灼先生インタビュー

BLニュースは標準ブラウザ非対応となりました。Google Chromeなど別のブラウザからご覧ください。

灼先生インタビュー 恋のラストは!? タイムスリップ記憶喪失ラブ完結♥ 飄々高校生×実直飛行士!! コミックス『あおに鳴く・続』

2018/11/11 16:28

そばにいようと決めたのに! 穏やかな日々は、長くは続かず…

 


BL作家インタビュー「801 AUTHORS 108」第1803回
灼/一迅社/gateauコミックス
コミックス『あおに鳴く・続』11月15日発売
サイン本プレゼントあり! 詳しくはインタビュー後に!

 

STORY
記憶を失いながらも新しい生活に馴染んできた菊と仮の保護者の司朗は穏やかな日々を過ごしていたが…徐々にそれらは失われていく。手探りで過去に触れ、自分達が何者なのかを知った菊と司朗の運命は…? 寡黙な男子高校生と記憶喪失の青年の時を繋ぐ連鎖の物語、完結。

 

――作品紹介をお願いします
過去から飛んできたらしい記憶喪失の飛行艇乗りと、現代の男子高生の話、完結巻です。





――主人公たちはどんな攻×受ですか?
飄々とした男子高校生・司朗×実直な飛行艇乗り・菊(命名は司朗)です。

――当て馬や重要な脇役は? 
重澄という司朗の叔父が描いていてとても楽しかったです。

――今作のこだわりはどのあたりでしょう?
ファンタジー要素の多い設定なので、生活感のある描写を意識しました。




――苦労した点、また楽しかった点など聞かせてください
歴史! 教科書だけでない知識というのを得るのが大変でしたが楽しかったです。

――執筆中の思い出に残る日常エピソードなどうかがえますでしょうか
めいっこの運動会、ものすごく和みました。

――発売に関して今のお気持ちはいかがでしょう?
続編ということでまた違うドキドキを感じています。

――ちるちるユーザーにメッセージをどうぞ!
楽しんでいただけますように!

担当編集:ノラさんより
ついに完結! 菊さんの過去、それと司朗がどう関わっているのか……そしてふたりの結末は? 
担当も、どうなるんだ!? とテンションがあがったラストです!
灼先生の読み応えと見応えのある物語をどうぞお楽しみに★



 

コミックス『あおに鳴く・続

 

特典情報

 

アニメイト限定:描き下ろし小冊子
応援店限定:描き下ろしペーパー
とらのあな限定:描き下ろしペーパー
ホーリンラブブックス限定:描き下ろしペーパー

 

その他情報

 

コンテンツシードとコラボした「gateau SHOP」にて灼先生のサイン会を実施!
<日時>
2018年11月23日(金・祝) 14時00分
<整理券配布方法>
11月8日(木)~11月22日(木)の期間、「gateau SHOP」にて、3,000円以上お買い上げのお客様へお1人様1枚、先着で整理券をお渡し致します。
サイン会の定員が予定数に達し次第、整理券の配布は終了致します。
※サイン対象は著者コミックスのみとさせていただきます。
※参加券の配布は先着順のため、情報公開時には定員に達している場合がございます。ご了承ください。
詳細は公式サイトまで!

 

ちるちるユーザーサイン本プレゼント

 

発売を記念して、描き下ろしイラスト入りサイン本をちるちるユーザーにプレゼント! 以下のボタンよりご応募ください!

描き下ろしイラスト入りサイン本プレゼント応募

 

(C)灼/一迅社

関連作家・声優

関連外部サイト

コメント8

投稿順|最新順

今回の作品は跳ねたけど
既刊の売り上げはいまいちな気がするし仕方ないと思う
この作品のような続刊が危うい作品とかナンバリングついてない作品結構あるし1巻売れなかったら以降出されてない作品も普通にある

前編とあると出版社は否が応でも赤字でも後編を出さなくてはいけない雰囲気になってしまう

巻数表記、BLではないこと多いの伝統的だし、ちるちるのインタビュー読んでると、続きの構想はあるのでいつかどこかで描きたいと答えている作家さんもよく見ます。でも、それが商業では叶わないこともあるみたいなので、本作品が続刊を出せることになったのは良いことではないかと思います。何にしても、作家さんを責めないでほしいです。

本作に関しては、姐さま方がレビューで盛んに「続く」と書かれてたと思います。ネタバレ敬遠してる方たちは勿論知らなかったと思われますが。私も一巻の売れ行き次第で続巻が出るのは仕方ないというか、ファンは望んでいるかと思います。

ナンバリングも続編の情報もなく売る戦術は私は好きになれない。
中には名作を謳ってる作品もあるけど実際は無駄にストーリー引き伸ばしただけの凡作ばかり。
騙して儲けようとするだけのレベルの作品は、一つも出てないのが実情。
要は詐欺師。この作家も単なる詐欺師。

私も匿名1番さんと同じ経験をし、同じく騙された感でモヤモヤしていたことがあります。
なぜなら私も完結した作品にしか興味がないからです。
だからとってもお気持ち分かる~と思ってたけど、匿名2番さんのレスを読み目からうろこ状態になりました。
そうだったんですね、知らなかった。
大好きな日高ショーコ先生の「憂鬱な朝」も大人買いしました。
このことを知る前だったので。
でもこれからは1巻ずつためてから一気読みの方向に向かおうと思いました。
勉強になりました、有難うございました。

1巻にナンバリング無いのってそこまで珍しい訳でもないし、そんな目くじら立てることでしょうか…?
完結してから全巻購入して一気に読みたい人が多いのは事実だし、私もそういうタイプです。
ですが1巻の初動の売上げで2巻の初版部数も決まるので、作家さんを応援したい場合は1巻出てすぐに買うべきなんですよ
1巻の売上げが悪いと最悪、2巻が出ない場合もあります。
そういう出版事情があるのでナンバリング無しで売る戦略も仕方ない気がします

1巻にナンバリングがなく1冊完結かと思いきや「続く」で終わった作品ね
完結してから全巻購入する派としては騙された印象だったわ
悪名高きgateauさん流石ですよ

予約済みです!
たのしみー!

PAGE TOP