ちっちゃくたってオトコマエ

chicchakutatte otokomae

ちっちゃくたってオトコマエ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×23
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
18
評価数
5件
平均
3.6 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
バーズコミックス ルチルコレクション (コミック・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
¥660(税抜)  ¥713(税込)
ISBN
9784344832961

あらすじ

小学生のヒロトとその母の前に現れた怪しい男――実はある人物の命令でヒロトたちを迎えにきたという彼は、隣に住まうこととなり! ?

表題作ちっちゃくたってオトコマエ

橙野千種 資産家に代々仕えている家系
柚原ヒロト 資産家の孫と知らず育った

評価・レビューする

レビュー投稿数2

題名に偽りなし!

小学5年生のヒロトが、生涯守りたい人を見付けて、そのために頑張っていく、可愛いお話です。

このヒロト君、題名の通りに、男前な性格でカッコ良くてキュンキュンします。怪しい人から友達を守るし。父親亡き後は、母親を守ろうと頑張ってるし(母をヒロコと呼び捨てにしてるのが、対等に接してるようで可愛いんです)
真っ直ぐで堂々としていて、チビッ子ヒーローという感じです。

そんなヒロトに近づいたのは、祖父の秘書の千種でした。祖父と母親は仲違いしていて、ヒロトに跡を継がせたい祖父が、千種に様子を見に行かせたのでした。

千種は23歳なのに、頼りなくて放っておけなくて…。
ヒロトは、面倒見の良さで千種の世話を焼く内に、なぜかドキドキするようになります。
そして、千種が好きだと気付いてからも、やっぱり男前でした。祖父に千種をほしいと宣言したり、千種にプロポーズしたり、祖父の跡を継ごうと勉強を頑張ったり。将来イイ男になりそうな予感がヒシヒシとしてきます。
自分のためにこんなに頑張ってくれたら、千種が惚れるのも納得できますね。

最後は、ヒロトの高校の入学式に、教育係を卒業した千種が続き、ヒロトに告白しての、ハッピーエンドです。
エッチがないので、BL初心者さんにもおススメな、疲れた心が癒されるような、そんな内容でした。

5

ショタが苦手でも大丈夫、心配なかれ

エロはありませんよ~
大きくなれば、ただの歳の差!

悪そうな人に絡まれてる子を見たら、悪そうな人をやっつける。
お母さんも大切にしている。
そんな小学生ヒロトくん。
表題の通り、オトコマエでカッコいいです♪

そして、そんなヒロトくんに振り回されている千種さん。
なんて可愛い主従でしょう!
ヒロトの祖父やお母さんも、良く言えばとても自然、悪く言えばありがちでしょうか。

恋愛模様が主軸ではないので、ほのぼのとした気持ちになる話です。

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ