お吉川京子先生&阿賀直己先生インタビュー

BLニュースは標準ブラウザ非対応となりました。Google Chromeなど別のブラウザからご覧ください。

お吉川京子先生&阿賀直己先生インタビュー 敬語な変態養護教諭×純粋おじさん教師!! コミックス『鬼と天国』上下巻

2018/11/13 16:35

貞操の危機! エロ妖しい蛇に睨まれた純情ハムスターの攻防ラブ♥

 


BL作家インタビュー「801 AUTHORS 108」第1805回
お吉川京子/阿賀直己/竹書房/バンブーコミックス Qpaコレクション
コミックス『鬼と天国(上)』『鬼と天国(下)』11月27日発売
サイン本プレゼントあり! 詳しくはインタビュー後に!

 

STORY
高校勤務の青鬼は、最低限しかやる気を出さない省エネ教師。先輩教師にどやされ、なかなか教室に来ない生徒の様子見のために向かった“保健室”で初めてまともに話した、どうにも掴めない養護教諭・天獄。熱心な教師を演じる青鬼の本性をあっさり見破って、にっこり笑顔。この出来事で天獄のことが苦手だと再認識したはずなのに、「赴任してきてからずうっと見てた」とカミングアウト。更に青鬼のことを“純情”だと言って、いきなりくちづけをされて――?

 

――作品紹介をお願いします
お吉川:省エネ流され系高校教師の青鬼がサディスティックな変態養護教諭の天獄にコンプレックスを見破られ、強姦まがいのセックスをされるところから始まるお話です。

――主人公たちはどんな攻×受ですか?
お吉川:敬語年下攻の養護教諭天獄×冴えない年上受の高校教師青鬼です。



――当て馬や重要な脇役は?
お吉川:下巻で登場する新人イケメン教師の波多野です。テンションが高くてよく喋るのでお話が動いて助かりました。

――今作のこだわりはどのあたりでしょう?
阿賀:自分が読みたいCPを書かせていただきました。受攻共に三十代、しかも受のほうが年上でややおじさんっぽさ(くたびれ感)があるという……。

お吉川:私もそういったCPがドストライクなので描いていて楽しかったです。あと、ぱっと見は青鬼のほうが男性的で(手の感じや仕種など)、でも骨格だけは天獄のほうがガッシリしているというのがさりげないこだわりでした。



――苦労した点、また楽しかった点など聞かせてください
お吉川:原作と作画なのでお互いの原稿が上がってくるのが楽しみでした。自分一人で作品を作っている時とはまた違った楽しさがありました。

――執筆中の思い出に残る日常エピソードなどうかがえますでしょうか
お吉川:阿賀・お吉川間で通話をするようになりました(今通話をしながらインタビューに答えています)。

――BL作家になったきっかけを聞かせてください
お吉川:阿賀さんの小説のカバーイラストを担当させていただいたことがきっかけで、原作・作画として漫画を描くようになり、なんだかんだあって今回のコミックスまで繋がりました。

――発売に関して今のお気持ちはいかがでしょう?
お吉川:三年近く連載していた作品がコミックスというかたちになるのでとても嬉しいです。連載開始当初はまさか上下巻同時発売になるとは思っていませんでした。デビュー作にもかかわらず納得いくまで描かせてくださった担当さんには感謝でいっぱいです。



――ちるちるユーザーにメッセージをどうぞ!
お吉川:ここまで読んでくださってありがとうございます。上下巻共に描き下ろしがありますので、配信で読んでくださっていた方にも楽しんでいただけると思います。よろしくお願いします!

担当編集より
大人の色気を醸すタッチと緻密な心理描写の最強タッグ、阿賀直己先生原作、お吉川京子先生の初コミックスが上下巻で発売です!

舞台は高校、最低限しかやる気を出さない省エネ教師の青鬼は、先輩教師にどやされ、なかなか教室に来ない生徒の様子見のために向かった“保健室”で初めてまともに話した、どうにも掴めない養護教諭・天獄。
熱心な教師を演じる青鬼の本性をあっさり見破られ更には「赴任してきてからずうっと見てた」とカミングアウト。
青鬼のことを“純情”だと言って、いきなりくちづけをされてしまいます。

そこからは酷くされることに快感を覚え、幾度となく身体を重ねてしまう天獄と青鬼。
恋人でも友達でもない天獄とは相変わらず曖昧な関係だったところ、新人イケメン教師の波多野が赴任、距離が近づきつつあった二人の日常に波乱が巻き起こり――という展開で、二人の関係から目が離せません…!!

おすすめポイントとしては、なかなか自分の感情に素直になれない青鬼と自分の感情に気づいていない天獄のラブにいきそうでいかないストーリーににもどかしさを感じつつも二人のその絶妙な距離感に身悶えます!

そして、無邪気(?)にはしゃぐ天獄とそのノリに引きつつも付き合ってあげてる青鬼との日常パートのやりとりが、ずっと見ていたいと思えるぐらい可愛くて、ほどよいスパイスにも!





青鬼のトラウマに遠慮なく踏み込んでくる天獄、その一環として[荒治療]で身体をつなげる事になりますが、そこから二人の関係性が大きくかわり、時に可愛く、切なく、心を満たしてくれます!
特に、おじさんの泣き顔はぐっと心に刺さります…!!!

かっこよくて、爽やかな美青年の印象が強い天獄が、子供っぽい仕草や態度をとるたびに普段とのギャップ差がイチオシです!
無自覚に甘える姿につい応えてしまう青鬼とのいちゃいちゃに胸を抑えずにいられません…!

変態系ぶっこわれ保健医×くたびれ純情教師、歪者同士の恋愛荒療治BL、是非沢山の方にお楽しみいただきたいです!

 

コミックス『鬼と天国(上)鬼と天国(下)

 

 

特典情報

 

■アニメイト:つながる描き下ろしリバーシブルカード(上下巻各1種)
■とらのあな:2冊同時購入で描き下ろし4Pリーフレット
■中央書店コミコミスタジオ:描き下ろしペーパー(上下巻各1種)
■ホーリンラブブックス:ブロマイド(上下巻各1種)
■全国特約書店共通:描き下ろしペーパー(上下巻各1種)
■電子版:描き下ろしマンガ
※その他、Qpaの情報はHPTwitterで随時お知らせしております。

 

ちるちるユーザーサイン本プレゼント

 

発売を記念して、サイン本をちるちるユーザーにプレゼント! 以下のボタンよりご応募ください!

サイン本プレゼント応募

 

(C)お吉川京子・阿賀直己/竹書房

関連作家・声優

関連外部サイト

コメント21

投稿順|最新順

おわ~~
これはかなりの表紙詐欺ですね
綺麗な表紙からザカザカ線で描かれた雑っぽい中身は想像つきませんよ!

ぱちさん改名したのか漫画用のペンネームなのかどちらなんだろう?
作家情報まとめてある方がわかりやすいのですが…。

冴えない年上30代の高校教師受けに、掴みどころのない紳士系攻めなんてそんなんすごいときめくよね……。
己の性癖センサーが「これは絶対に面白いわよ」って言ってるの……、本当発売が待ち遠しい……(ノ▽`)

匿名1番さんはおっさん「受け」が地雷であって、おっさん攻めは大丈夫な人なのかも?
だから「恋が落ちたら」みたいなイケオジ攻めを比較に出してもあまり意味無いと思います…

30代くらいの青年とも中年とも言えない年齢って描くの難しそうです。若すぎず老けすぎずの絶妙さが魅力ですが、それを絵で表現するのはなかなか大変かと…
表紙の絵だけ見ると二人とも20代に見えます(個人の主観)

はいはいw

コメ欄に笑ったww
私もBBAとか、おっさんとか、年齢でバカにしてた時代があったなぁ〜w 若い時なんて長い人生の中ではほんの少しの時間なのにね。いつまでも美しく魅力的な「恋愛対象内」でいられるのなんて、ほんの一部の美男美女だけなのが現実。
みんなもれなくブーメランしてきますので、未来の自分のためにもお手柔らかにw

ちなみに、BBAな私から見ると、この漫画のおっさんはそんなにおっさんじゃない。今ランキング入ってる「恋が落ちたら」はほんとに老いが出ててそのくたびれ感が色っぽい。
アオハルもいいけど、おっさんも深みが出てイイゾー。需要があるから、「恋が落ちたら」がランクインしてるんじゃないかな。
ちなみに、次点の「めぐみとつぐみ」(こっちは高校生)もすごく面白かった!
(別作品推してごめんなさいw)
つまり何が言いたいかというと、世の中にはいろんな年代や性癖の隠れた貴腐人がいるので、どんなゲテモノにもちゃんと需要があります。

オバサンだぁ???

    お姐様とお呼び!!!!!


プルプル震えてるハムスターが、可愛い過ぎますね~!(* ´ ▽ ` *)

はいはいw

年齢的におじさんに見えるかどうかと、私にとっておっさんであるかどうかは別の問題なので…

うまくぼやかされてますが、ちるちるはほぼ18禁サイトですよ?
ハッキリは言わないけどね。
本当は中学生や高校生が見ちゃいけないエロサイトなの。
だから、おばさんいっぱいいるのよ?
おじさんの定義も結構年上になっちゃうの。

キッズは無理してイケおじブームに乗らないで
爽やかな青春モノ読んだほうが楽しいと思うよ?


まあ、圧倒的にオバサン集団でしょう!
25過ぎれば皆オバサンですからね。
いやでも中高生とか「20歳過ぎたらおばさん‥」って言うらしいね。

これがオッサンに見えないって、ちるちるはどんだけオバサンが多いんだか\(^o^)/

たしかに直前の文章だけ見ると主語が青鬼に見えますよね。私も一瞬どっち?と迷いました。
そのあとの文章と全体のストーリーから、天獄だとわかりましたが…

ちなみに、私にはこのくらい全然おっさんじゃありません。

あらすじが何回読んでもわからない。
『「赴任してきてからずうっと見てた」とカミングアウト』って誰が?青鬼?
『更に青鬼のことを~』は天獄でしょ?

ちるちるで、40代以上受けで検索したら168件って出たよ。十分、需要はありそうですね(ニッコリ)
むしろ画力・実力ある先生がズラリと並んでいます。
見栄えのする中年を据えて物語を作るのは難しいでしょうしね。

絵のタッチが好みです。上と下あるのでストーリーも奥深そう。
受けにどんなトラウマがあるのか気になります。

あ、ごめんなさい。
書き取り頑張ります……

>2番さん
貴方も「弛んだおっさん受けは死んでもごめん」とか結構ひどいこと言ってますよ…
貴方も「自萎他萌」の書き取りしなきゃいけませんね

>おっさんは受けはさすがに誰にとっても地雷でしょう

……ちょっと。
「自萎他萌」という言葉を801回書き取りしてからその発言をしてください。

加齢臭のするような弛んだおっさん受けは死んでもごめんだけど、
このキャラみたいなちょっとだけくたびれた感のあるおっさん受けとか萌えしかないです。





おっさんは受けはさすがに誰にとっても地雷でしょう・・・。
たまに「何でこんなのが売られてる?」という作品があるね。

PAGE TOP