タイプの違う二人のイケメンの間で揺れる、魅惑のトライアングル・ラブv

貧乏作家の愛し方~今日はうまく笑えない~

貧乏作家の愛し方~今日はうまく笑えない~
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立1
  • しゅみじゃない4

--

レビュー数
6
得点
7
評価数
7件
平均
1.7 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
リブレ
シリーズ
ビーボーイコミックス~BE×BOYCOMICS~(コミック・リブレ)
発売日
価格
¥590(税抜)  ¥637(税込)
ISBN
9784862638342

あらすじ

商店街の人気者・神野久志の武器は、誰からも愛されるニッコリ笑顔v その愛嬌のおかげで、天然爽やか系肉屋・群真と知的クール系魚屋・静瑠に懐かれ、貧乏の割に充実した食生活をGET!…し続けるはずが、ある事をきっかけに三人の関係が崩れて…!? 
(出版社より)

表題作貧乏作家の愛し方~今日はうまく笑えない~

肉屋の息子 野上群真
トラウマ持ちの貧乏作家 神野久志 

その他の収録作品

  • 今日はうまく笑えない
  • 明日もとなりで笑えたら
  • 君とコーヒー
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数6

商店街って好き

タイトルと内容とがしっくりこないなと感じた作品でした

初よみした時に再度読みたくないと強く感じてすぐに手離しました

幼いころに、母親の愛情をもらうことができず、虐待を受ける
泣くと余計に叱られるため
笑うことを努力する
母親は見知らぬ男と自殺する

そんな過去がある
笑顔の裏に隠れた闇も重いですがそれが、軸なのか
2人に愛されていることが
軸なのか

2人のライバル心も闇なのか
一体どうしたいのかわからない
作品だなという印象は
数年ぶりに手にした今もかわらなかったです

読んだあとに、良かったなとは
思えませんでした

いつも無理にわらっていなくても
受け入れて貰えることが理解できたこと、幸せになっていること
たぶん、それは良いことなのでしょうけれど
このキャラみんな逃げている気がしてならない

1

妄想商店街

3P希望!
絶対 これ3P話の方がおもしろいと思うよ!  怒
だって 途中で話があちこち飛んじゃって 攻め2人どっちがどっちか 分からなくなっちゃいましたもん。読んでいて イライラしました。
だったら 3人で楽しんでくれと言いたい。
まあ 後であて馬も彼氏できるけど。
でも こんな商店街が有ったら 妄想膨らむわ~。
イケメンで皆ホモだらけって・・・。
喜んで 肉屋にコロッケ買いに行っちゃうよ。
コロ助の コロッケの歌 思い出すなあ。

0

やさしい三角関係

帯に「キケンな三角関係」って書いてあった。
なのに、なんだよ
優しい、つーか親切、つーか
みんないい人すぎる!
もったいねーよ。
せっかくおもしろいのに
悪くなりきれない魚屋

スパイスが!切な度が!
足りないんだよーぅ。

脅しのネタが弱いし。
にしても、脅してヤるなら
開き直りじゃなくて
ムリヤリくらいが調度いい。
結局、魚屋、突っ込まんのかーい!
誤ってあっさり許されとる!

理由聞いたら、魚屋悪いヤツじゃないし、
コンプレックスかわいいし。

なんか、足りん
とか言っときながら最後まで読んだら、
こういう事になるから
悪者しすぎではなかったのね。と納得

表題作のメインにはなれませんでしたが
この本の主役は魚屋だと思いますね。
魚屋が救済されます。

悪怯れても結局は善人。
アテシは魚屋贔屓です。

この商店街シリーズまだ続きがあるといいな。
《ラブラブレッド》ハムちゃんのパン屋
今回の肉屋に魚屋
同時収録の喫茶店

なんというBL率。
タンポポ商店街は夢の商店街や!

0

ほーもは続くーよー、どーこーまでもー

たまたまこちらを先に読んでしまったのですが、この商店街シリーズ、ゆるい続き物みたいです。

こちらの本に入っているのは、この3編。
肉屋と魚屋が、商店街で人気の男(小説家)を取り合う話。
その魚屋と本屋のバイト高校生。
前2編とは独立した、コーヒー店主とサラリーマン。

どれも、あまあまで、いいお話です。

一番長いのが表題作になっている、肉屋と魚屋と小説家の話。
これの登場キャラは大人なので、一応エチあり。
それも、肉屋×小説家、魚屋×小説家と両方。
一応、肉屋とは最後までやってないけどね。
この作品、なんとなくサラッと読んじゃったけど、この3人とも、普通に恋愛モードになって、あっさりセックスに進むの、
みんな元々ゲイとか、特になんの断りも無しに。
あれ?
いいの、それで?

「明日も~」は、家庭問題で悩んでいる本屋のバイト高校生くんと、小説家に失恋しちゃった魚屋の話。
「家族の良さ」みたいな、「いい話やなぁ」な短編。
お相手高校生なので、こちらは告白までで、エチ無し。

それを取り戻すように、最後の「君とコーヒー」は大人同士の話で、誘い受続きけ気味にガッツリ絡みあり。

どの作品も、極めて自然に男同士で恋に落ちます。
あれっ?
いいの?それで、、
です。

その意味、ここは呪われた商店街なのかも知れません。

0

ちょっと残念……

全体的に絵柄が雑だったように感じました。。。

内容も特に濃い話じゃないので、
読み終わったあとに何も残らない感じです。

杉原さんのイラスト、すごいスキだったのですが、
最近は、どうも絵柄が変わってきていて、
大雑把な印象を受けます。
忙しすぎるのかな???

もっとかわいいお話が似合うなぁ、
と漠然と思いました。

次回作に超期待!★

0

振られた人にもちゃんと救済が!

幼い頃のトラウマで、愛想笑いが上手くなってしまった貧乏作家の久志は、それのおかげで商店街のプチアイドル。
沢山おまけをもらったり、ただで食品をゲットできて、今住んでいる町はかなり居心地がよい。
そんな彼に惚れて口説く男が2人。
魚屋の長男・静瑠と、肉屋の群真。
さて、どちらを選ぶ??

この話、、、カプになるはずの男の存在感の薄いこと薄い事!!
もう一方の、ちょっと腹黒い手を使っても自分のものにしようとする男のほうが際立ってました!
もう、最初から気持ちは決まっていたのよね。
だから振られる方が腹黒く出たせいで、それを認識させてしまったという、墓穴掘り型の失恋がまっているのです(トホホ、、、)
そして、『明日もとなりで笑えたら』でその振られた方は、ちょどいい子を与えられてハッピーエンド。
という、実にみな平等に幸せにしてくれるお話でありました。
それにしても、肉屋と魚屋。
魅力的ではありますが、、、匂うだろうな~
ユニフォームを脱いでも、あの職業の匂いは何となく体に染み込みますから、生モノの匂い(余計なお世話)
それに、何故か妙にイケメンで、肉屋はそれなり続きかもしれないけれど、魚屋が自分のイメージと違ったのでそれが、新鮮♪
こんなイケメン魚屋がいたら、見てみたいぞ!!

そしてもう一編が、この商店街にあるコーヒー店が舞台。
コーヒーで泥酔する人間って、初めて見ました!!
本当にいるんですかね?
酔った男を誘い(襲い)受けしてしまって、相手を罪悪感に苛ませるコーヒー店のマスターは、腹黒?魔性?

商店街シリーズというと小説で榎田尤利さんのもありますが、この作品も着実にホモホモ商店街になっておるようですww

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ