つけて…たくさん…お前のだって しるし

噛み痕から、初恋

kamiato kara hatsukoi

噛み痕から、初恋
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神13
  • 萌×210
  • 萌8
  • 中立3
  • しゅみじゃない8

--

レビュー数
8
得点
132
評価数
42
平均
3.4 / 5
神率
31%
著者
Arinco 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
リブレ
レーベル
ビーボーイコミックスDX
発売日
価格
¥660(税抜)  
ISBN
9784799744291

あらすじ

過去にレイプされ、顔も知らないαに首を噛まれて番になってしまったΩ・李加(りか)。
そのせいで恋人さえ作れないのに、発情期には疼く体…。
李加はそんなΩの体質を呪いながら、必死にαのフリをすることで何とか平穏な大学生活を送っていた。
しかしある日、予期せぬ発情で襲われそうになった李加の前に転入生のα・和葉(かずは)が現れた。
どこか身に覚えのある香りを纏う彼は‟自分が李加の番だ"と告白してきて――!?
大量描き下ろし16pは恋人同士のパフュームエッチ

表題作噛み痕から、初恋

椎奈和葉、李加の番、大学生
兎月李加、Ωであることを隠して生活している大学生

その他の収録作品

  • オメガバースの世界
  • きみを見つけるまで
  • 「噛み痕から、初恋」相関図(カバー下)
  • あとがき・四コマ漫画(カバー下)

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数8

はまりませんでした…

正直にあまり良いとは言えませんでした…
絵の動きが固く、上手とは言えず当て馬役がかなり適当に扱われているイメージでした。ストーリーも一見複雑そうにしていますが、丁寧なそれぞれの心情描写がないため深くまで入り込めず、浅いストーリーだなと感じました。

1

はまりませんでした

絵柄があまり安定しておらず、あまり集中できませんでした。
内容も走り気味というか……ひとつひとつのエピソードの重みを感じられませんでした。確かに重い内容なのにそれぞれの描写が薄い気がします。
登場人物も全体的になんだか都合が良い人間ばかりで始終中途半端な印象を受けました。

1

ごめんなさい。恨み節。

ピッコマで読みました。
感想、、、以前になんで途中で終わらせるの!!??
課金してまでなんで途中止め!!??最後まで読みたいから課金したのに!!
「あれ?この作者さんは超遅筆な人?」と思いながら延々何カ月も毎日ジリジリ待ってたのに!
たまたまこちらのレビューを見たら……とっくに終わってんじゃん!!!!!しかもその後もあるらしい!!!ラブラブらしい!!
何でよ!
信じらんない…ずっと2人が幸せになるのを待ってたのに、、
絵柄もストーリーも好みで幸せになる2人が見たかったから課金読みしたのに、、

更新しない作品をアホみたいにずっと待ってた恨み&そんなものに課金した後悔で紙媒体は買わない。恨む…。
ピッコマって本当に連載稼働中のものも、完結してるものも、連載凍結のものも「連載中」になっていたりするから見分けられない;
中途半端切れだと分かってたら絶対に課金しなかった。

でも作品には凄く惹きつけられました。2人が幸せになるのを見たかった…。

0

罪ほろぼしか‥そこに愛はあるのか

オメガバース作品との事で手に取りました。
なかなか、目を引く表紙で心奪われます。
顔半分、首根っこ引っ掴まれてるのが受けのリカくん、バックハグして押さえ込んでるのが攻めの和葉くんですが、何とも美しい!
目の下のホクロがたまらんです!!
デビュー作品とのことですがキレイな絵柄でビックリ!です。

それだけでも充分、読んで満足ではあるのですが、お話としては少し幼かったかな〰っと。
まず、めちゃくちゃ努力して大学に入ったリカくんなんですけど、Ωの性質を思うと流石に厳しいでしょ、αとまで偽らんでもβくらいに言っとけばいいのに。
マジにいいお友達3人なんだけど、ホントに大事なお友達ならば内緒にしていて、危険に晒すなんて論外!
Ω性を軽く見すぎでしょうっというかリカくんのように大変な運命のなかにあってもΩ性に負けずに頑張るΩって設定は多いのですが、ある意味無謀でしょっっ!てツッコミ入れたくなってしまう‥頑張ってるのは分かるんだけど自分で自分を危険に晒してんじゃん!
大体、突然発情したり、思わぬところでフェロモンでちゃったり‥でモブαに見つかり襲われ‥ほら言わんこっちゃない‥
まあ、それがないと攻めのヒーロー君が成り立ちませんので仕方ないんだけど‥。
ヤバイ‥ぼちぼちオメガバース読みすぎて色々、毎度すぎてちゃちゃ入れたくなってきてるかも‥。

それでも、読まずにはいられない‥中毒性のあるオメガバースにどハマりした私自身が悪いのだ‥。
結局、オメガバース作品として面白く読まして頂きました。

和葉くんが、リカくんを思うのは罪ほろぼしからか、愛ゆえなのか‥
皆さんはどう思われますか?
オメガバースでなければありえない感情を独自に考察して欲しい。



1

罪を背負って 幸せになって

過去を後悔し一途に番を思い続けているαの和葉と、同じΩからの嫉妬心により無理やり番わされてしまい1人で生きていこうと決めたΩの李加。
罪悪感と後悔を抱きながら、ずっと李加を探し続けていた和葉。意図的な事故とは言え、犯して無理やり番ってしまったことを引きずりながら執念で探す健気さに好感が持てましたが、むしろ番ってだけて惹かれているのかなと少し思ってしまうくらいに、恋愛感情に対しての描写は私には少し少なく感じました。もっとそこが読みたかったです。
αと偽りながら生きてきたΩの李加は、執着する和葉に戸惑いつつも、優しさや一途に向けてくれる思いを感じて好きになっていったんだとは思いますが、彼も、惚れるスピードが早かったかなと少し思いました。

意図的な事故を起こしたΩの祥太は、悪い事をしましたが、でも正直、自分の好きな人が、魂の番を見つけてしまったら…どんな行動に自分は出るかなと考え、思っちゃいけないかもしれないけど、少しだけ共感しました。祥太には、罪は背負ってそれなりの罰は受けてほしいですが、たくさん苦しんで悩んだと思うので、幸せになってほしいです。

2

その後が気になりました

李加は嫉妬したオメガの罠にかかって、顔も知らないアルファにレイプされて番にされてしまいます。私立中学を自主退学させられるんです。中学生の時っていうのにびっくりしました。

それからは勉強を頑張って名門大学の法学部に進み、友人も出来てアルファと偽って生活しています。

ヒートが始まってバイトの早退途中に、アルファに襲われているのを助けたのが番の椎奈でした。

中学生だったので何も教えて貰えず忘れるように言われた椎奈は、ずっと李加を探していて同じ大学に転入して来ます。
李加は拒絶しますがもう傷付けないと守るんです。健気です。

そんな時に同じ中学だったというアルファが運命の番だと現れます。
嫉妬したオメガは彼の幼馴染で交際相手でした。幼馴染のした事を謝り李加と番になりたいと言われます。
またその幼馴染も李加の前に現れて土下座して、番になって欲しいと謝るんです。

そこで李加は運命の番とは何か?椎奈の存在について考えるんです。

思いが通じあった李加と椎奈の今後と、幼馴染カップルの2人がどうなったのかが気になるので番外編でも良いから読みたいです。

2

屈辱を味わったΩに切なさ満載

中学時代、他人の故意によって発情誘発され、
αに犯されそのまま噛まれ番になってしまった李加が大学生になってからのお話。

αと偽って生活している李加の前に
番の和葉が現れる。

和葉が李加をすごく大事にしてくれてるのに癒されつつも
中学時代理性も無いうちに一方的に番ってしまった事への
罪悪感からなのかなぁと心配して読み進めてましたが
李加を噛んでしまってからの回想シーンでは切なくなりつつも
和葉の想いにホッとさせられました。

運命の番登場や、αと偽っていた友人たちにΩとバレたり
なかなかガッツリオメガバースを堪能できました♡
友人たちのスピンオフがあるそうなのでそちらも楽しみです!

4

オメガバースならではの「切なさ」と「萌え」が詰まってる。

電子ですでに全話読んでいて、コミックス化されたら買う、と決めていた作品。この作品がデビュー作とのことですが、絵柄もストーリー展開も非常にお上手な作家さまでちょっとびっくりしました。

ネタバレ含んでいます。ご注意ください。






主人公はリカ。
αの大学生…、を装っているが、実はリカはΩ。

彼がΩであることをひた隠しにしているのには理由がある。

彼は中学生の時にαにレイプされ、その時に首を噛まれてしまった。
そのため、そのレイプ犯と「番」になってしまったのだ。

「番」がいるリカには恋人は作れない。
Ωである以上、発情期もある。
首にはくっきり噛み痕が残されている。

αからは性的な目で見られ、侮蔑的な言葉を言われ、そのため自分を守るためにΩであることを隠しαを装い生きてきた。

顔も知らないαにレイプされた自分を恨みながら。

そんなある日、突発的に起きてしまった発情期のせいで複数のαに襲われる。必死で抵抗するリカだけれど、そんなリカを助けてくれたのはかつて自分をレイプしたαでー。

というお話。

オメガバースものは作家さまによって設定が若干異なりますが、この作品はΩは侮蔑の対象となっています。大学の友人たちはみんなαですが、彼らでさえΩを侮辱するような発言を発します。

リカは自分を守るために努力を惜しまない。
かつてαにレイプされたときも、αがΩの発情期に充てられた「被害者」であり、誘発したリカが悪者になってしまった。

世界のすべてを信じられず、だれを頼ることもできず、ずっと孤独に自分一人の力で生きてきた「リカ」という男の子が非常に健気で思わず涙腺が緩みました。

一方のリカをレイプしたα・椎奈。
リカの回想シーンでは外道な人物として描かれていますが、彼がリカをレイプするに至った経緯というのがかなり切ないです。

リカがαにレイプされることになった理由。それは一人の友人による策略でした。
ネタバレになってしまうので詳細は書きませんが、この設定がね、非常にお上手。

レイプさせた「犯人」の動機は非常に自己中心的なものですが、きちんと落としどころがあるので読後はすっきりします。

Arincoさんは非常にきれいな絵柄を描かれる作家さまですが、ちょっと描き分けが甘い、というか。序盤、登場人物たちの見分けがつきづらく、そのため話を理解するのに何度か読み返したりしました。

が、いったんこの世界観に入り込めると、そのあとはスルスル~と一気にテンションを持っていかれます。ストーリー展開、登場人物たち、そして発想が非常に魅力的なんです。「オメガバース」というバックボーンが上手に生かされています。

オメガバースものだから、でしょうか、エロ度はやや高めです。

が、椎奈のリカを想う愛情が深く、二度ととリカを傷つけないという彼の覚悟が非常に男前。それゆえに愛情に満ちた濡れ場が多く、温かい気持ちになれます。

リカ(=Ω)が、複数のαに襲われる、といった描写も多いので、苦手な方は注意が必要です。ただ、実際にレイプにまで至るのは椎奈くんだけ。モブ姦はないのでその点は安心かもです。

しいて言うと、椎奈くんがリカを追い続けたのは愛情からではなく贖罪の気持ちからでは?と、その点が気になりました。リカと再会して、そこから愛情が育っていく、といった展開の方が自然だったようにも思うのですが、それを遥かに上回る椎奈くんのリカへの愛情に萌え心を持っていかれてしまいました。

この作品は電子ではすでにスピンオフ作品が単話で刊行されています。

リカの大学のαの友人たちのお話。

そちらも途中までは読んでいますが、早く紙媒体で発売してほしいな。
あと、リカを襲わせた友人と、彼の元恋人くんの(今は恋人に戻ってるのかな?)のお話も読んでみたいです。

コミックス化されるにあたり、16Pの描き下ろしも収録されています。
タイトルは「きみを見つけるまで」。
椎奈くん視点のお話です。

リカをレイプしてしまったあと。
後悔し、リカに謝罪したいと願う椎奈くんだけれど、法はαの味方。被害者であるはずのリカではなく、αの自分だけが優遇される。

リカを見つけ出したい。
見つけて守ってあげたい。

そんな椎奈くんの過去の回想と、無事恋人同士になれた現在のお話が交差しています。

恋人になり、ラブラブなセックスシーンを堪能できる描き下ろしではありますが、個人的には椎奈くんの過去編に萌えが滾りました。

つらい過去はあったけれど、椎奈くん、そしてリカの2人の努力により、今の幸せがある。
ずっとずーっと幸せでいてほしいと願ってやみません。

評価で悩みましたが、この作品がデビュー作ということでちょっとおまけして「神」で。

次回作も楽しみに待っていようと思います。

14

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ