観ですので気になりません。

うさぎや犬、猫や亀、どうしてその生物になるかはわかりませんが多種です。
中でもヒト型は希少。
意志疎通ができるとよくもあり、悪くもあるのは人間そのものです。

個人的にはエチシーンなくても成り立つくらいよい内容だと思います。

名前を忘れた名持ちの名前を探しにいって、見つけるまでの話しはうるっときました。
名前を与えられてもその名前を忘れてしまうと名持ちはナナシに戻るっていう設定いいです。
ただほんとの名前を読んだときは
それかよーーー!って思って涙引っ込みましたw

画力に驚き、ほろっときて、膝カックンされたような感じで楽しく読みました。

尊いですよ

2人の仲の進展っていう意味での評価です。
前巻のラストで現れたアレックスは当て馬でもなんでもない夏生の家族でほっとしたのと同時に肩すかし感はありました。

でも、なんでもないのもよしです。
自称ハルくん、こと夏生の友達ののりやすくんの恋の行方が気になりますー。
私は登場人物全員幸せになれーって思うので相手が誰であれ幸せになるといいなぁと思います。

元親兄の元成くんはいい男です。パパ、チカに似すぎでした。

めちゃくちゃかわいい

輪廻転生もので前世が王子×配達夫。
現世が同じ大学の法学部生×生物学部生。

基本的にあるある設定で、余計な付属物がなくあっさりです。
いやでもかわいい。

攻めの一途さと受けのピュアさにこの絵柄がすごくあってて、涙の描き方がキレイでもらい泣きしました。

前世で受けが亡くなった理由付けも、前世の記憶を思い出すこともご都合でありがちはありがちなんですが、王道です。
これぞ、って感じです。

ほかの余計な人物が登場しないので二人のお伽話的な恋愛模様を一冊で楽しめます。

前世の名前と今世の名前になにか紐付けあるかな?と思いましたがなきゃないでも、無理に寄せる必要なないですもんね。
でもほんとはあるのかも…

受けがすぐ恋に落ちたり攻めがすぐ受けに手を出したりちょっと展開早くないか?とも思いますがサクサク進むのでノーストレスです。じっくり描いてもいいくらいのお話です。
ぎゅっと一冊に積めた感じでしょうか。

買ってよかったです。

屍と花嫁 コミック

赤河左岸 

ノスタルジーな気分に

世代が世代なら
このテーマがまさかBLの設定でホラーではなく読めるときがくるとは、
と感じる方もいるかと思います。

決して狂人やグロテスクなものでなく、美しい純愛として描かれています。

買ってよかった…
実はケモのやつがあわなくて躊躇していましたが、買って後悔ありません!

かわいらしい感じです。

年下×年上
で受けは会社で猫かぶりしててストレスためがち。
ケモ耳世界ですが設定的に気分がよいときだけでちゃう感じみたいです。

酔った勢いでやってしまい、なんだかんだと付き合いが続いていてはっきりしない関係だったところがすれ違いの発端ですが、悩み的に軽い(失礼だったらごめんなさい)ので、心配することなく安心して読めます。

絵柄的にキレイ系。ビリーバリバリー先生とか束原さき先生とかその辺の線が細くてキレイな感じです。少しぎこちないですけど。

作家買いです

古書店に間借りしてる学生と大家さんの話なんですが、大家さんにひとくせ、ですね。

大家さんがとある理由で神様相手の商売をしていて、その神様が創作もあるのか設定がよくできてます。
特に榎の縁切り神は某所にあるものを想像して、実際に行ったのもあいまって、あそこにいらっしゃるのはこんなイケメンの神なんか…って妄想しました。

人型にならない神様もいたり、とある理由に絡む結末が人としてはうーんだけど、生としてはありだな、って思うので考えさせられました。

ピュアな受けなので、幸せになってよかったと思います。
地獄の大王たち(の二代目)、鬼、そして神、ときたので次の作品も楽しみです。

読めるのにわからない。面白いです。

受けのことも攻めのことも、どう思って何が起こっているか描いてあるのに理解できませんでした。

つまり自分がただの癖ナシ、そこまでの変態じゃない、と認識できました。先生ありがとうございます。

変態たちの気持ちはわからずとも内容は面白いので感想です。(自分が共感ができないだけです)

無自覚Mに変態攻め。
婉さんワールドは相変わらずで、鳴けないトヒコよりもぶっとびの変態です。
受けはMだけど、弱くはない。
攻めの言葉に癒されるという癖の強いMです。
癒しとは……。

ご都合展開もないし、リアルにあったらしんどすぎてどこかで深呼吸したくなる受けの仕事(銀行の渉外しんどすぎない…?)。自傷してたってよく耐えてると思います。

共依存みたいなやつかな…?と思ったんですが、これはちょっと癖強めのただの恋愛ですね。読後は謎のさわやかさを感じて、攻めの友人のせりふ、末長く幸せにな、をまったく同意と思いました。

ちょっとしんどいのもあるので、少し間あけてまた読みたいと思います。