ビッグガンを持つ男~朝な夕なに乱されて~

ビッグガンを持つ男~朝な夕なに乱されて~
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×22
  • 萌3
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
8
得点
28
評価数
9件
平均
3.3 / 5
神率
22.2%
オリジナル媒体
コミック
CD発売会社
ワンダーファーム
収録時間
77 分
枚数
1 枚
ふろく
なし
フリートーク
別ディスクであり
発売日

表題作 ビッグガンを持つ男~朝な夕なに乱されて~

風祭仁 → 成田剣

高柳昌樹 → 千葉進歩

リバ有

風祭義 → 遊佐浩二

高柳昌樹 → 千葉進歩

リバ有

風祭礼 → 高橋広樹

高柳昌樹 → 千葉進歩

リバ有

風祭智 → 山口勝平

高柳昌樹 → 千葉進歩

リバ有

評価・レビューする

レビュー投稿数8

究極のリバ!!

いや~スゴかったっす!!
とにかくスゴくて、脳内やられました!!!
リバ好きには是非ともオススメ♪
ただし、BLCD初心者には向いていないかな?

男兄弟の家で家政婦と言う名のオモチャとして雇われた昌樹(声は千葉さん)の苦悩と悦楽の日々…。
総受けか?と思いきや、オールリバ有りなんす!!
プレイも個々様々なんですが。
兄弟も昌樹もリバん時はキャラが変わるので楽しい!!!
話の内容はまあ、サラッと流せる感じなんですが。
とにかくHが濃いです!!!
4人×リバ=8パターンもあり、盛り沢山。
一気に聞くとちと疲れますが、一度聞いたら好きなところをひたすらリピートしたくなっちゃう♪
ちなみに私はラストの長男受けが一番好きです!

それから、変な日本語の外人(声は平川さん)もめちゃくちゃ楽しいキャラです!
彼は2で活躍してくれます。
声優さんたちにとって、かなりハードルの高い作品やったやろうなぁ~と思います。
特に千葉さんにはお疲れさま!と心ん中で言っていました。
難しいからこそ、それだけやりがいもあったやろうな。
こういう作品もっとないかなぁ?

2

盛大にコーヒーを噴いたでござる。

まず、最初に言っておこう。

BLCD初心者にはあまりおススメできないw
ワンダーファーム(有栖川作品)は極限までキッチュ。
それと、必ず「えぇぇぇーーーそれありですかっ!?」という
予想ななめ上のシュール展開が必ず入るのが特徴。

前回、レビューしたワンダーファームものの「優しくて棘がある」が
そういう意味でちっともワンダーファームらしくなかったのだが
こ、これは…www

もう、序盤から飛ばしまくりであるw
電車の中…痴漢BLかー(んなジャンルないってw)とワクテカしてたら
それは空振りだったがいきなりセックスてw
その無茶ぶりな設定、たしかに変態役がやけにハマる成田剣さんの使い方として正しいw

で、連れて行かれた先で兄弟4人に入れ替わり立ち代わり
いろんなネタで犯されてしまうのでありますw
しかもすげぇベタw
夜のお医者さんごっこ→エロな美容師編→でたぁ~!生クリームの男体盛り!!!!
あまりにベタすぎて、逆にいままでドラマCD化されなかったようなネタだらけ!

それで
ここまで聞いていて、なんとなく千葉進歩さんに違和感ありありだっ続きたんですよ。
千葉進歩さんというと、医者とかエリートビジネスマンとか、
そういう知的な美人受け役で、地味ながらハラハラッと零れ落ちるようなエロスが
特徴だと思うんだが、どーもコレではその持ち味があまり出ていない。

なんでよー?と思いかけたその時…
今度は兄弟をかたっぱしからリバで攻めていくw
なんというワンダーファームw
そうか、攻め受け両方ありだからいつもの千葉さんと違う感じだったのね。

最初から最後までナチュラルに変態つゆだく盛り、
シュールなアホエロ、という今までにないドラマでした。

2

インパクトはすごい、忘れられない話

人に借りて聴いてみたんですけど
このドラマCDは現実逃避したい時にいいんじゃないかな(笑)
とにかく、ひどいんですもん。お話の場合にもよるけど、
私、ガチ兄弟が一人を共有しているようなのダメなんです。
でも、ここに出てくる四人兄弟、
まるで、常識かのように、ことを進めていくので、
なんか、清々しくて、もう次元が違いました。

聴き終わって一番思ったのは、とにかくエチしてたということ
それしかない。アホエロギャグコメBL!!
なにも残らないけど、あまりにもアレなんで、現実逃避できるかも。
大切な日の前日には聴いちゃダメ(笑)
興味ある方は聴いてみてください。
(ノ><)ノ なんだこりゃー?ですから。

1

千葉さんお疲れ様~

千葉さん総受け+リバ有りです、もうモラルも常識もあったもんじゃなく兄弟全員によってたかって犯られまくります。
昌樹はある誤解から風祭家の長男の仁と知り合い、その家で家政夫として働く事になるんですが、この4兄弟が長男役成田さんから始まり、遊佐さん、高橋さん、勝平さんと個性豊かな面子揃い。
中でも新鮮なのが勝平さん攻!いつものあの可愛い声で攻めるのにはわーいわーいでした。
ストーリーはほぼ無い様なものです、ただここまできっぱりすっきりぐんずほぐれずエロやりまくってくれるといっそ清清しいですな。
千葉さんが総受と思いきや、しっかりリバもありますよー。
成田さんの受っぷりには萌えると同時にちょっと笑っちゃいました。
ともかく千葉さん受けたり攻めたりと大活躍でお疲れ様。
割り切っておもしろエロCDとして聞く分には楽しめると思います。
ストーリーを求める人には向かないけど、自分的はここまでやってくれちゃたらこれはこれで有り。
気付くと結構リピったりするエロ特化アホエロ作品。

2

セフレか!

千葉さんのがんばりに免じて「萌」評価(苦笑)
声優陣の豪華さでなんとか保っているCDデス。なんでドラマCD化したんだろうって疑問なくらいライトセックス三昧内容ただそれだけ。

始終、セックスって楽しい★みたいなノリなので、
出演されている声優さんが好きじゃないと全然楽しめないと思います。
でも成田さんの喘ぎ、遊佐さんの男らしい喘ぎ、勝平さんのカワイイ攻め、そして千葉さんのカワイイ受け声とカワイイ攻め声が一斉に聴ける貴重なCDかもしれませんね・・・。

いわゆる兄弟どんぶり、みたいな話なのですが、これで千葉さん演じる昌樹を相手に兄弟達の愛情が少しでも感じられれば凄く美味しいシチュエーションなんですけど、残念ながら全く昌樹に対する「愛」の欠片も感じられないんですよね。
更に昌樹も特に兄弟に対する愛情の描写が微塵もないので、まさに関係はセフレ状態。
「気持ちいいことしようよ~」ってただそれだけ。
う~ん、これが「やおい」か・・・。

兄弟で取り合うとかではなくて、構成が「1対1×4」なんですよネ。
これが不満でした。

でもね、でも一個評価したいのが、

続き葉サン可愛いわ・・・(笑)
喘ぎとかじゃなくて、普通の「ええ~~」みたいな不満気な声とか日常の声。
そのへんの女の子より可愛いぞ!ってくらいカワイイ。
私はこれで満足でした(笑)

話にヤマもオチも無いので、声優さんが好きで喘ぎ声聴ければそれで!というなら、
楽しめるCDだと思います。
(でもフリートークはかなり笑わせていただきました。成田さん相変わらず素で変態で大好きです。ここでも千葉さんめっちゃカワイくて悶え)

1

進歩さんの喘ぎ祭り(爆)

内容もストーリー何もなく(ありますけど/(笑))とにかく、エロ声満載なCDでした。


昌樹@進歩さんが会社が倒産したために寮もなくなりどうしようと思っている時に電車内で仁@ナリケンさんを痴漢と間違えたことで、彼の家に連れて行かれます。
そこには次男・義@遊佐さん 三男・礼@高橋広樹さん 四男・智@山口勝平くんが居て、何故か彼ら風祭家で家政婦兼兄弟のHの相手になってしまうという。

昌樹は、あっさり各々4人に喘がされても気持ちの良いことなので流されちゃう。
いいのかな?と疑問におもっていても…。

しかも、この四兄弟はストレス発散の為に受けもしちゃうというリバ祭り!

進歩さんの攻め、私初めて聴いたかも。
そして勝平くんの攻めも初めて聴きました!


とにかく、ひたすら喘ぐ進歩さんと、四兄弟を軽いノリで楽しむCDです(笑)

2

全員分リバ有り、ってことで

全員リバ有り、濃厚エッチのオバカCD。

とりあえず、風祭兄弟はみんな鬼畜
そんな風祭四兄弟相手に、進歩さんが一人で頑張ってます。

四兄弟、それぞれの職業に絡めたプレイ。
超希少な、し○られて悦んでる成剣さん
とか
生クリーム「攻め」してる勝平さん
とか

楽しゅうございました。

0

朝も昼も夜も。

エロ度指数超ど級のこの作品.。゚+.(・∀・)゚+.゚
すばらしいが山ほど詰まってます。
このCDの9割以上は千葉さんのあえぎで出来ているwww

職を失ってしまったところに舞い込んできた家政婦の仕事。
おじゃましました先で、兄弟全員に掘りつ掘られつ~というハードボイルドな作品。
しょっぱなの成田さん。
これの変態加減がおそろしくドツボで何度も聴きかえしたのを覚えています。
また、各組み合わせで、すべてリバ設定があるというのもツボ。
成田さんをはじめ、遊佐さん高橋さんも喘ぎます。
そして、なんと山口勝平さんが攻めているという奇跡的作品ヾ(*´∀`*)ノキャッキャ
フリートークでご自分でもいわれていましたが、結構希少なのではないでしょうか。
ストーリーよりもエロス!という時にぴったりの作品です。
ただひとつ心配なのは、朝から晩まで毎日掘られたケツだけです。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ