「ごめん、お前を手放せなくなっちゃった」

Kiss me crying

Kiss me crying
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神24
  • 萌×215
  • 萌8
  • 中立9
  • しゅみじゃない7

--

レビュー数
9
得点
213
評価数
63
平均
3.6 / 5
神率
38.1%
著者
Arinco 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
リブレ
レーベル
ビーボーイコミックスDX
発売日
電子発売日
ISBN
9784799751305

あらすじ

芸能事務所に在籍中の乃亜は、“何か”が足りないと言われ続け、鳴かず飛ばずの冴えない日々。引退を考え始めたその時、事務所の意向でかつて伝説と呼ばれた韓国アイドルのJと、1年限定でユニットデビューすることに! 乃亜の混乱をよそに、マイペースなJとの同居生活がスタートするが?匂わせ上等!韓×日アイドルの舞台裏♥

表題作Kiss me crying

J(スヒョン),人気韓国アイドルグループの元メンバー
乃亜,無名の新人アイドル

その他の収録作品

  • Kiss me smiling
  • 6話あたりのふたり(カバー下漫画)
  • あとがき

レビュー投稿数9

Arincoさん3冊目も最高

よく広告で見かけていた。これまでに出会ったことのない設定で、ずっと気になっていた。
絵がとにかく綺麗で、ストーリー重視な展開が最後まで引き込まれる。綺麗だからエッチなシーンもドキドキしました!終始、Jの美人さに惹かれてしまう主人公の気持ちが分かります(笑)
国と言葉が違うから、母国語で話されると何を言ってるのか分からなくてモヤモヤする感じがニヤニヤが止まら無かったですね。
この漫画、大好きです。
自分の中でなかなかの神作となりました。

5

韓×日のアイドルもの

アイドルものってキラキラしていて、華やかで良いですよね。読んでいて目が楽しい。
アイドルや芸能界を描いた作品も多く見られるようになった昨今。しかしながら、よく見かけるのは日本人同士のアイドルグループが多いかなと思います。
こちらの作品は、兵役帰りの元人気韓国人アイドル×アイドルのたまごな日本人の組み合わせというなかなか珍しい設定でした。
国籍もアイドルとしての経験値も違う2人が、期間限定2人アイドルグループとしてデビューすることとなるお話なのですが…

まずは、やはり上記の通りあまり見かけない設定が面白いです。
知名度も人気も高い異国のアイドル・Jと、なかなか芽が出ずにいた無名の新人アイドル・乃亜が1年間ユニットを組む。
これだけでも十分に面白そうだというのに、日本での生活に不慣れなJのためにと、2人で同居をすることになる。
元々Jは知名度の高いアイドルなので、それゆえの個々の人気の格差や、Jのファンからなかなか認めてもらえないことに乃亜が苦しんだり、逆に期待値が高いことに苦悩するJがいたりと、定番なところもややありつつ、アイドルユニットとしての成長と共に2人の距離の縮まりが描かれています。
生活能力がないJに対して、しっかりとしている乃亜だとか、一生懸命必死に頑張る乃亜や、乃亜に甘えるJだとか、ツボに入る部分もありました。

が、ですよ。
どの性描写も唐突な気がしてしまって、なんだか集中出来ず。導入から「なんでそうなったの?」となってしまうような、とって付けた感があったのが残念。
絵柄もキャラクターデザインも設定も魅力的なだけにこれは惜しかった。どちらかというと性描写よりも、もう少し2人の内面部分が丁寧に描かれたものが読みたかったですね。
中立と迷い、甘えたなJが可愛らしかったので今回はこちらの評価で。

4

キラキラしてたけど…

私的にはあまり萌えられず「噛み痕から、初恋」の方が好みでした。


最近ではアイドルBL増えましたよね。特に推しのアイドルが居なくても、アイドル好きな人ならたまらなく面白いのだろうなと想像しながら読んでます。

今回のこの作品も帯の惹き句とキラキラしたカバー表紙に惹かれて購入しました。
無表情で一見何を考えてるか分からないJと、生真面目で一生懸命で素直な乃亜がとても魅力的でした。とくに初のライブでJが乃亜のお尻をムギュってしたシーンとか好きでした。

でも乃亜がドラマの共演者に閉じ込められてライブに遅れそうになったりとか、萌えそうな事件など沢山あったんです。でも萌え切れなかったんです。

結構な厚さがあるにも関わらず、あまり印象に残らない作品でした。せっかくのアイドルものだからもっと萌えを追求して欲しかったです。

それからとても綺麗な絵なんですが、横顔のバランスがたまにおかしいんですよね。気になってしまいました。

1

設定とか絵は良いのですが...

設定まで絵も凄く好みだったので発売前から購入を決めていました。

実際購入して読み終えて思った事は、既にレビューにもあるようにちょっと置いてきぼり感を感じました。

Jが1番と言うことに孤独と不安を感じていたところ、何故かドラマの脇役に出ていた乃亜に惹かれた。隠れている色気を自分が引き出してやりたいと思った。ここまでは、まぁ、勘みたいなものかな?と、思いました。
でも、実際に共同生活を始めて、恋愛感情に至るまでが全然分からなかったです。
乃亜の純粋で真っ直ぐで努力も惜しまない頑張り屋というだけで、長年の1番は怖い、だから2番が良いという考えを覆し、独占欲のある恋愛感情になるのか?Jの周りにはそういう風な人、今までに誰一人いなかったということか?彼の背景もいまいちよく分からなかった。(とにかく、孤独だったという設定だけは分かりましたが)少し、惹かれてる場面なんだろうなというのはありましたが、個人的には然程大きく人の恐怖としてある気持ちを覆す程には感じなくて...
多分、その間にJが乃亜に恋に落ちる過程が沢山あったと思うのですが、そこがあまり描かれてなく、しかも先に性的な行為に入るわけで...ちょっと自分の中の処理が間に合いませんでした。
「ん?私は何か読み取れなかった?」と、思って、2周しましたが、やはり分からなかったです。むしろますます分からなくなりました。
Jはどこでどう言う変化があって、乃亜に独占欲が生まれるまで好きになったのか...
無表情キャラで分かりにくく、私の読み込みが甘かったのかもしれませんが...

設定や絵は素晴らしいのですが、最後のJの乃亜の1番が良いと思うまでの感情の変化が殆ど分からず、自分が1番盛り上がるシーンでぽつーんと置いてきぼりな気持ちになってしまいました。ここ、多分途中のJの感情の動きや変化が分かれば凄く感動したと思います。
でも、何度も言いますが、設定も絵も素晴らしいので、ここは続編なども出していただいて、前グループの時のJから、JINにおいえのJの乃亜への読者へ見える感情の変化を描いていただけたらなと思います。そうして、読み直せばJの乃亜への告白も感動倍になると思います。
そして、出来ればJINのその後も読みたいです。

1

眼福なキラキラアイドル

キラキラなアイドルの世界、
でも当然そこに辿り着くまではツラい下積みがあり
いくら努力しても芽がでないこともあり…
鳴かず飛ばずの日々を過ごしていた乃亜に
超人気韓国アイドル・Jとのユニットデビューという大きな転機が訪れる、というところからはじまるアイドルふたりのお話でした。

アイドル同士で共同生活をしていて、そこから恋が芽生えるような展開に目新しさはなかったけど
恋のお相手が韓国アイドルというのが珍しいですよね。

ところどころにハングルを入れたり、兵役のことを盛り込んであったりで"韓国"を意識することは出来たけど
"アイドル"としてはどうなのかな?という点も。
わりと冒頭の部分ですがグループで活動していたのに何故自分とユニットを組むのか?と乃亜が社長に聞いたとき、社長は
「兵役行く前にやめてきてるんだよ」なんてさらーっと言っているのが違和感でしかなくて、そんな無責任なことあるかな?と。
それが「何をしててもひとりだと思っていた」というJの心の闇の部分に繋がっているというのはわかるのですが、なんだかモヤッとしてしまいました。

乃亜の頑張り屋さんなところはすごく可愛かったし、Jのナチュラルにキラキラなところはすごくかっこよくて
アイドルらしさがよく表現されていたと思うけど、色々とエピソードが盛りだくさんで
そのぶん内容が薄かったかな、という気がしました。
Jほど人気があるのに除隊したのを知られていないなんてあり得なくて
そういう細かいところが気になってしまったのが残念でした。

0

んー。

作家買い。
Arincoさんの新刊はアイドルもの。Arincoさんの絵柄ってちょっとキラキラしてるっていうのかな。そういう絵柄なのでアイドルものってぴったりだなーと思いつつ手に取りました。







主人公は売れないアイドルの乃亜。
そんな彼はある日事務所に来るように言われる。事務所に赴いた乃亜は、人気韓国アイドルグループの元メンバーの「J」と1年の期間限定でユニットを組むように言われー?

というお話。

いまいちパッとしない乃亜。
片や伝説のアイドルとも言われたJ。
その二人が同居しながら期間限定ではあるもののユニットを組む。

んー。
んんー。
正直ありきたりなストーリー展開だなというのが読後の感想。
王道の展開であるがゆえに、キャラとか彼らの恋が育っていく過程がキモになると思うのだけれど、そこも今一つ描き込まれておらず話が薄っぺらい。

序盤、Jが乃亜の魅力がいまいち出ないのは色気が足りないから、という理由から乃亜に性的に触るシーンがあります。これをきっかけに、彼らは性的な関係を日常的に及ぶことになるのですが、これにも正直「?」となりました。

いやいやいや。
なんで?

綺麗な男の子たちが、性的な接触をする。
そのシーンはてんこ盛りでしたが、肝心のストーリーは掘り下げられていないために、そのエロも上滑りしてる感が半端なかった。Jはずっと乃亜のことが気になっていたのだろうとわかる描写もあるのですが、その心理描写があっさりしているためにエロに特化してしまった感じ。

それとごめんなさい。
Jがハングルで話すシーンがあるのですが、そのどれもが簡単な言葉なんですよね。その言葉、ハングルで話す必要ある?とすごく気になりました。難しい言葉の方がとっさに日本語が出てこなくてハングルになることはあっても、簡単な言葉は日本語でも言えるよねえ…。Jが韓国人だという、その演出としてハングルを用いてるのかなあ。

痛い展開になることもなく、綺麗な男の子たちのイチャコラも満載で、そういうものが読みたいときにはお勧めな作品かと思いますが、個人的にはもう少ししっかりストーリーが練られているものが好きなこともあって今一つ萌えツボに刺さらない作品でした。そこそこ厚さのある作品なのですが、この厚さに見合った内容だったか…、と問われると答えは否な気がします。

低評価でごめんなさい。
次回作に期待。

19

とある韓国アイドルのオタクが読んだ感想

10年以上韓国アイドルのオタクをしています。

とにかく設定が気になったのと、ありんこ先生の作品も読んだことがあったので迷わず購入しました。
ーーーー

どのコマもとにかくお顔がかっこよく描かれており、アイドルのキラキラした感じを存分に楽しむことができました。
韓国アイドルを感じながら商業作品を読めたことも、私としてはいいスパイスになりました!


ただ、他の方も仰られていますように、
性行為に至るまでがあまりにもあっけなく、読者置いてけぼり感が否めないところが残念でした。

もともと2人ともゲイだった、みたいな描写や過去があったほうがまだ入り込めたのかな……。と思ったり思わなかったり。

設定がとても魅力的なので、もっと2人の背景を掘り下げた展開がほしかったです。

ーーーーーー
あれこれ言いましたが、
何も考えずにイケメンなエロを摂取できる作品になっておりまして、先生のこだわりを感じました。一重なスヒョン氏かっこいいい!!!!こんな2人がいたらペンになっちゃいますね。



4

物足りないーー!!!

絵が最高なんですけど、正直萌えが圧倒的不足でした。
面白そうなストーリーの進め方だとは思ったんですけど、マジでトキメキがない!!好きになる理由もイマイチで、エロもまあまあくらいで、ほんとん微妙でした。
ただ、ほんとにこの絵柄がすごく可愛いし、イケメンだし、最高なんです!萌えのみどうかしてくれれば神でした!私が思うに、攻め、受け、どちらも愛情表現不足、照れ不足、攻めの男らしさ不足、が萌え不足の要因だと考えます!受けは、満点で合格でした!笑

1

ん?

絵が少女漫画っぽくて綺麗ですね。アイドルのキラキラした感じがぴったり!
韓国で人気のあったアイドルと日本人のイマイチ売れないアイドルがユニットを組むと言う設定は、とても今っぽくてワクワクしました。日本の生活に不慣れだから共同生活をすると言う設定も個人的には好きです。
ただ、Jは乃亜のドラマを見て、一目惚れして乃亜と組みたい!と日本にやってきたのかと思ったら、そうじゃないんですね。もっと純粋にプロデューサー的な視点から乃亜の魅力を自分ならもっと上手く引き出せる!と思ってやってきたってこと?乃亜に色気を出す訓練をした後、乃亜が「自分ばっかり気持ちよくなるのは悪いから」とJのを触ろうとしたら勃ってなかったことに、乃亜より大きく「えっ?!」って言ってしまいました。

バラエティー番組で乃亜が他のタレントさんと話してJの活躍を見てなかった時Jが乃亜によそ見しちゃダメ!って言ったり、握手会で乃亜の列がもう無くなってたらJが並んで好きって言うシーンは少女漫画を読んでるみたいできゅん♥️としました。そんな優しい彼が乃亜の言動に嫉妬して致したことはちょっと引いちゃいました。

1巻で完結だから仕方ないけど、甘えたになっていくJをもっともっと詳しく見たかったです。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う