Arinco先生インタビュー

BLニュースは標準ブラウザ非対応となりました。Google Chromeなど別のブラウザからご覧ください。

Arinco先生インタビュー 無理やり番にされて… 圧倒的一途わんこα×αと偽るツンデレΩの再会ラブ!! 初コミックス『噛み痕から、初恋』

2019/11/01 19:32

BLに新しい流れ… 電子単行本が登場! 20P描き下ろし収録

 


BL作家インタビュー「801 AUTHORS 108」第2154回
Arinco/フューチャーコミックス/BOYS FAN
コミックス『噛み痕から、初恋【電子限定描き下ろし20ページ付き】』11月1日発売
サイン本プレゼントあり! 詳しくはインタビュー後に!

 

STORY
「こんなの絶対嫌なのに…奥が、疼く」過去にレイプされた上、首を噛まれて顔も知らないαと番になってしまった李加(Ω)。そのせいで他の誰ともセックスできないのに、発情期には疼く体…。そんな呪われた性質をねじ伏せるべく、必死にαのフリをすることで何とか平穏な大学生活を送っていた。しかしある日、予期せぬ発情(ヒート)でαに襲われる李加を助けてくれた相手から、身に覚えのある香りが漂ってきて…

 

――作品紹介をお願いします
元々、社会問題にも絡められそうなオメガバースが大好きで、性別(Ω、αなど)という面だけで運命が決まってしまう世界でそれに抗う子達の恋愛が描きたかったところからこのお話ができました。なので二人にはさらに苦しむ展開になる、顔も知らない状態で番になってしまう関係からスタートさせました。


Ωが虐げられてる世界でαのふりをして一人で生きて行くと決めた主人公の李加と、突然現れたαの和葉。解消出来ない関係でも引き離されてしまった後、そこに感情はなく本能で繋がってしまった二人がどんな未来を選ぶのかを楽しんでもらえれば嬉しいです。


――主人公たちはどんな攻×受ですか?
圧倒的わんこ攻め×強気ツンデレ受けです。攻めの和葉は心は猪突猛進型なんですが外身をヘタレで囲んでるので、李加が大好きなだけな一途男になりました。一応モテるという設定があるんですが私がホイホイ忘れるので担当さんに「和葉はかっこいいんですよ!!!」って何度も目を覚まさせて貰ってました(笑)。



受けの李加は、Ωであり受けといっても男の子であるという事を絶対にしたかったので強気でかっこよくしたいというのが一番でした。キャラクターとしてはすぐ固まったのですが、長年気を張っているせいで少し周りが見えてないほど頑張ってる子になってしまいました…。ただ李加はずっとぶれなかったので色んな表情や感情を出せて楽しかったです。


――当て馬や重要な脇役は?
一応当て馬…というか重要なキャラクターになるのは和葉と李加を無理やり番にさせた祥太とその恋人だった幸です。これでどこまで言っていいのか分からないんですが(笑)、祥太は幸と離れたくないがために李加に誘発剤を打って和葉に襲わせます。最低で最悪な行為なのですが、祥太も切羽詰まっていたのとまだまだ子どもだったので…。思い返してみると今作中一番かわいそうなのは幸だと思います(笑)。



ですが私が一番気に入っているキャラクターは鳴という李加の仲良しグループの一人のαの子です。ビジュアルから性格から何も考えずに出来ている子なのでもろタイプなんだと思います(笑 恋人にはしたくありませんが…)。好きが過ぎて、スピンオフまで描かせていただきました(笑)。


スピンオフは李加たちの入り切らなかった内容を含めて最高層にいるαたちの抱えている問題を中心としたお話になりますが、本当に描いてて動かすのが楽しかったです。出てくるキャラクターが多過ぎたな…と反省してますが、みんなそれぞれに違った愛情を持ってるので、たくさん描けて幸せでした。鳴×李加ルートも楽しいのでは? と妄想して遊んだりもしました(笑)。

――今作のこだわりはどのあたりでしょう?
最初に少し言及させて頂いた、社会問題を絡めてあるオメガバースというところです。オメガバースという世界は男性も子どもを産める一見平等に見えるような中に、結局はα、β、Ωと階級の差別が出てくる。これは別にオメガバースに限った話ではなく、現在の私たちでも生まれ持った才能や地位で運命を決められてしまう事があります。

それを嘆いたり悲観するのではなく、受け入れて自分の力でどうにかする、全く簡単なことではありませんが、人間誰しも少なからずそうやって生きていると思うので、それを伝えたいと思いました。階級とか性別とか、そんなものが関係なく相手のことが好き。そう言った純愛があればいいなと思います。それこそ夢物語なんですが…(笑)。

勿論作画も頑張りました…。デビュー作なので、本当に描いてきた歴が短い私には毎話絵が変わる闘いでした笑 他のあとがきにも書いたのですが、和葉がだんだんパーマかけていくのでめちゃくちゃ直しました。

――苦労した点、また楽しかった点など聞かせてください
デビュー作ということもあり、本当に担当さんに好き勝手させて頂きました。最初は本当に描きたい事を好きなように描いて欲しい、と自由にさせてもらって…こんなことになってしまいました(笑)。結果担当さんを王道の道から引き摺り込む結果になってしまったのですがすっごく楽しかったです!(にこり)

苦労したのは、世界を作り込みすぎるがために話がとんでも方向まで広がってくのを軌道修正することでした。入れられなかったエピソードも結構あって切るのが断腸の思いでした…。(李加の幼少期とか) あとえろが苦手なのですごく担当さんを騙くらかしていた記憶ですね(笑)。人体描くのは慣れてないのもあってすぐ複雑骨折するし…ただ色んな表情をさせるのが大好きなので様々な感情を違った表現で描けたのは本当に楽しかったです。

――今作にまつわる裏話はありますか?
これ言ったら担当さんに怒られそうなんで小出しですが、和葉の過去が結構壮絶でした(笑)。和葉の家庭事情も結構かわいそうなので入れたかったですね…。あんまり出てこないんですが、和葉ってすごくモテるみたいで、外面はイケメンクールキャラなはずなんですが、李加にしか興味がないので李加もさして気にしてません。


時々ちらっと妬いてたりしてるみたいですが…。あと変なこだわりなのですが身長を気にして作りました。背の順だと 祥太<宗吾<李加<和葉<鳴<幸<雅になるんですが、ポイントが李加がそんな低くないところと鳴の方が和葉より大きいところなんです。李加争奪戦を二人はこれからもしていくので、作中は身長もポイントに見てもらえると楽しめると思います(笑)。

――執筆中の思い出に残る日常エピソードなどうかがえますでしょうか
パソコンを初めて買って貰った物をそのまま使っているのでいつ止まってしまうか不安だったことです。データは飛ぶわ、凍結するわで二話目を提出する時に苦労しました…。(今となっては笑い話ですが) 愛着がすごいのでまだ変えられてません…。あと訪問販売で6個で3000円のみかんを買ったことくらいです(笑)。

――今、何かハマっていることは?
多趣味すぎて、趣味を断捨離したいのですが(笑)、今ぱっと思いつくのは漫画を読むのが大好きなので新刊をローリングして買い漁って作家さん、レーベルさん、テーマ毎に分けて考察する事…ですかね(笑)。マルチタスクが好きなので、その間好きな音楽やBLCDを聴きながらゲームをしながら…と集中してるのか定かではありませんが(笑)。

――BL作家になったきっかけを聞かせてください
これはあるアニメがきっかけです。スケートしちゃう感じの…(笑)。それまでは大好きなバンドがいて、その人たちの絵を落書きしたりする程度でしか絵を描いていなかったので漫画をちゃんと描いたのはそこが初めてです。

ただ漫画を読むことはずっと大好きだったので、小さい頃からずっと読んでました。実家も今の家も底が抜けると言われるほど本はあります…。BLにハマったのは海外で暮らしていた先でLGBTに詳しくなってからだと思います。向こうでお母さんとお父さんに当たる人たちがゲイだったので、毎日“Be gay! Be gay!”って言われてました(笑)。

それでBLにハマったというより、世界を知った感じでした。色んな考え、思いを持ってる人がいるんだなぁと。貴重な体験をさせていただきました。

――発売に関して今のお気持ちはいかがでしょう?
紙媒体では少し前にまとめて貰ってるのでまた違った心地ですが、電子の形でもまとめてもらえて嬉しいです。紙で出してもらえるってなった時は魔の5ヶ月間くらいを過ごしたのですが(嬉しすぎるのと緊張と恥)、電子で出していただける今は、さらに変な緊張をしてます(笑)。紙の方には和葉の過去が入った描き下ろしがあるのですが、電子ではそれが入らないので他の形で楽しんで頂きたいと思って20P頂きました。これまたページが足りなくて色々大変でしたが、少しでも違った姿を見せたかったので満足です…!


――ちるちるユーザーにメッセージをどうぞ!
このようなインタビューの機会を頂けて大変嬉しく思っております。読んでくださってありがとうございます…! オメガバースの世界のお話でしたが、それに縛られながらも自分にとっての幸せとはなんなのかと成長しながら頑張っていく李加たちを楽しんでもらえればと思います。脇道に逸れすぎていらないことばかり言っていて、ちゃんと答えられたか甚だ疑問ですが、すごく楽しんで描いたということが少しでも伝わっていれば嬉しいです…! 少しでも心に残る物になれていますように…。

担当編集より
Arinco先生のデビュー作『噛み痕から、初恋』は、それぞれのキャラクターの初恋にまつわるエピソードがぎゅっと詰まった一冊です。
冒頭はハードなシーンから始まりますが、自身の辛い過去をも必死に乗り越える李加の強さと、真っすぐ想いを伝えて懸命に助けてくれる和葉の(李加限定の)激愛っぷりを是非ご堪能ください。
担当としましては2話後半で発情(ヒート)と願望を必死に堪える「無理だ…」の李加と、6話Hシーンでの「おいし…李加…」の和葉が大のお気に入りシーンです…!

そして先生が作中こっそり忍ばせた、和葉→李加だけの“ある特権”も探してみて頂けたら嬉しいです…♪
連載当初は貴重な先生のデビュー作、悔いのないように描ききって頂くことと、和葉の泣きぼくろチェック!を特に意識してました。
個人的にも何度も読み返す思い出たくさんの作品ですが、少しでも楽しんで頂けましたら本望です。

 

コミックス『噛み痕から、初恋【電子限定描き下ろし20ページ付き】

 

電子単行本には特別描き下ろし漫画が20ページ掲載!
李加と和葉のその後をお楽しみください…♪

 

その他情報

 

電子配信では同級生α三人(鳴、宗吾、雅)のスピンオフも連載頂きました!
コミックシーモアRenta!

紙コミックス情報はコチラからご確認ください。

 

ちるちるユーザーサイン色紙プレゼント

 

発売を記念して、直筆イラスト入りサイン色紙をちるちるユーザーにプレゼント! 以下のボタンよりご応募ください!

直筆イラスト入りサイン色紙プレゼント応募

 

(C)Arinco/Boysfan

関連作家・声優

コメント2

投稿順|最新順

噛み痕から、初恋は、シーモアの読み放題で読んで大好きになりました。ストーリーも好きですが、なんといってもArinco先生の絵が好みです。
次の作品も是非オメガバースを書いていただきたいと思います。

オメガバの実は運命の番だった展開は読み過ぎて飽きてきていたので
こういうハラハラから始まる展開新鮮で楽しみです~
受がちゃんと男子なのも嬉しい!

PAGE TOP