カモミール・ラプソディ 出版社特典書き下ろしSSペーパー

camomile rhapsody

カモミール・ラプソディ 出版社特典書き下ろしSSペーパー
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
4
評価数
1件
平均
4 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
GOODS
出版社
出版月
価格
非売品
付いてきた作品(特典の場合)
カモミール・ラプソディ

商品説明

特典配布書店にて「カモミール・ラプソディ」購入時に貰える書き下ろしSSペーパー(終了している場合あり。詳細は出版社HP。)
A6サイズの両面にイラスト(描き下ろしではありません)と、書き下ろしSSが印刷されています。
タイトルは「鳴沢VS山吹(姉)」です。
日和の姉(ブラコン)が、リゾートホテルグランドテラスキタノで日和のパートナーである鳴沢と対面する事になり・・・

評価・レビューする

レビュー投稿数1

心配になりますよね・・・

本編のその後のお話になっています。

以下、内容になります!!!


日和の姉、山吹志織目線で話は進んでいきます。
日和を溺愛しているブラコンの志織。
体の弱かった日和の為に医師になり、同性愛者という悩みを抱える日和を一生守って支えていこう!!!それぐらい日和を溺愛していた志織。

その志織が日和の勤めるリゾートホテルグランドテラスキタノを訪れます。
そこで、日和のパートナーであり、一生を誓い合ったという鳴沢とご対面・・・

勿論、志織としては全くもって面白くない事態だし、なによりも見るからにプレイボーイそうな鳴沢の事が全く信用できず腹立たしい気持ちがふつふつと・・・
勿論愛する日和に対しては優しくて理解ある姉でいたい志織は、反対する気持ちや鳴沢への怒りをこらえて、2人を応援する・・・と言うのでした。

そして、鳴沢と向き合い、日和の前ではあるけれども・・・と、鳴沢に対して言いたいことをぶつける志織。
信用できない、気に入らない・・・と。

いらだつ志織の前で、ひざまずいて、女王に許しを請う騎士のように恭しく日和への愛の深さを語りだす鳴沢。
日和か続きらも懇願され、仕方なく2人を認めることにした志織。

しかし、鳴沢の「夕食は姉弟水入らずでお楽しみください。その後は、日和を私に返してくださいね。私も今日は久しぶりに休日なので・・・一カ月ぶりの逢瀬なのです。私達は一秒でも長く愛を確かめ合いたい。おわかりでしょう?」の生々しい言葉に再びキィ~!!!っとなる志織なのでした。

0
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ