パパがも一度恋をした 3

パパがも一度恋をした 3
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
1
評価数
1件
平均
2 / 5
神率
0%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
小学館
シリーズ
発売日
価格
¥524(税抜)  ¥566(税込)
ISBN
9784091835208

あらすじ

妻はおっさん!?可笑しく切ない恋物語。

最愛の妻・多恵子が亡くなって以来、ショックのあまり3年間引きこもり生活を
続けていた山下吾郎のもとに、ある日、その亡くなったはずの妻が
帰ってきた。
……ただし、おっさんの姿で!
すね毛は生えてるし、加齢臭はするし、ハゲ散らかしてるし…
そしてエプロン姿よりも灰色のスーツ姿が妙に似合う。
――そんな妻、絶対嫌!なはずなのに、やっぱり最愛の人は最愛の人。

手をつないでデートしたり、他人に紹介することすら困難な2人の
幸せと試練いっぱいの「2度目の」夫婦生活は、始まってしまったのです…。

3集では、吾郎に想いを寄せるステキ女子の出現で
吾郎&多恵子夫婦にさらなる危機!?

ワケあり夫婦の究極・ピュアラブコメディ!!!
(出版社より)

表題作パパがも一度恋をした 3

ニートでひきこもりのお父さん 吾郎
おっさんになって蘇ったお母さん 多恵子

その他の収録作品

  • 絶対に負けそうな戦い
  • B線(戦)記
  • イマジン
  • 脳内恋愛
  • 娘、帰る
  • 事件は教室で起こっているんだ
  • 俺とお前と、山下吾郎
  • 同窓会、吾郎の場合。
  • G線上のツアー
  • 男の操
  • 究極の選択
  • 三角関係+α
  • 山下家行進曲
  • いつでも探しているよどっかに君の姿を。
  • ピンチはチャンス!?
  • ふたつの顔を持つ女
  • ワッショイ!男祭!!
  • 恋の事後処理

評価・レビューする

レビュー投稿数1

おっさん多恵子は一体誰?

お母さん多恵子が亡くなってから二ートのひきこもりになった吾郎が首を吊ろうとした時現れた、中身が多恵子で外身がおっさんの、おっさん多恵子!
今までの2巻で、段々とおっさん多恵子を多恵子と認め始めた吾郎なんですが、この3巻で強烈な試練が!!

お笑いに飛ばそうとしているのか、ギャグ満載ではあるのですが、それを仕掛けるのが2巻で登場した旅行会社に勤める吾郎の甥のトカレフだった為に、彼のシモネタ←かなりお下劣で、シモネタスキーの自分でもツボをはずす暴走にかなり付いていけない!
振り方はいいと思うのですよ。
おっさん多恵子の中身は多恵子だけど外身のおっさんは一体誰?という疑問を投げかけるトカレフ。
ひょっとしたら・・・という数々の妄想はネガティブ発想で、それは多恵子をかなり貶めている。
まだ、そこまでは赦せた!

二ートの吾郎にバイトとして旅行会社でジーサンツアーの添乗員をさせるところもまだ赦せた。
思わず介護になってしまい、ジーサンで勃起してしまった吾郎とか、そういうシモネタ振りはクスっと思わせるのだが・・・
そこの旅行社で、出逢ったそのドジっぷりまで多恵子にそっくりな女続き子社員・ミクちゃん。
彼女に、生前の多恵子を見てしまい、おっさん多恵子がおっさんにしかみえなくなってしまい、いままで培ってきた、やっとおっさん多恵子が多恵子に見えてきた過程はもろくも崩れ去ろうと!
そしてトカレフのバカノリで、家にミクを連れてきて家族ごっこをさせるのだが・・・
ここで何だか許容範囲を超えてしまったのです(涙、、)

家出する多恵子を必死に探す吾郎。
しかし戻ってきた多恵子は何だか変わっていて、しかも外の人・おっさんが現れるようになって・・・!?
一体どうなる、おっさん多恵子!!

全体として、トカレフのせいでノリが好きでなかったが、端々に”やっぱりおっさんでも多恵子”な場面は吾郎とおっさんの愛が垣間見えてほっとさせてくれる。
テニプリ宮下も、吾郎と同じ様で同じでない妻を亡くした変な人も、多恵子の両親も、トモの授業参観に行くおっさん多恵子も、ところどころに、この路線で貫いてほしいと思うエピソードやギャグもあるのです。
しかし、おっさん多恵子が饒舌ではありません。
彼女は一体どう思っているのか、まったくしゃべらせなくているから、彼女の意志はどこにあるのか?そこが全く見えなくて、不満な部分でもあります。
ドジっ子で乙女な多恵子、なだけでは不満足です。

3巻に入って、女子にも注目されている作品ということでBLをかなり意識したコマも現れてもいます。
でも、これは違うのだー!!と真っ向否定で主張しております。
ま、そのあたりはちゃんと理解しているから、いいんですけどね。
外身のおっさんがヤバそうな人なんで、またあらぬ方向にとんでいってしまわないか、その点が心配です。
できうれば、たまに暴走はするけど基本ほっこりでいってほしいです。

0
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ