「二人の弟」番外編書下ろしショートストーリー

「二人の弟」番外編書下ろしショートストーリー
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
6
評価数
2件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小冊子
出版社
ムービック
発売日
付いてきた作品(特典の場合)
二人の弟

あらすじ

本編後、家に戻り3兄弟で暮らし始めた生活を末弟・明人視点で、次兄・直人への嫉妬を織り込んで綴る。

表題作「二人の弟」番外編書下ろしショートストーリー

大学生の次男 白石直人・22歳 /三男 明人・20歳
養子の長男 白石圭・26歳

評価・レビューする

レビュー投稿数2

悩める末っ子の不安

本編後の白石家に戻ってきた受けさまや次兄への末っ子ならではの思いが      
ちょっぴりやんちゃで奔放な末っ子の不安が垣間見えるショートでした。

末っ子の明人は次兄が持ってるものは何でも欲しくなる困ったさんの様子が
このショートでも伺える内容で、そして次兄は気前よくなんでも弟に与えてきた
事が伺えるんですよね。
次兄の受け様以外は執着に値しない様子もわかるわかる感じでした。
それ故に次兄が長兄に対する強い執着や長兄の自分や次兄に対する思いが
違うのではないかなんて思ってしまうことが不安になってるようでした。
末っ子ならではの甘えで長兄にどっちが好きなんて聞いてしまう幼い感じが
なんとも萌え感があって良かったです。
長兄とは違う次兄の弟への愛情も感じるショートで長兄の言葉で
不安な気持ちが霧散していくお話でした。
愛よりも強い血の絆&禁忌への覚悟のショートストーリー

0

三男の複雑な胸のうち

本編で長兄の圭を次兄の直人と共有することになった三男の明人ですが、この番外編は明人の気持ちが綴られていて、本編の中で気づかなかった彼の本音とか本当の欲望みたいのがわかって、思わず目から鱗!

明人は勿論圭を兄として慕っていて好きだったけど、それより何より直人が好きだったのかなと想われるような回想になっています。
本編の中でも、直人のものを何でも欲しがり、あげく女まで・・・というくだりがありましたが、この番外によって明人は直人信者であり、ひょっとしたら直人が圭に執着して愛しているから、共有することで直人を自分のものとして感じている、
そんな印象を受けるのです。
圭を見た時に感じた初めての感情。
抱いてみてわかった嗜虐心。
それが直人が圭を求める理由だと解ったような気がした時、圭を自分も欲しいと思う。
この番外編の中で、明人の圭の執着や愛は綴られてはいるのですが、根本は兄と共有することに大きな意味があるんじゃないかな?
という気がして仕方ないのです。

明人は末っ子だけあって甘えっこだ。
兄二人に愛されたい。
自分でそれがわかっているから、圭が自分を受け入れて、明続き人が圭を抱くことに直人も何も言わないことを、自分が憐れまれているのでは?という不安を感じるのだが、
圭が受け入れてくれていることで、どうでもよくなってしまうという、割と単純な、よくいえば素直な子なんだなという印象を受けました。

2
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ