Lamento O.S.T. -The World Devoid Of Emotion-

Lamento O.S.T. -The World Devoid Of Emotion-
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
10
評価数
2件
平均
5 / 5
神率
100%
媒体
GOODS
出版社
出版月
価格
¥3,500(税込)
付いてきた作品(特典の場合)

商品説明

-------------------------------
《CD》
【発売日】2006年11月24日
【価格】¥3500(税込)
-------------------------------
【トラックリスト】
▼DISC1
01:Lamento 【唄:いとうかなこ】
02:伝承の詩 -Vox-
03:回想
04:迷いの森
05:陽の当たる場所
06:果てない道
07:歌うたいの猫
08:追憶の声
09:忍び寄る影
10:舞闘
11:風が吹く街角
12:藍閃の街
13:見えざるもの
14:緊迫
15:暮れなずむ空
16:時の鼓動
17:暁光
18:蟲惑
19:Temple Of Soul 【唄:ワタナベカズヒロ】

▼DISC2
01:凍てついた記憶
02:来襲
03:終焉
04:乱舞
05:決意
06:四つの炎
07:闇の魔術師
08:勿忘草
09:Nostalgia
10:賛牙と闘牙
11:伝承の詩 -Nervus-
12:Exitus
13:祝祭
14:狂気の渦へ
15:喪われた絆
16:賛えし闘いの詩 【唄:いとうかなこ】
17:When The End 【唄:いとうかなこ&ワタナベカズヒロ】
18:伝承の詩 -Verum- 【唄:いとうかなこ】
----------------------------------------
BLゲーム『Lamento -BEYOND THE VOID-』のシーンを彩った楽曲
の数々を収録したサウンドトラックCDが発売!

その名も「Lamento O.S.T. -The World Devoid Of Emotion-」!!

 楽曲は音楽制作集団“ZIZZ”が担当。
「音楽で魅せる」という『Lamento -BEYOND THE VOID-』のコンセプト通り、極上の楽曲に仕上がったBGM32曲に、“いとうかなこ”や“ワタナベカズヒロ”が歌うOP、EDを含む5曲のボーカル曲を収録。
中でも「賛えし闘いの詩」は、ゲーム本編でBGMとして使用された楽曲に、新たに歌詞を起こして収録したサントラでしか聴くことのできないボーカルver.となっています!(公式HPより転載)

評価・レビューする

レビュー投稿数2

君に伝えよう

ゲームの舞台が架空の世界のファンタジーであり、
ストーリーと設定上、歌と音楽は大事な要素となっています。
ゲームを知らずに買ったのですが、
OP曲「Lamento」でもうこの世界への期待と憧れが
膨れ上がりました。
そしてまんまとゲームもプレイしたという。

ケルティック系でもあり、シンセの電子的なアレンジも
聞き心地が良いです。
ゲーム内での「歌」に完全にシンクロしているので,
この音楽なくしてゲームは語れないのです。

「Temple Of Soul」はボーカルのワナタベカズヒロさんのアルバム
「ダイヴァー・シティ」に違うバージョンが収録されており、
私はこちらが初聞でした。
ギターアレンジがガンガン効いて、
「泣き」とも「叫び」ともつかない風に歌っていたのが印象的です。

ブックレットも充実していて、
ボーカルや脚本家、音楽に携わった人達のコメントが
収録されています。ラテン語歌詞の日本語訳も
ゲームをプレイ後に読み返すとぐっと印象が深まります。

「When The End」は慈愛のいとうさん、
哀愁のわたなべさんの素晴らしいデュ続きエットで、
互いに求めても届かないかのような掛け合いに震えます。

0

いつでも「Lamento」の世界へ

このアルバム、全体をケルティック+哀愁をコンセプトに置いた作品で、今まで買ったサントラの中で12を争うくらい良く聞いてます。

まず、ゲームの音ってだけではなくCD作品としても十二分に納得のいく曲で収録されており(秒単位で終わる曲はありません)、ゲーム後に聞くと「シーン」を思い出してぐっとします。なのに、ゲームをしていてもCDを聞いていても、どちらもどちらを主張しすぎず、とても奇麗な調和が保たれています。

ラテン語、英語で展開されているOP、EDに新たな歌詞をつけた1曲の合計5曲がまた素敵です。
ブックレットでは、ラテン語(嬉しいルビ付き)、英語の歌詞もちゃんと書かれ、なんと翻訳まで収録してあるとてもとても丁寧な作りで、訳を読むとまた「Lamento」の世界観をぐっと広げてくれます。泣けるんですこれがまた。

ちなみにOP「Lamento」の日本語版はいとうかなこさんのアルバム「Largo」に収録されており、歌詞をいとうかなこさんが手がけてらっしゃいます。この歌詞がまたいい。

カラオケのクロッソには全曲(ラテン語も英語も日本語も!)入っていますので、がんがん歌えま続きす。BLゲームでアニメにもなっていないのに全曲歌える幸せ。そうそうありません。それだけでもこれらの曲が多くの方に支持されているのが伺えるかと思います。

聞き終えると3500円が決して高い金額ではないと実感できると思いますよ。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ