正体不明でも、好きだと言える。

恋は仮面の内側に

koi wa kamen no uchigawa ni

恋は仮面の内側に
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神14
  • 萌×29
  • 萌7
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
11
得点
129
評価数
32件
平均
4.1 / 5
神率
43.8%
著者
 
媒体
コミック
出版社
マッグガーデン
シリーズ
uvuコミックス(ウブコミックス・マッグガーデン)
発売日
価格
¥618(税抜)  ¥667(税込)
ISBN
9784800003508

あらすじ

雑木屋剛(ぞうきやごう)は、根っからのヒーローファン。
正義の味方になりたくて道理の通らない事を正していったら、いつの間にか不良のレッテルを貼られてしまっていた。
そんな中、近くの遊園地で、理想のスーツアクター(バイト)に出会い、友達になろうとするけど…?
仮面を隔てた、秘密の恋!?

表題作恋は仮面の内側に

ライダーW[ウルフ]スーツアクター
雑木屋剛 高校生[3年生ではない]

その他の収録作品

  • カバー下表紙1【表】:「ヒーローショーの舞台裏1」
  • カバー下表紙4【裏】:「ヒーローショーの舞台裏2」

評価・レビューする

レビュー投稿数11

顔の見えないヒーローとの恋愛

スーツアクターと友達になりたい、真っ直ぐなとってもいい子が主人公です。
攻めの顔はほとんど仮面で見えないんですけど、とっても可愛いお話でした~。
顔が見えない状態でどうやって恋愛に繋げるんだろう?と思ってたんですが、その過程もよかったです。
中盤で友達になる折上くんもいい味出してました。最初は嫌なキャラだと思っててごめんね…。
すごくよかったんですが、贅沢を言えばもう少し攻めのことが知りたかったかな。
書き下ろしでの攻めが真面目すぎてとっても可愛いです。
お話も絵も素敵なので、お勧めです!

0

すごく好みです

題材が顔も見えないスーツアクターへの恋ですが。
顔という第一印象を抜いてどのように恋に落ちていくかがこの題材のポイントだと思います。
剛くんが不良キャラで恋のお相手が正義の味方という逆ベクトルが織りなす、恋の障壁はすごく良く描かれていてキュンキュンさせられました。
折上くんという揺さぶるキャラクターも定番ですがいい使い方をしているなぁと思いました。
ただ、惜しいなと思ったのは、顔バレまでを丁寧に描きすぎてページオーバーといった感じが否めないところです。
というのは、本編ではプラトニックに終了しているにもかかわらず、描き下ろしでサラリと肉体関係が見えてしまったところに要因があると思います。
読者としては剛くんからのベクトルが強い本編終了を見て、完全なるハッピーエンドは連想できなかったので続編では、wから剛くんへの気持ちの変化がえがかれることに期待が大きいところに、描き下ろしのwの気持ち置き去りのままの肉体関係暴露は置いてけぼり感が強く感じられました。
しかし、描き下ろしで一コマ、二コマ描かれた、ムネヤマヨシミ先生の美しいエロ描写に期待が奮い起って止まりませんので、続き2人の気持ちの動きから肉体関係までのストーリーを是非ともゆっくりと描いていただきたいと思っています。

0

面白かったけど、BLじゃなくても良かった感じ。

ストーリーは他の人が詳しく書いているので割愛。

絵がとても綺麗で見易い。ストーリーも良かったし、設定もキャラクターも良かった。…けど、BLにする必要あった?という感じです。
BLじゃなくても、漫画として完成度高い感じ。憧れから恋に変換されるのが早急過ぎて感情移入できません。わき役の折上のキャラクターも中途半端だし、ラストも駆け足過ぎたか?いろいろ消化不良。でも、続きがあるなら読んでみたいってくらい良かったのでおしいです。キャラクターが気に入り、設定も好みでした。最後の最後まで攻めは仮面をかぶっているので、攻めの正体っていうか本体についての掘り下げがなく、正体表してすぐエンドだったので、そこも残念でものたりない。萌えツボを捉えてるんだけど押さないで延々とさすられているだけのような歯がゆさ。

本編が爽やか、ピュア、純情、サッパリって感じで、エロもなし、BL感も薄め……なんで、それでも別に良いのですが、書き下ろしで急にBLはじめちゃって蛇足だったかな?書き下ろし要らないな、と思いました。

0

仮面を隔てた恋模様

顔が見えないのに恋に落ちる?どんな風に?と興味を持ったのが、購入理由です。

気は優しくて力持ち、でも怖いと勘違いされて、ヒーローになりきれない剛と遊園地のヒーローショーで活躍するスーツアクターとのピュアなラブストーリーです。

学校では怖がられて、友達のいない剛。唯一の楽しみは、遊園地のヒーローショーを見に行くことでした。そこで、自分の理想のようなヒーローに会って、のめり込んでいきます。対するヒーローは、イレギュラーが苦手で不器用。こんな二人がどうやって恋に落ちるのか…。剛に近づく友達が登場したり、ヒーローがテンパったり、くっつく経過が楽しめます。

不器用は二人の恋心にキュンキュンします。書き下ろしの、ノロケという名の相談をされる折上が、気の毒で笑えました。

2

続編希望!

『素顔不明なヒーローに恋をしました』の帯につられて買いました

んもうっ!これが自分的に大ヒットでした!

二人のエッチシーンがないのが残念すぎますが、
ヒーローと話せて嬉しい気持ちを隠せない外見ヤンキーくんの
しっぽを振ってる姿が可愛いすぎ!

かぶりもの系が流行ってましたがヒーローショーの
スーツっていうのがまた王道でよい!!
はじめての作家さんの本でしたが、挑戦してみて
よかったです!

久しぶりの自分的大ヒットだったので評価は神で♪

2

スーツアクター!

スーツアクターもの、ということで顔が見えない、誰かわからない。でもそこに生まれる恋。
元々戦隊モノとかヒーローモノが好きなので気になっていて、友人から借りて気に入り、購入しました。
主人公(受け)が素直で良い子なんです…でもその正義感と見た目から周囲に誤解されていて学校では孤立しています。そんな主人公の楽しみは休日に遊園地で見るヒーローショー。そのヒーローショーでライダーWを演じているスーツアクターが攻めです。
攻めはショーの時はカッコいいんですが、不器用なとこもあって可愛いです。そして、物語中盤から登場するサブキャラ。このキャラがホントに良いヤツで…!サブキャラが良いヤツな作品は読んでていい気分になります。
スーツアクターという特殊な設定を存分に活かされていて、しかも違和感を抱かせることもなく、流石取材に行っただけあるなと。
まあひとついうなら、主人公が攻めに告白するまで、好きになる過程?がちょっと早すぎたかな〜とも思いましたが。
そして注意なんですが、エロがホントにないです。ちょぴっっとだけならありますけど、エロ目的なら購入はやめたほうがいいかもです。でもピュアで可愛い続きお話なのでホントにオススメです!

2

ものの見事に

仮面と言う小道具を実に効果的に用いた物語でした。
出発点が出発点だっただけに真っ直ぐなんですね。
ひたすら真っ直ぐ。そしてその真っ直ぐな気持ちを
そのまま恋にスライドさせて繰り出して来るものだから
傍観者になる読者の立場としてはのた打ち回る程
気恥ずかしくてたまらない。
斜に構えた傍観者として居られたらああしてこうしてと
あらぬ方向に補完する事も容易いのでしょうけど、
……ああ駄目だ。
受攻二人の舞台裏を見てしまうと、こうなるべくして
こうなった二人なんだろうなと納得するしかない
評者でした。

2

顔が見えないからこそ、わかりあえる絆!

ちょっと変わった設定、というか頭部が人の顔じゃないとか好きなので買ってみたんですが、思った以上に面白かったです。
最初はBLっぽさが無い感じで始まるのもすごくいい!恋愛要素なくても引き込まれるなぁって思いました。
読み始める前は「あーこれ最終的にヒーロー顔出しちゃうやつか~」って思ってたけど、わりとすぐ中身についてほのめかしてくれてたので、正体がわかってからも、仮面のヒーロー⇒素顔の攻めっていうのが違和感なく同一人物として見れてよかったです。
盛大にネタバレなんですが、悪役っぽく登場して最後はキューピッド、王道かもしれないけど折上君好きですね~ 爽快ハッピーエンドで読んだ後しあわせになりました!!
エロ無しでもとっても萌え!だったのですが、最後にチラッとある描写が生殺しですっ!!もっとこの2人のイチャイチャ見たかったなぁ・・・!

3

ヒーロー

無邪気すぎて思わずきゅぅーんが止まらない(嬉´Д`嬉)かぁいい!

絵柄と、ヤンキーっぽい受が絶対可愛いはず!な衝動買いでしたが
これがまた存外かわいいじゃないの。
なんというかな、無邪気さっていうかな。
どこもすれてない感じがというな。
ホントウのカレをしれば皆がメロンメロンw

さて、お話
お話は、ヒーローWが大好きな受。
そんな受が夢中になっているのがとあるヒーローショーのアクター
数あるアクターの中でもカレはピカイチ☆
休みのたびに見に行っている日常から一歩踏み出して・・・
実は実わな、着地地点に関してはいまちょっと萌が足りなかったんですが
普段は、怖がられて、ケンカふっかけられて
そんな受のホントウの部分。素の部分が可愛くて仕方ない。
盛大な嬉しそうな顔に胸キュン。

巻末の、攻の盛大な惚気もよっぽどですが
全体的にかわいいが詰まった作品でした。
エロがガッツリ省かれているのが残念ではありますが
そこは妄想で補填というところですかな。んむ

3

ピュア!!

 描き下ろし以外は小学生男児が読んでも良いぐらいにピュアで単純明快なヒーロー漫画でした。
 BLとしてはもう少し繊細さが欲しいようにも思いましたが、正義感が強すぎて不器用な生き方になってしまう主人公も秘密を持ったヒーローも大好きなので、ジャン○を読んでいるような感覚で読ませていただきました。

 曲がったことが大嫌いな主人公の剛。
悪を正そうとするあまり力技に出てしまうために不良扱いされ、友達もできません。
そんな剛がヒーローショーで見つけた理想のヒーロー・ウルフ。
友達になって欲しいと猛アタックを開始する剛。
初めは不審がられ上手くいきませんが、次第に縮まる2人の距離。
かと思ったら生じてしまう、すれ違い&勘違い。
そこで陰のヒーローである当て馬・折上君の働きにより、2人はお互いの気持ちを確かめ合います。

 見事にヒーローショーのような展開に物足りなさを覚えましたが、描き下ろしに萌えました!! どうせ未だ清く正しく友達以上恋人未満のお付き合いなのだろうと思った2人はすでに肉体関係を持っていて(!)、委員長×不良という絵面に非常に興奮致しました。
 この先の話続きをもう少し読みたかったです!

4

「恋は仮面の内側に」シリーズ化希望!

こんな物語を待っていました!
攻めが素敵だし、主人公は格好可愛いし、萌えも共感がこれでもか!と凝縮されて詰まってます。
正体不明な攻めが誰か分かった後、もう一度読み返すと、新たに萌える場所も多々!
何回読み直しても飽きない、凄く良い作品です。
ライダー系スーツアクターをしている攻めの、ライダー姿がまた格好良い!!
これはもう、ぜひウルトラ系スーツアクターのバージョンや、戦隊系スーツアクターのバージョンも描いて欲しいです。もちろん、ライダーW×剛(この物語)の続編も希望!
特撮好きにはたまらない神作ですね。
取材されたというだけあり、想像で書かれたようなツッコミ処や違和感がありません。
受けが強くて素直な部分が可愛くて、自分の気持ちと真っ直ぐに向き合う姿は好漢です。
そして良いサブキャラなのが折上、じれったいヒーロー×主人公の背中を押してくれる、面白い青年で、複数の彼女持ちという器用人w
攻めのWは、実際に見てください!格好良さ・不器用さ・主人公との体格差・さり気無ささ・etc.エトセトラ…言葉で表現仕切れないです、萌えが凝縮され過ぎて!
表紙から裏表紙に至るまで、続き1冊の随所に盛り込まれた作者の作品への愛と読者へのサービスがとても嬉しいです。
主人公風に言えば、物語も展開もキャラクターも絵も全てが◎!
空き時間に繰り返し読みたくなる1冊です。
アニメイトでの購入特典のカード漫画はフルカラーで、ライダーWがまた素敵!
気が付けば保存用とおまけ目当てに、中央書店に取り寄せで注文していました。
友人へのプレゼント用にアニメイトでもう1冊買います♪

5

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ