運命の巨根(コイビト) 見つけました

愛しのセンチメートル

itoshi no centimeter

愛しのセンチメートル
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神5
  • 萌×214
  • 萌6
  • 中立4
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
6
得点
103
評価数
29
平均
3.7 / 5
神率
17.2%
著者
イゴ彦 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
ふゅーじょんぷろだくと
レーベル
ポーバックス BABY comics
発売日
価格
¥675(税抜)  
ISBN
9784865892468

あらすじ

コンプレックス持ちの童貞×純情コールボーイのキュートで一途なラブコメディ


巨根大好きなオツムゆるゆるデリヘルボーイ、はじめての恋

"運命の相手"=理想の巨根を探し求める売れっ子男娼・スノ。
今日も今日とて銭湯でTNKウォッチングに励んでいると、理想の巨根の持ち主を遂に発見!
彼は最近越してきたばかりの隣人・大竹(おおたけ)だった。
さっそく猛アタックを開始するスノだったが、ノンケの大竹には迷惑がられてしまう。
ところがある日、大竹が巨根を理由にフラれた現場に出くわす。
落ち込む大竹の自信を取り戻すため、スノは体を使って慰めることに…!?

表題作愛しのセンチメートル

大竹,大学生
春原(スノ),理想の巨根を探しているデリヘルボーイ

同時収録作品デリバリーボーイ

ユウキ,大学生,デリヘルボーイ
宇城,バリタチのクレーマー客

同時収録作品優しい体

阿部正美,仕事もなく自殺しようとしていた青年
露崎,攻を助けた露出狂

その他の収録作品

  • 今日は記念日(描き下ろし)
  • あとがき
  • カバー下:漫画

レビュー投稿数6

運命の巨チン

tnkの大きさは心の大きさ、と亡き父に言い聞かせられて育った受けは、運命の巨チンを探してゲイ向けのデリヘルで働いている。そんなある日、隣に理想の巨根の持ち主の大学生攻めが引っ越して来た。ノンケの男はなかなか手ごわく、誘ってもスルーされるばかりだったが、攻めが巨根を理由に女子に振られたところを目撃し、慰めがてら乗っかってしまい…。


大きなち○こを追い求めているゲイ受けと、ち○こが大きすぎるせいでいまだ童貞のノンケ攻めという、相性ピッタリなんだか最悪なんだかよくわからないカップルのお話です。
素直で単純でち○こち○こばっかり言ってる受けが面白かったですが、ち○こさえ大きければいいの? という気がしないでもなかったです。案の定攻めにもそう思われてしまい、心が通い合うのはかなり時が経ってから。
攻めはち○こが大きい以外はごく平凡な大学生。そこそこイケメンなので女子は寄ってくるのですが、あまりに大きいち○こがネックになって女子にも振られたり。
攻めのほうは、巨根を受け入れてくれる唯一の相手だから受けにほだされた、という感じはなかったです。ノンケだということもあり、むしろ押せ押せな受けにドン引きしています。受けの目当ては巨根だけだと思っているので、エッチできて嬉しいどころか悲しい気持ちになってる気の毒な人でした。

攻めが巨根じゃなかったら付き合っていなかったであろうカプなので、切なさや萌えはあまりないですが、くっついたあとは可愛らしいカプで、微笑ましかったです。


同時収録の短編が2本。
ひとつは、上記受けの友人であり、働いていたデリヘルの同僚ユウキくんが主役のスピンオフでした。
困ったちゃんなお客をお仕置きする話で、お客がクズすぎて好きにはなれませんでしたが、バリタチだったお客がユウキくんに犯されて受けに目覚める展開がなかなか萌えました。

もうひとつは、ニートで自殺志願の攻めが、自殺を止めてくれた露出狂の男子となんとなく仲良くなる話。
作者さんご自身もおっしゃっておられましたが、まさしく出オチな話でした。

5

隠れ攻め喰い見つけました

折込の試し読みで気になり購入。

巨根大好き頭ゆるふわ受け、とても可愛いです。
素直にドン引きするノンケ巨根の攻めくんも可愛い。
かなりエロエロものかと思いきや、想像していたよりはさっぱり軽めのお話でした。
爽やか目の絵柄とテンションのたまものでしょうか、ちょっと物足りなさを感じるくらいでした。

以下、同時収録作品の話です。表題のみだったら正直萌止まりだったかもしれないのですが、
大好き「攻め喰い男子」の登場です!!

綺麗なお顔にそこそこ華奢な体の攻めくんが、粋がった態度の悪いヘルスの客をばっちり従順なネコに教育。
短編でかなりあっさりさっぱりなのが残念なくらい、2人ともキャラが魅力的でした。もっとしっかりめに見たかったです…

3

「理想のtnkと結ばれました」

「愛しのセンチメートル」
デリヘルボーイのスノは巨根至上主義。
というのも大好きな亡き父が遺した
「tnkのでかさは心のでかさだ!男はtnkのでかさで決まるんだ!」
という金言?ゆえ。

その言葉に従い、大きなtnkを探し求めていると銭湯で
理想のtnkもとい、tnkの持ち主の大竹に出会い、(tnkに)一目惚れしてしまいます。

まるで運命の導きであるかのように大竹はスノの隣人で、
その日からスノの猛アタックが始まります。

本能に忠実かつ少々ゆるめのおつむとtnk至上主義の主観により、
スノの発言やら行動がズレまくっていてなんだか笑ってしまいます。

巨根に深刻に思い悩む大竹に、もっとでかいことに誇りを持って欲しい!と
やたら真剣に励ましていたり、素直で明るくていい子なんだけど、
なんか面白い(笑)

大竹と結ばれたときには「理想のtnkと結ばれました」発言に
理想の男とではないの!?と大竹がちょっと不憫にも思えたり…

頭の中がtnkのことばかりでそのせいで失敗を繰り返して、
少しずつ自分の間違いに気づいて大竹への愛も芽生えていくのですが、
それまでのスノは全てがtnk主体でやっぱり色々とおもしろおかしかったです。

他短編2作

「デリバリーボーイ」
こちらは攻め食い男子のお話でした。
高圧的でクレーマーな攻めが一転、ネコとして篭絡されていく
ストーリーは痛快であり、エロエロです。

「優しい体」
人生に絶望し、自殺を図った阿部の前に現れたのは露出狂でした。
意表を突く展開に笑えるのに優しくて、好きでした。
その後の2人のお話がもっと読んでみたいなと思いました。
あと、露崎の素顔も見てみたい!

1

素顔が見たい

表題作の「愛しのセンチメートル」はラブエロコメディって感じでした。
「デリバリーボーイ」はエロだけって感じでした。
「優しい体」は収録作品の中で一番意外性がありました。話に自殺が絡んでるので他の作品より重く感じたのかもしれません。最後まで受けの顔が隠れたままだったので、どんな顔なのか少し気になります。受けは変わってるけど優しくて良い人です。でも警戒心が無さすぎる…。2人のその後が少し気になります。
イゴ彦先生は今のホームページではなく以前のホームページで野球部の話を読んでから気になってました。
もっとダークな感じの作品を描くイメージだったのでこの単行本は正直意外でしたʕ•ᴥ•ʔ

ネタバレしてないとは思いますが一応ネタバレありにしておきます。
乱文失礼いたしました。

4

恋になれただろうか

体を売って生活する受けのスノは気持ちがいいし行為が好きだからその仕事をしているタイプで悲愴感やトラウマなどもない考えなしのタイプでした。体から好きになったけどそれだけじゃなくて全部好き~となりますが、いまいち体以外の好きな所がわかりませんでした。


攻めの大竹も初めて自分を受け入れてくれた一生懸命さに惹かれたらしいのですが、ここもいまいち伝わらずでした。

同時収録にテクニックがないとクレームをつける客とデリへルボーイの話もあり、こちらはネコとしてクレーム客を目覚めさせるという展開で傲慢だった客が快楽に流されていくのは良かったですが、恋にはならずです。

もう一作公園で出会った男子とのお話もあります。細い体にほどよく筋肉質ですごく綺麗だと思いましたし、エッチシーンも修正が甘くて良かったです。ですが、やはりきちんと二人が惹かれていく描写が欲しかったなという印象でした。

4

中編と短編集

表題作は、とにかく大きいのが好きなウリの子のお話。理想のアレに会うため仕事をしているが、ある日銭湯であった理想の人がなんと隣人で、という設定。
大きすぎてうまくいかないノンケのDT攻めを、体で籠絡しちゃうアホな受けでした。

まあ、心の方がついていく過程に説得力を出すのは常に難しいですね。
体だけではダメだと距離をおくも、やっぱり忘れられずくっつく感じです。

あと、表題作で主人公の同僚で相談相手だった子が、クレーマーの自称攻めをネコにしちゃう短編が良かった。

最後は、世を儚んで自殺しようとした攻めを、露出狂の変態仮面くんが助けて、お互い見たり見られたりで癒しあうのですが、攻めが無理やりしちゃって受けが泣いて去るも、なんとなく戻ってきてくっつきそうな雰囲気で終わる短編がありました。これは無理矢理で後味が悪かった。

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う