灼熱の若王と秘されたオメガ騎士

shakunetsu no wakaou to hisareta omega kishi

灼熱の若王と秘されたオメガ騎士
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神3
  • 萌×27
  • 萌4
  • 中立1
  • しゅみじゃない4

134

レビュー数
6
得点
56
評価数
19
平均
3.2 / 5
神率
15.8%
著者
桜部さく 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
兼守美行 
媒体
小説
出版社
三交社
レーベル
ラルーナ文庫
発売日
価格
¥680(税抜)  
ISBN
9784815532345

あらすじ

砂漠の王国アルバール。血の滲むような努力を重ね王属騎士団の一員となったセナはある日、
若き王アスランにその美貌と剣の腕を認められ近衛騎士に抜擢される。
セナが気に入り常に傍に置こうとするアスラン王だが…セナにはある重大な秘密があった――
それはオメガであること。そして入団直後、同室の落第騎士に強姦されて番にされたうえ身ごもり、
極秘で産んだ四歳の娘がいること。アスランの寵愛が深まるにつれセナの焦燥は募り…。

表題作灼熱の若王と秘されたオメガ騎士

アスラン・パーディシャー・アルバール,20歳,アルバール王国の若き王・(α)
セナ・シーパ,23歳,王属騎士団の騎士・(Ω)

同時収録作品灼熱の若王と秘されたオメガ騎士

ヤウズ,セナの同室者で素行の悪い落第騎士
セナ・シーパ,18歳,今年騎士団に入団した平民出身の騎士

その他の収録作品

  • 王妃セナのある日
  • あとがき

レビュー投稿数6

攻め受けどちらも好感度大

はーーー!なんて出来た年下攻めなんだろうか。
攻めであるアスランの懐の深さと、いわゆるスパダリっぷり、そして何よりとても紳士的で一途に受けのセナを想う非常に良い男。
気性も穏やかで、こんなにも嫌味がなく文句のひとつすらも言いようがない攻めは久しぶりに読んだ気がします。

うーん、とってもロマンチックなお話でした。
王道のシンデレラストーリーといった感じでしょうか。
オメガバースもので、オメガの立場が低い設定ではありますが、主人公であるセナの性格とアスランの確かな包容力とテンポの良い展開からか、あまりストレスも感じずに読めました。
兼守先生のイラストが美麗。世界観にぴったり。

舞台は架空の大国・アルバール国。
異国情緒溢れるアラビアンな雰囲気が漂います。
恵まれない環境で育ち、平民出身ながら血の滲むような努力をして近衛騎士の立場にまで登り詰めたセナには秘密がある。
それは、ベータとして騎士団に入団してすぐにオメガとして発情し、寮の同室のアルファから強姦され、番の契約まで結ばれてしまったこと。
番った相手は失踪し、残されたのは妊娠した体と、自身がオメガであるという現実のみ。
やがて子を産み、オメガであることをどうにか隠しながら騎士として職務に勤めています。
ある日、セナの美しさと剣術に惚れ込んだ若き国王・アスランから近衛騎士に抜擢され、共に過ごす内に互いへの想いが深まっていき…

と、初っ端から重たく不憫なエピソードが続き、一体どうなるんだと思ってしまうのですが、セナという人がとにかく懸命に日々を生きているからか、悲壮感はあまり感じられません。
心の強さと言いますか、家族思いで、次々と襲い掛かる困難の数々にもしっかりと自分自身で立ち向かう姿には力強いものがあります。
設定からすれば、不憫で健気で弱々しい感じになりがちだと思うんですよ。
けれどセナは違う。大切な人を守るためならと、とても強いのです。
近衛騎士に選ばれるまでの人生もですが、アスランに見初められてからも王宮内で立場や身分の違いからやっかまれ、孤立してしまったり嫌がらせを受けたり、娘を盾にされ離れたりと…まあ波乱万丈なのです。
それでも、現実を冷静に受け止めながら、その時に出来得ることを必死にやり遂げる力がある。
運命云々よりも先に、セナから滲み出るこの心の高潔さにアスランは惚れてしまったんじゃないだろうか。

そしてお相手となるアスラン。
もう、安心感がすごい。真摯で紳士。
王としての威厳はきちんと持っているのに、傲慢さなんてものは0。
セナの過去すらもすっぽりと包み込んで、絶対にこの人はセナの辛い事もミラの事も一生愛情深く守り抜くんだろうなとしか思えない。
すれ違いもありますが、アスランなら何の心配もないだろうとどっしりと構えたまま安心して読める。
なんなら、セナは早く帰っておいでとすら思えてしまう。
本当に20歳なのか?と感じるほどの包容力大の寵愛っぷりでした。
ちょっとね、この年下攻めは良いですよ。
溺愛包容力大攻めがお好きな方にはハマると思う。

番有り+子持ちということで、どんな展開に持っていくのだろうか?と思いながら読み進めると、これがまたなんともすっきりさっぱりとしたもので。
悪役は決して野放しにはされず、辛酸を嘗めていた主人公がしっかりと幸せを掴む。
子供のあれこれについては、ちょっと都合が良すぎるかな?と思える部分があったり、お話の流れ的には王道ではありますが、番の破棄方法にオリジナリティもあり、個人的には良い展開とまとめ方だと感じました。
読み終えてじわじわと幸せが広がる作品。

0

騎士の受様の活躍シーンが少ないかな

今回は若きアルバール国王と平民出身の騎士のお話です。

孤児院出で平民の受様が王である攻様の番となって家族と幸せになるまで
の本編と、王子を授かってから3年後の後日談を収録。

三方を砂漠に囲まれ、海上貿易と砂漠の向こう側への中継貿易の要所であ
るアルバール王国には王族騎士団基地があります。王属騎士団は厳しい
訓練と優秀な成績を修めた者だけが入団を許されます。

今年入団した5人の内の1人である受様は寺院付属の孤児院で育った平民出
身という異例の存在でした。小柄で痩身で淡い褐色の肌に中性的な容貌の
受様は血のにじむような努力の末に首席で訓練所を卒業したのです。

入団から3ケ月、騎士団の任務と寮生活に慣れてきた受様の身に劇的な変
化が訪れます。突然体温があがり、動悸と火照りに呼吸が乱れ、もがき苦
しんでいるうちになぜか下着が濡れるのを感じたのです。

自身の体の変化から受様は自分がオメガ性だと知る事となります。アルバ
ールでは身内にオメガが居れば、世間に隠すか奴隷として売ってしまうの
が暗黙の掟となっているほど下位の者として扱われていたのです。

自分が王族騎士団どころか、憲兵や一般兵にさえなれないオメガ性だった
事は絶望でしかないのに、そんな状態を同室で賭博や借金を抱えていると
まで噂される落第騎士に見つかってしまいます。

彼は日頃から優秀な受様を目の敵にして口汚く罵っていたアルファで、受
様は彼の劣情の対象として犯された上にうなじを噛まれ、彼の番にされて
しまいました。その後、件の騎士は騎士団を失踪、受様は望まぬ妊娠を知
る事となります。

それから5年受様は先日一等騎士となります。ある日、国王の訪問があり、
受様は整列した騎士団の最前列で自国の若き王を初めて間近に見る機会を
得ます。この国王こそが今回の攻様ですね♪

攻様は国王としてアルファとして自信と誇りにあふれ、優がに馬を操って
近衛騎士とともに現れます。騎士全員の顔を確かめるように左端から馬を
歩かせ、右端にいる受様の前で歩みを止め、興味深そうな表情で受様に歩
み寄ります。

受様に初めて見る顔だと名を訪ね、「剣術試合での活躍を期待している」
と声を掛けられた上に笑みを浮かべながら「王宮で会おう」と受様のむき
出しの肩に触れてきたのです。

アルバールでは国王は神に選ばれた存在とされ、国王が一騎士、しかも平
民に触れるのは異例な事です。突然の栄誉に受様は呆然としてしまいます
が、攻様もそんな受様に笑顔を向けて去っていきます。

その剣術試合は伝統的な行事で、貴族たちは出場する騎士に金貨を賭けて
楽しみ、優勝者には金貨10枚の褒章があります。受様はその試合で優勝し、
受様に独り賭けていた攻様はそれを受様に褒美と与えた上に、「近衛騎士
となれ」という異例の命を下すのです。

常に国王の傍に居る近衛騎士は貴族出身者しか選ばれた事がなく、受様は
指名の喜びよりも不安を覚えてしまいます。

果たして受様を気に入ったらしい攻様の真意とは!?
そして受様はオメガ性を隠したまま近衛騎士の務めを果たせるのか!?

念願の騎士となった受様がオメガ性に翻弄されつつも、自国の王である
攻様に求められて運命を変えていくアラビアンオメガバースです♪

沢山の方がオメガバースを書かれるようになった昨今、最初の頃のように
基本設定はがっちり固定で展開するというよりも、基本設定にとこまで
独自のアレンジを効かせるが作者の腕の見せ所となってきているように思
います。

本作は自分のオメガ性を知らずに騎士を目指した受様が騎士団に入団早々、
悲劇に見舞われます。望まぬ妊娠から家族を得、彼女と暮らすために戻っ
た騎士団で、王である攻様に見初められた事から運命が大きく変わってい
く展開にワクワク&ドキドキで読み進めました (*^-^*)

オメガ性の発露と同時に同僚騎士によって身籠った受様は騎士団長の協力
を得て出産後は騎士団に戻り、娘を孤児院に預けて騎士団の一翼を担い続
けます。

そして努力の末に一等騎士となり、午前試合では近衛騎士にと望まれるの
です。攻様は受様を傍近くに置く事によって更に受様を好ましく思い、
受様に求愛するのですが、己がオメガ性である事もましてや子がある事も
受様には言えるはずもなく、攻様を拒む事しかできません。

しかし結局は受様が発情期を迎えた事により、受様の秘密は発覚します。
それによって攻様は受様が"運命の番"であると訴え、受様の番契約を解く
方法を見つけると言うのですよ♪

攻様は王様なので己が法!! ではありますが、ここまで潔い攻様はなかなか
見られないかな。年下なのに揺るぎないスパダリさんです。

受様もそんな攻様に応えるべくいろいろと頑張るのですが、攻様の相手と
して平民の受様は相応しくないと思う側近もいて、受様の努力だけではな
かなか全ては上手く行きません。攻様が受様を番として伴侶として手に入
れるまで楽しく読ませて頂きました。

但、デビュー作でも思いましたが、伏線は綺麗に張られているのに収拾が
丁寧でないために後半は作者の目指す方向へとあっけなく好転しすぎなシ
ーン(例えば受様を阻害していた人達の改心)が目についたのが、ちょっと
残念でした。

次作に期待です (^-^)

0

惚れてる

兼守美行先生推しなので購入。受けがビジュアル女性よりなのが少し残念なのですが、攻めが一途に惚れているところが好きだったのでやや萌2より萌にしました。本編230P+後日談7P+あとがき。溺愛されるのがお好きな方でしたら良いのでは。

アラビア海沿岸の王国アルバールで、珍しく平民出身ながら王属騎士団に入団できたセナ。入団して3か月後、突然オメガとして目覚めたその日に同室だったヤウズ(アルファ)に犯され、子供を産みますが、団長の協力あり何とか騎士を続けていました。ある日、剣術試合で優勝したセナに賭けていて、独り勝ちした国王はご機嫌さんで「余の近衛騎士になれ」と命じてきて・・と続きます。

攻め受け以外の登場人物
(今は2カプ目に登録されているヤウズは攻めとは認めません、カプじゃないー)
ミラ(受けの子♀、4歳、孤児院に預けている)、ヤウズ(セナを乱暴したクズ)、あとは王宮の方や騎士団の方少々。

++良かったところ

攻めがジェントルなんです。自分が法律だ!な王様なのに、セナの気持ちを考え、「ゆっくり休め」的発言をしてそっと休ませてくれたり、ぎゅっと抱きしめて落ち着くまで待ってくれたり、受けの子であるミラに「家族に結婚のゆるしを得る」といって「セナと結婚して良いか?」と伺いを立てたり!
年下なのに、がっついた印象がなく素敵でした、この王様。1枚ミラを胡坐の上に座らせて結婚の許しを得ているシーンがあるのですが、その表情が優しくてとってもうっとり。アラブ衣装も超好きだし。

受けさんは見た目女性っぽくて、それは残念でした。これまでなかなか過酷な経験をしているので、穏やかな愛情をもって庇護しようとしてくれる王様に出会ってホッとしたのも大きいのかもしれません。騎士として身を立てているのですが、戦闘シーンなどが沢山あるわけではないので、キリキリキリっとした印象はあまり無かったです。それがちょっとだけ残念だったかも。

既に番となっていたセナが、番の絆を絶って、新たに運命の番である国王とつがいなおすシーンは、はらはらしている王様が微笑ましく、無事願いがかなって良かったです。

ジェントルなアラブの王様に興味ある方でしたら、是非是非。優しくちょっと甘えん坊で、受けを溺愛していて、読んでいて嬉しくなれると思います!

2

溺愛攻め

設定に惹かれて購入しました。

冒頭で同室のアルファに強姦されて番にされてますが、そのあたりは短いので大丈夫でした。

一貫しているのは攻めが受けを溺愛してて、どんな事があっても揺るがない点です。

初めて求愛された時にオメガで無理矢理番にされてて、子供までいる事を言えないから拒むんです。
でも攻めは発情期の為に忍んでいた受けを貧民街まで探し出しに行きました。そして全てを知った上で伴侶にすると誓うのです。

受けも覚悟を決めて王宮で妃になるべく努力するものの、よく思わない女官長や側近に嫌がらせされても我慢して暮らしています。
ただ娘の事で脅された時には我慢出来ずに、王宮を出て2人で追われるように暮らし出すのです。

剣の腕を利用して賃金の良い、商隊の護衛の傭兵の仕事も始めました。
急ぎの荷物を運ぶ商人の護衛に付いた時に凶悪な盗賊に襲われ、攻めの命で護衛仲間として受けを守っていた密偵と王属騎士団によって助けられるのです。その際に受けを無理矢理番にしたアルファも盗賊の1人として捕まえられます。

攻めは絶対に受けを責めたりしないし、受けの感情が追いつくのをじっくり待っています。受けも素直で攻めを敬愛しているので、なるべく意に沿うように行動しています。

2人は出会った時からお互いに惹かれあった運命の番なので、受けが番にされてても攻めは匂いを感じていました。

相手を殺して無理矢理に番を解消するとオメガ側にダメージがあると言う設定だったので、どう解決するのかと思ってたら、まさかの去勢でした。 ww
罪人なので去勢して番を解消してから処刑されてました。

他人の子も我が子の様に慈しみ、受けと産まれて来た我が子を愛する攻めはスパダリの見本でした。

兼守先生の絵が美麗でした。

神にならなかったのは上手く行き過ぎな点でさらっと終わったからです。

1

おとぎ話の優しい結末

オメガバース×アラブ風ファンタジーになります。

作者さんのデビュー作でも思ったんですけど、どこかおとぎ話を思わせるお話なんですよね。
主人公の人生と言うのはとても過酷で、苦難の連続だったりします。
そんな運命に翻弄される主人公が、大切なものを守るために、ただただ毎日を懸命に生きる。
こう、運命に雄々しく立ち向かうと言うよりは、置かれた場所でしなやかに生きて行く系なのです。
やがて幸せを掴む姿に、胸が熱くなってしまう。
ちなみに、年下ながら、攻めが超スパダリ。
まさに王子様ですよ!
いや、王様だけど。
彼の深い愛情にも、萌えまくっちゃいましたよ。

ザックリした内容です。
生まれてすぐに両親を無くし、血の滲むような努力を経て王族騎士団の一員となった孤児のセナ。
入団して初めての発情を迎えた彼は、自身がオメガだと気付いた直後に、素行の悪い同室の騎士に犯されて番にされてしまいます。
そこから5年後ー。
その時に授かった娘を一人で育てながら、騎士として勤めるセナ。
そんな中、若き国王・アスランから、その美貌と剣の腕を認められて、なんと近衛騎士に抜擢されるんですね。
やがて、二人は惹かれあうように。
しかし、オメガで純潔でもなく、ましてや番持ちである自分は、アスランの想いをとうてい受け入れられるはずが無くてー・・・と言うものです。

まずこちら、主人公となるセナですが、かなりの不憫受けなんですよね。
孤児ながらひたすら努力を重ねて騎士となった彼。
しかし、強姦されて無理矢理に番にされ、更に妊娠。
しかも、相手はさっさと逃げてしまい、一人で発情期を遣り過ごしながら、娘と暮らせる日々を夢見て、懸命に勤める毎日。
こう、努力家で真面目で「家族と暮らす」と言うささやかな幸せだけを望む、すごく健気なキャラなんですけど。

で、そんな彼と出会い愛を育むのが、王様で年下攻めとなるアスラン。
若さ故の未熟さなんかは多少あるものの、愛情深くて包容力のある超いい男になります。

実の所、二人は結構早い段階で結ばれるんですよね。
なんと言ってもアスランがすごくいい男で、セナの秘密を知っても大きな器で受け入れる。
そう、そのへんの青臭い攻めとは違い「私を騙してたのか!?」とか言い出して、切ないスレ違い展開にはなったりしない。
いやこれ、マジで世の攻め共は見習えと言いたいんですけど。
この手の事でスレ違ってるカップルを読むたびに、攻めにイラついて仕方ないから。

と、話がズレましたが、番持ち故の拒絶反応なんかに苦しみながらも、深いアスランの愛情と庇護の下、かつてない幸せを味わうセナ。
しかし、平民であり、更にオメガで男でもあるセナが正妃となる事を良く思わない一派により、セナは王宮で孤立するんですね。
また、娘に危害が加えられる恐れも出ると、セナはそっと王宮を去り・・・と続きます。

これ、最初に「運命に翻弄される主人公」と書いたんですけど、ここまでで実は半分くらい。
そう、本当に、セナの人生と言うのは激動なんですよね。
読者もジェットコースター並みに、主人公の運命に翻弄される。

ここから娘との生計を立てる為、傭兵として働くようになるセナ。
危険な任務で盗賊に襲われますが、なんとその盗賊は、かつて自分を犯して番とした相手で・・・と続きます。

繰り返しになりますが、こちら、攻めがめちゃくちゃ器が大きくていい男なのです。
ここまで読んだら、あとは大船に乗った気持ちでセナが幸せになるのを見守ればよろしいかと。
二人のイチャ甘と、受けをひどい目に遇わせた輩が成敗されるのを楽しめばよろしいかと!
もう、これをひたすら願いながら読んでたよ!!

偶然襲われた盗賊が番相手だったとか、ちょっと展開としては都合が良い気がしなくもない。
また、娘をもっと早く保護してくれればいいのに、何故しないのかと不思議でもある。
ただ、不憫受けが幸せになるのに、何より感動しちゃうんですよね。
そして、家族となった彼等の愛情溢れる日々が、とても嬉しくもある。
個人的には、すごくツボ作品でした。

でも、雄々しく運命に立ち向かう受けがお好きな方は、ご注意下さい。
セナは延々と翻弄されてるから。

8

始まりほどのインパクトはないかな……

ショッキングな始まり方をするオメガバースです。
読み始めて早々に、平民出身で騎士となった主人公・セナ(Ω)が発情し、αの騎士にレイプされた挙句番にされ、さらに妊娠するという驚きの展開((((;゚Д゚)))))))
相手の男がクソすぎたのもあり、嘘でしょ?と思って本をめくる手が止まってしまいました。

番に失踪されたセナはひっそりと子を産み、孤児院に娘を預けて騎士団に復帰するのです。
身体は小さいのに人一倍努力家で剣術にも秀でたセナは、
若き国王・アスラン(α)に気に入られ、王族騎士に抜擢されます。

アスランがセナを王妃にしようとしようとして断られ、セナは王宮を出て行っちゃうし……
連れ戻して妃になるための勉強をさせるも、
陰湿ないじめに遭いまた家出(王宮出)……
で、また連れ戻されてーーというのを繰り返します。
ただ、失敗するたびにアスランが悔いながら成長していく姿はとても素敵でした。
決して傲慢な王じゃなく、セナを心から愛しており、
自分の配慮のなさを謝ることができる心の広い王です。

番持ちのセナはアスランとのセックスで酷い頭痛を感じており、
この番問題をどう解決するのかと思いましたが、
結構どえらいやり方で解決できることがわかります。
これ、初めてみる展開で驚いてしまいました( ̄▽ ̄;)

運命の番である2人は、ようやく本当の番になりハッピーエンドです。
うーん、素敵なシンデレラストーリーなのになんか萌えきれなかったです。
それは、アスランがセナを女性の様に扱っていたからかもしれません。
衣装は女物で婚儀もドレスだし、あんなに努力してなった騎士は早々に辞めさせられてしまうし……
それと、連れ子のいる相手との結婚は許されないという事で、
セナの子を妹として迎え入れることになったこと。
全体的にこの子の扱いがあまりにも雑じゃないかと。
生まれからずっと孤児院で暮らし、最後は母親の妹って。
セナが娘を愛しているのは分かるんですけどね。

オメガバースの設定も分かりにくかったので、
オメガバースが初めてという方には向かない作品だと思います。

7

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う