ナビガトリアに恋

navigatoria ni koi

ナビガトリアに恋
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神11
  • 萌×218
  • 萌19
  • 中立4
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
7
得点
188
評価数
53
平均
3.6 / 5
神率
20.8%
著者
佐久本あゆ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
竹書房
レーベル
バンブーコミックス Qpaコレクション
発売日
価格
¥659(税抜)  ¥712(税込)
ISBN
9784801959118

あらすじ

アメリカからのイケメン転校生で帰国子女の慧は
女と間違えるわ、男と分かっても口説いてくるわで、
可愛い見た目と名前にコンプレックスをもっている祐里の地雷を
転校初日から堂々ぶち抜いてしまうもおかまいなし。

なんだか妙に懐かれてしまったえうに、スキンシップは激し過ぎるし、
祐里にむかってカワイイを連呼する始末・・・!
おまけにふたりきりのりの図書室では、

「俺も男は初めてなんだけど、試させて?」と迫られて――! ?

イケチャラ帰国子女xうぶカワ男気DK、奪われっぱなしな困惑ほだされ青春ラブ★

表題作ナビガトリアに恋

郷野慧,高校2年生,帰国子女でハーフの転校生
水谷祐里,可愛い見た目の高校2年生

その他の収録作品

  • ナビガトリアに愛を(描き下ろし)
  • あとがき(描き下ろし)
  • カバー下:イラスト・漫画

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数7

ロマンチック

星空が繋ぐロマンチックで可愛い男子高校生同士の恋物語。
タイトルも表紙もお話にぴったりですごく素敵です。一冊まるごと表題作なので可愛い男子高校生のお話をゆっくり堪能できるのも嬉しい。
受の祐里くんは女の子と間違えられちゃうぐらい可愛い男の子なのですが男気もそれなりにあって頼もしいです。
攻の慧くんは一見、チャラい感じの帰国子女でしたが実は寂しい一面もあって…。
慧くんにとってのナビガトリアはきっと祐里くんなんだろうなと思えるような心温かくなるお話でした。
天体、帰国子女に男子高校生そして体格差とこれまた自分の大好き要素がたくさん盛り込まれていたので神評価にしました。
可愛い男の子達の恋物語がお好きな方にはオススメの一冊ですよ。

3

可愛い絵と話です

冒頭、犬の散歩中の男の子(祐里)が外国人風の男の子(慧)に道を聞かれる所から始まるのですが、言葉がわからない男の子が相手の腕をむんずと掴んでワシワシと引っ張って連れて行くんです。可愛い顔して豪快?な感じのその行動が可愛くてポチッと購入してしまいました。

慧が実は日本語ペラペラの帰国子女で英語喋ったほうがモテると思って!(ニコッ)と言っちゃう様なたらし君。
男と分かっても祐里を常に口説いたり、出会ってすぐ図書室でキスしたりとチャラい行動ばかりとっていて、対抗する祐里もまた見た目に反して男らしいので軽くいなす感じで時に頭突きや飛び蹴りかましながらコメディタッチで進行していきます。

慧が明るく常にニコニコ顏なのは、小さい頃から転校が多かった子供の身に付いた処世術で実は複雑な家庭の事情がありました。
時折見せる慧の「迷子みたい」な表情に気付いて何とかしてやりたい!と世話を焼く受けが男前。
あとがきに作者さんも書いていたけど見た目男前が慧で中身男前が祐里です。そして私祐里みたいな受け好きです(^^)

最初の図書室キスや部室で初めて致したり、とやや気になる展開もありましたが、一冊丸ごと丁寧に2人の想いが通じる迄を読む事が出来ました。

合間合間にチビ絵が沢山です。中には流れが削がれるなぁと感じる物もありますけど、佐久本さんのチビ絵は自然で可愛らしくて萌えました(^^)

電子おまけ漫画は4ページ
「かわいいについて」
BLを読んでいて、常々気になっているけど追求してはいけないような、
【かわいいかわいいと言われている受けが
将来的に可愛くなくなった時!】
について慧と祐里が議論?しているものでした。
祐里の将来のイメージがゴリゴリのマッチョで人相迄変わっていて吹きました。そんなにかわいいにコンプレックス抱いていたとは笑。
慧がキッパリとどんな見た目でも祐里はかわいいよ!と言っていたので安心です。

他の作品の攻めもそう思っていると信じようと思います。

1

軽快なやりとりがまるで夫婦漫才

とても良かったです。
極めて神寄りの萌2でした。

見た目は華奢で女の子のような可愛さを持つ祐里と、帰国子女で完璧なイケメンの慧が出会うところから物語が始まります。

祐里と慧の会話のテンポがすごく良くて、ぼけとつっこみがぽんぽん繰り出されるのが楽しかったです。慧の悪びれない感じと祐里の辛辣さがたまりません。
2人のキャラクターの持つ魅力にぐいぐい引き込まれました。

慧はノリが北米というより南米人のよう。ナチュラルなレディーファースト、可愛い子や女の子には可愛いと言い、ひとの良いところを見つけては褒める。それがお国柄ではなく、慧の置かれてきた環境のせいで培われた処世術だというのが悲しい。陽気な素振りに隠した、誰も気付かない慧の本当の姿に祐里が気付いていくくだりは、小さな妹がいる祐里ならではの自然な感じで描かれていて、「設定上こうなる」というわざとらしさが全くなかったです。

幼馴染が語る祐里の事情、モノローグで語られる慧の事情。
境遇は異なるけれど、立ち向かうことを選択した祐里と、流されるまま環境をただ受け入れることを選択した慧の対比が見事でした。
祐里が慧の手を引いて前を歩くシーンが何度か出てくるのですが、2人のバックグラウンドと重なってすごく印象的です。

「(離れても)代わりをつくればいいだけ」という慧に対して、祐里が「ひとの代わりなんていない」という場面はもう、何という感動。結末まで読む前に思わず2回読み返してしまったほど良いシーンでした。
選択を祐里に委ねるのは慧の弱さの表れで、ずるさは感じませんでした。
むしろここでも「慧の手を引いて前を行く」というテーマを貫いていたので、作者さんの手法にただただ感服するのみでした。

「彗星」の慧と「宇宙飛行士(ガガーリン)と同じ名前」のユーリ。
名前のことを話す辺りでも「一箇所に留まらずに流れてきた慧」と「生還はほぼ無理だと思われていた状況から無事帰還した宇宙飛行士のように、困難にも勇気をもって立ち向かう祐里」というふたりの状況や内面が反映された設定で、細部まで本当によく考えられた作品です。

もうすでに立て続けに2回読んだのですが、これを書いているうちにもう一度読みたくなりました。

ハーフや外国人が出てくる作品だとよくあることですが、ぜひとも校正の際にスペルチェックをしっかりしてあげてほしいです。最近はあからさまに文法間違いをしている作品は少なくなりましたが、スペルチェックの不十分さが気になってしまって…。
世に出るまでにどれだけの人の手を介しているか分かりませんが、最終的に一生懸命良いものを創り上げてきた作者さんがひとりで背負うことになってしまうので可哀想です。作品の完成度が高いだけに、そこはしっかりしてあげてほしいと切に願います。
仕事がら、最後に余計なひとこと、失礼しました。

1

さらっと可愛いのだけど

イケメンハーフ転校生の慧と女の子に間違えられるほど可愛らしい(そして女の子みたいと言われるのが大嫌いな)祐里という組み合わせ。
ノンケ同士なんだけど、可愛いなら男だって大丈夫という慧(バイなんだと思う)がグイグイ押して、祐里をほだしちゃうみたいなお話です。
女の子のように可愛らしいとされる祐里だけど、性格は結構男前でした。

慧と母親との確執を絡めてますけど重くなりすぎず、全体的にさらっと読めます。
せっかく二人で天文部に在籍して星空観察したりするので、星空を一コマ程度でチマっと描かずに、もっと見開きで2ページくらい使って満点の星空の下、みたいなロマンティックなシチュエーションがあれば良かったのにと思いました。

とても可愛らしい二人なので、キスだけでも充分見せられたはずなのに安易にエッチになだれ込んでしまったのが残念。(ただ攻めが若干盛りのついた犬っぽいのでそれは難しかったのかもしれないけど)
描き下ろしエッチだけで充分だったと思います。

悪くは無いけど、何か心に残るものがあったか…というとごめんなさい、思い浮かびません。

ブックパス読み放題

1

攻め様が・・・

高校生同士のお話です。

佐久本先生の作品は「若葉寮で・・・」を読んで以来作者買い中です。
先ず、表紙がとても素敵だな・・・と感じました。星がテーマの一つになっているのですが、星空と濃紺と金色が綺麗です。

そして内容なのですが、私は今回は攻め様には心魅かれず、どちらかというと強気受けな、受け様に惹かれました。個人的には残念攻め様、強気受けという組み合わせ、大好きなのですが、今回の攻め様は私の萌えツボとずれてしまっていました。攻め様が、何かあると逃げてしまうところが私的にダメだったのかも・・・何かちょっとこう攻め様の行動に違和感みたいなものを感じてしまいました。でも、高校生と思えばこういうものなのかも・・・
初Hのシチュエーションも残念でした・・・。

表紙と、受け様のキャラに萌え・・・ということで、今回は「萌」評価にしました。
ストーリー展開自体には、あまり萌えポイントがなかったです・・・

0

それは詩的なジュブナイル!

前半は、女子に間違えられて、まぁ、男でもいいや、可愛いから!とユルユルなチャラさ全開の帰国子女イケメン、慧に強引に迫られっぱなしのユーリ。フラれた事が無いという慧は、ユーリの気持ちは何のその、ガツガツ迫って来ます。
無理矢理キスされて、イカされて。イケメンにほだされていくユーリですが。
それだけでは無かったのでした。
親の勝手な都合で幼い頃から転校や引越しを余儀無くされてきた慧。その場その場、一期一会。友達だって、恋人だって、また代えのきくものだと諦めに似た様な寂しい心を持っていて。大人になれば、否が応でも大なり小なり身に付けていく処世術、「とりあえず笑う」「誰とでも仲良くする」「マイナスなことは言わない。」そして「執着を持たない」
ユーリはそんな慧の心を「迷子」だと言い、「人の代わりなんて無い」という事を教えてくれます。
10代の瑞々しい友情と迷い、大事なものを見つけた彼らの物語。そう、まるで「ジュブナイル」。
あ、ジュブナイルと思った割にはエチシーンはございますが!慧がこなれているのか、何なのか、「側位」っていう、ちるちるアンケートで、9位のアレです‼︎ バックからの流れで側位‼︎ どんな10代だよ⁈ っていう。それもこれも慧がユーリを「気持ち良くさせたい。」っていう一途な気持ちからなんですが…。シーン自体は短いですが、ジュブナイルだと思い込んで読んでいたせいか、とってもエロく感じられました。

天体望遠鏡で星座を見るとか。その楽しさを疎ましく感じていた父から教わったことだったとの気づきや、望む望まないとは別に人は一人では生きていない事を感じられるストーリーになっていて。色々考えさせられる作品でした。

0

北極星

ユーリが男前で、なんやかんや慧の北極星な感じですね。

前半は慧がユーリを口説いたり割りと良いところがあったりするじゃんって内容でしたが。
後半は慧の子供時代からアメリカでの境遇など。
家庭環境に恵まれず引っ越しばかりで、誰にも何にも執着せず笑って処世術を身につけて。まだ高校生なのに悲しいですね。

初めて手離したくないのがユーリになって。
アメリカ行きをユーリに委ねます。
ユーリも行くなって言って。
いつのまにかスキンシップ過多な王子のほっとけない面を知り、辛いのに強がってる慧を好きになってたんですね。

まさかの部室エッチ。ないかと思ったらちゃんとエッチまでしましたね。

描きおろしでは、部室エッチ以来何もない二人がやっと。慧は準備も万端でユーリに気持ちよくなって欲しいと。

しかし慧は父の両親と住んでるようですが、父はどこに?仕事が多忙で一緒に住めないのかな?
母は他に男が出来て離婚するのに慧を引き取りたいのはどうする気だったのか?

仮面王子が本当の恋に落ちるお話でした。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)



人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ