BLニュース

BLニュースは標準ブラウザ非対応となりました。Google Chromeなど別のブラウザからご覧ください。

読んだ後はヒヤッとするかも!? オカルトBL小説 5選

2016/08/14 07:23

2018/03/01 07:23

最後までドキドキしながら読めるはず!

6月に、オカルトBLをテーマに、コミックスから5作品紹介しました。今回は同じテーマで、小説から5作品をご紹介します。
コミックス編よりもホラー色が強いかもしれません!

『ヘブンノウズ』著者:英田サキ/イラスト:奈良千春
ストーリー
「私はね、君の絵に恋をしたんだ」
ベストセラー作家の渋澤征武と知り合ったその日、旭はそう告げられた。半年前にある事件で母を亡くし、ショックから言葉を失った幼い弟と暮らしている旭は、もしあの日、もしあの時…… そんな後悔に囚われて毎日を送っていた。けれど、渋澤に会った日から、すべてが変わり始めた! 恋人は作らない主義と宣言する渋澤、男女問わず恋をする薫、執事の宇喜田を始め、個性豊かな渋澤邸の住人たちに、最初は反感を覚えた旭だったけれども!?

ミステリーと心霊が絡んだBLのシリーズ作品。全部で4作あり既に完結を迎えています。シリーズ第4巻の発売にあたって英田サキ先生のインタビュー記事もあるので、気になった方は読んでみてはいかがでしょうか。

レビュー
Heaven knows(神のみぞ知る)というタイトル通り、
どうにもならない運命や、それでも生きていく人々の姿が描かれます。
…と言ってもそれほどシリアスでなく、コージー・ミステリ(サスペンス?)という言葉が似合う、とても穏やかに進む物語です。―――Krovopizzaさん

ミステリーとしての謎解きは早々に分かってしまいますが、このお話のもう一つの大きな柱である霊的現象と絡めて話が進んでいくので非常に楽しく読めました。―――ポッチさん


『守護者がめざめる逢魔が時』著者:神奈木智/イラスト:みずかねりょう
ストーリー
一週間以内に、屋敷に取り憑いた怨霊を祓え──高額の報酬に釣られ、胡散臭いバイトを受けてしまった大学生の清芽(せいが)。街中で偶然怪我をさせた男・凱斗(がいと)に同行を頼まれてしまったのだ。ところが訪れた屋敷には、若く有能な霊能力者達が勢揃い!! 霊感の欠片もないのに、あるフリなんかできるのか!? 不安に駆られる清芽に、凱斗は「俺が選んだのはおまえだ」となぜか謎めいた言葉を囁いてきて!?

ストーリーだけでなく、登場してくるキャラクター達も魅力的! 人気シリーズ作品で、最新刊である4巻になってもホラーは健在です。怖い! というレビューもかなりあるので、ホラーが苦手な方はご注意ください。

レビュー
ホラーミステリーなストーリーで、ドキドキハラハラして一気に読めました。
最近ガッツリしたBLに食傷気味だったので、Hは少なめだったけど攻めの凱斗のさりげない行動に愛情が見えたり、清芽が急速に凱斗を意識して行くのがもう十分にキュンときました。―――目薬さん

しかもBL設定だけでなく、話自体が面白い!
飽きることなくテンポよく進んでいき、しかも先が読めない展開です。
ぜひ続編を期待したい作品です!―――窓さん


『不確かな抱擁』著者:夜光花/イラスト:雪舟薫
ストーリー
変わりたい―。
昔から、北斗の行く所には災いが起こる。
その為、接触嫌悪症を患った北斗は部屋に閉じこもりがちの生活を送っていた。
自分を取り巻く不思議な因縁はいったい何なのか…。
その原因を突き止めるため、北斗は母の故郷、八ツ島へ向かった。
七歳の頃その島で記憶を失ったのだ。
記憶をたどれば、どこへ行っても疫病神の自分を変えられるかもしれない。
しかし、そこで北斗を襲ったのは、再度の記憶喪失だった。
島に着いてからの記憶がない北斗の身体には、誰かと抱き合った後のような痕跡が残っていて…。
幾重にも折り重なる謎と屈折した人の感情が絡まりあう、エモーショナルラブストーリー。

ホラーテイストで、最後までドキドキしながら読むことができます。怖いけどエロさもしっかりあるという、満足できる作品です。

レビュー
超エロかった…。夜光花さんのせいでまた私、新しい趣味に目覚めようとしちゃってるのかしら。ああ、BLを読みはじめてからこっち、実体験のともなわない脳内経験値ばかりを増やし続けてる自分がコワイw―――むつこさん

雪舟薫先生の表紙に惹かれて購入しました。ホラーは苦手なんですが、怪奇ものは好きなので楽しく読むことが出来ました~。―――blacksimaさん

ちょっと怖いかも…と思いながら読んでました(^-^;
でも、BLでホラーっぽい内容が私の内臓をえぐったんですよねー(笑)―――ニノミィ617さん


『LOOP』著者:木原音瀬/イラスト:高宮東
ストーリー
幼い頃から州脇義国のなかには、"宮澤"という若い男がいた。宮澤は過去に愛した女への未練と想いを昇華できず、現世の自分(州脇)のなかにとどまっていたのだ。そんなある日、大学で知り合った英一が、宮澤の想い人・文の生まれ変わりであると気づき、宮澤は州脇に「一ヶ月だけ体を貸してくれ」と頼む。その日から、宮澤は有田英一に執拗につきまといはじめるが…。

輪廻転生モノのBL作品。最後までどこか不気味さが残るところに、木原先生の力量を感じます。

レビュー
木原先生の作品はBLってだけじゃなく設定もとてもおもしろいですよね~
自分の中にもう1人いるってどんな感じなんでしょうね。
でもこの宮澤さん、すごく怖かった…w―――Aliceさん

蝶の舞う白い打掛けに赤のコントラストの情景、eternalの先の見えない感じと、もう何とも言えない読後感がたまりません。―――くもとりさん


『水の底に眠る恋』著者:藤森ちひろ/イラスト:Ciel
ストーリー
「そろそろ私も、おまえの極上の蜜を味わうとしよう――」
幻想小説家の晶は、義兄の隼士をひそかに想っていた。
ある日、隼士の故郷へ同行した晶は、龍神が祀られた壊れた祠を見つける。
その夜、気づけば身体中に蛇が舐めるように這いまわり、味わったことのない快楽に嫌悪しつつも、身悶える晶。
いつしか隼士への恋情を重ね、体を弄られ犯される悦びに溺れていく。
しかもその蕩けきった痴態を隼士に見られて…!?
禁忌で淫靡な官能エロス綺譚!!

心霊現象に遭遇したり霊に憑りつかれたりと、少しオカルトっぽさがある切ないBL作品。

レビュー
ホラー要素とエロとラブとが
バランス良く盛り込まれた一冊かと思います。
毎回何かしらのオカルト現象に巻き込まれる
ラブラブ義兄弟~みたいな筋立てで
シリーズ化希望ですv ―――Krovopizzaさん


さいごに
ミステリーっぽさのあるBLからガチでホラーなBLまで、様々な作品がありました。心霊BLや怪奇BLなど、この季節にぴったり。暑い夏はオカルトBLを読んで涼しくなりましょう♪

関連作家・声優

PAGE TOP