作家インタビュー

BLニュースは標準ブラウザ非対応となりました。Google Chromeなど別のブラウザからご覧ください。

 大徳寺キサラ先生 インタビュー

2014/01/10 17:19

小説『星降る夜に恋をして』(心交社)1月10日発売
男前大学生×健気高校生! 大徳寺キサラ先生の新刊は、1月10日に心交社「ショコラ文庫」からリリースの『星降る夜に恋をして』。家庭教師の大学生、七瀬に憧れる主人公の優。七瀬への思いが恋に変わろうとするころ、突然彼とのつながりが断たれる。優はなんとか七瀬と会おうとするものの……。優の思いは遂げられるのか!? 七瀬の男前ぶりは発揮されるのか……?? それでは「801 AUTHORS 108」265回目のゲスト、大徳寺キサラ先生どうぞ!

Q. 新刊の紹介をお願いします!
今作は、星空と共に始まる恋物語です。
一緒にいるだけで心まで温まるような兄の友人七瀬に恋をした主人公の優クン。好きという気持ちは、記憶の底に押し込められていた無意識が成した悪戯なのか、それとも新たな道しるべなのか。普通の幸せな子と思いきや、実は……。優クンの過去にまつわる物語に七瀬が絡んできます。

Q. メインカップルはどんな攻×受ですか?
受の優クンはちょっと病弱で健気な高校生。攻の七瀬はどんな時でも守ってくれそうな男前の大学生です。

Q. 当て馬や重要な脇役は?
弟をイジっては楽しんでいる次兄の楓太が、優クンと七瀬の仲をイイ感じで掻き回してくれます。

Q. 今作のこだわりポイントはどのあたりでしょう?
主人公をとりまく夏川家の家族愛でしょうか。お父さんやお兄さんが末っ子優クンを可愛がる可愛がる。誰かを守ろうと思った時に、人って一番力を出せるものなんだと思います。

Q. 苦労した点、また楽しかった点など聞かせてください!
全体的に楽しく書けました。苦労したのは、攻の七瀬が良い人過ぎて、クセがあまり無かったことでしょうか。もっと、心の底から愛を叫べと、何度じれったくなったことか……。

Q. 今作にまつわる裏話ってありますか?
受の優クンは黒と青の瞳のオッドアイです。日本人の天然オッドアイって結構いるみたいですよ。調べてみてびっくりしました。東北の方に多いんですって。不思議! 黒と青の瞳ってとっても綺麗です。

Q. 執筆中の、思い出に残る日常エピソードをご披露お願いします!
友人(同性)とドイツ村にイルミネーションを見に行ったときに思いついた物語でした。周りはカップルばかりで、「こんなロマンチックな場所に、なんでコイツと来ちまったんだ」と、友人も私と同時に思ったのだとか。

Q. 今、何かハマっていることは?
ラベルに誘われて初めて買ってしまったボジョレーヌーボー。お酒はたしなむ程度なのですが、ワインの美味しさにこれからハマってしまいそうです。

Q. 発売前の今のお気持ちはいかがでしょう?
嬉しくて、ワクワクしております。担当様にイラストの七海先生。そのほかの関わって下さった方々のおかげだと、心から感謝しております。

Q. ちるちるユーザーにメッセージをどうぞ!
はじめまして。大徳寺キサラです。ここまでお読みいただき有難うございました。
今作は、純粋で心まで綺麗になれるような恋話を目指しました。この本が、皆さまの心を少しでも和ませることが出来ましたら幸いです。これからも、どうぞよろしくお願い致します。

担当編集より
今回のお話は、健気だけど頑固な青年・優と、寡黙な青年・七瀬のセンシティブ・スローラブです。
恋愛はもちろん、家族愛も見所です! 優を取り巻く人間のなんと温かいこと。七瀬も家族も優を守りたくて必死で、それゆえケンカしたり、すれ違ってしまったり…。
みんなに守られている優、あまちゃんですが一度覚悟を決めると強いです。七瀬に押して押して押しまくります(笑)。ある意味七瀬より男らしいかも!?
ただ、相手を想いあう気持ちは互いに負けていません。じれったいほどの純愛をお楽しみください!

七海先生の可愛い優&かっこいい七瀬の綺麗な表紙が目印です★
大徳寺先生もお気に入りの次兄・楓太も本文イラストで登場します! すっごくかっこいいので、そちらもぜひお楽しみくださいませ。

特典情報
封入ペーパー
コミコミスタジオ限定:描き下ろしSSペーパー

(c)大徳寺キサラ/七海/心交社

関連作家・声優

PAGE TOP