秋のリンクスフェア2012書き下ろし小冊子「誓約の代償~贖罪の絆~」&「もう一度くちづけて」

aki no lynx fair 2012 kakioroshi shousassi

秋のリンクスフェア2012書き下ろし小冊子「誓約の代償~贖罪の絆~」&「もう一度くちづけて」
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
4
評価数
1件
平均
4 / 5
神率
0%
著者
  
イラスト
 
媒体
小冊子
出版社
幻冬舎コミックス
発売日
付いてきた作品(特典の場合)
リンクスフェア対象商品

あらすじ

秋のリンクスフェア2012・対象本購入者限定配布小冊子
六青みつみ『誓約の代償~贖罪の絆~』より
長門えりか『もう一度くちづけて』より

表題作秋のリンクスフェア2012書き下ろし小冊子「誓約の代償~贖罪の絆~」&「もう一度くちづけて」

多数に付き割愛
多数に付き割愛

その他の収録作品

  • 『誓約の代償~贖罪の絆~』より「据え膳食わぬは騎士の恥」
  • 『もう一度くちづけて』より「何度でもくちづけて」

評価・レビューする

レビュー投稿数1

ギルの理性が崩れる寸前!!

「誓約の代償~贖罪の絆~」から「据え膳食わぬは騎士の恥」
ギルと聖獣リュセランの番外編はギルの苦悩が聞こえてきそうなお話で、
なんてお気の毒なんだろうと思ってしまう内容です。
リュセランが3歳になり、人間で言えば9歳でまだまだお子ちゃまなのです。
孵化した時は前世の記憶がしっかりあったリュセランですが、時間と共に記憶が薄れ
大人だった時の事を忘れた分、普通の聖獣の子供のようになっているのです。
ギルにとっては、愛し合っていた相手ですが、いくら対の相手でも子供に
手を出す事は出来ず日々理性と戦っている。
その苦悩と葛藤する姿を見たリュセランはギルが疲れていると思い込んでいて
ギルの疲れが取れる方法を、皇帝の聖獣であるキリハに教えられる。
でもそれはギルを更なる苦悩に誘うような、誘いのポーズ!
ギルの為にも早く大人になってと読みながら願ってしまうお話です(笑)


「もう一度くちづけて」から「何度でもくちづけて」
本編から数年後のお話で、橘家の別邸で暮らす二人が描かれています。
ふと昔を思い出している攻め様に、変わらず優しい受け様とのキュンとする
エピソー続きドです。

5

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ