「その指だけが知っている」番外編 その指から恋をする

「その指だけが知っている」番外編 その指から恋をする
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小冊子
出版社
徳間書店
発売日
付いてきた作品(特典の場合)
フェア参加書店にて配布

あらすじ

「その指だけが知っている」シリーズ完結記念フェア2008
番外編小冊子&表紙イラストポストカード付

渉と架月と浅香のやり取りを川村の視点で。

表題作「その指だけが知っている」番外編 その指から恋をする

架月裕壱/大学生
藤井渉/高校生

評価・レビューする

レビュー投稿数1

シリーズ完結記念フェア 小冊子

『その指だけが知っている』の番外編です。

渉の友人の川村視点で書かれています。リノベ研で活動している場面で、裕壱と浅香がいつものように口喧嘩をしています。渉と裕壱がくっつくまでを見守っていた川村は、裕壱や浅香の本当の気持ち、渉の苦労を知っています。なので、口喧嘩を仲裁しようと頑張ります。結局は、渉の好きなラーメンを提示した裕壱に軍配が上がります。
渉と裕壱は、相変わらずの仲良しでした。だから、浅香の気持ちに切なくなります。浅香も幸せになってほしいと強く思ったお話でした。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ