宝裸シリーズ2 大きなコケシの故郷で

宝裸シリーズ2 大きなコケシの故郷で
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
2
得点
7
評価数
3件
平均
2.7 / 5
神率
0%
著者
作品演出・監督
岩浪美和
音楽
佐々木弾正
脚本
小暮明日子
原画・イラスト
桜井しゅしゅしゅ
オリジナル媒体
コミック
CD発売会社
マガジン・マガジン〈CD〉
収録時間
103 分
枚数
2 枚
ふろく
フリートーク
別ディスクであり
発売日

表題作 大きなコケシの故郷で

岡崎竜也 → 鈴置洋孝

藤島晴海 → 堀内賢雄

その他キャラ
新田景一[成田剣]/ こけし仙人[麦人]

評価・レビューする

レビュー投稿数2

スケールが壮大でした(笑)

宝裸シリーズのドラマCD2作目です。原作既読です。
収録されているのは、単行本「われら宝裸コーポレーション ー大きなバイブの舎の下で」から「大きなバイブの故郷で」、他にボーナストラックが収録されています。
その中の一つ「巨大バイブ来襲」は単行本には収録されていない本編の後日談なんですが、舞台が宇宙にまで広がる壮大なスケールでした(笑)。
前作1作目に引き続き、皆さん真面目にギャグされているのがとても面白いです。
キュンとするような萌は余り感じられませんが、やはりギャグとしては面白かったです。
こけし仙人を演じられている麦人さんもぴったりでした。

前回はなかったトークCDがついて、鈴置さん、堀内さん、成田さん、そして作曲された岩浪氏の4名の参加でした。
大人の雰囲気で落ち着いたトークでした。
声優になったいきさつと、声優業全般に関する話題が興味深かったです。

0

萌えも滾りもしないが、笑えた。

原作には「神」をほおりこんでいるお気に入りなので、あとはどう調理するかという話です。
やたら筋肉質っぽい晴海@ケンユーさんにはなんとなくですが、なれました。

でも1本目に比べてさらに設定が奇抜。
コケシ仙人役の麦人さんがびっくりするぐらい胡散臭いジジィでいい。
このジジィに振り回される3人が挑むとんでもない試練がいちいち吹く。
(たとえば子供の頭くらいの太さのコケシをぶちこむとか)

そのため、岡崎と藤島のエッチシーンもないこともないのですがそうでない意味合いの二人の喘ぎ声(今回も岡崎さんケツ使いまくりです)の印象が強く残り、笑えるデキといったほうがいいと思います。

間にまるでTVドラマの合間のCMのように入る岡崎&藤島MCのコーナーがなおさら吹かせます。

あと、追加されたドラマについてですが・・・奥地にそびえていた巨大なリンガ石、実は太古に誰かが使っていたバイブだった!(爆)という・・・なんとすざましい。
「地球上にお前を使える穴は・・・ないっ!」
凄い説得力。びっくりするくらい宇宙へ飛び立つアホストーリー。

もうなんだ。声優の皆様お疲れ様でし続きた・・・

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ