本当の恋人に、なれますか?――

ヘブンノウズ 赦罪

heaven knows shazai

ヘブンノウズ 赦罪
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神30
  • 萌×216
  • 萌12
  • 中立2
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
15
得点
252
評価数
62
平均
4.1 / 5
神率
48.4%
著者
英田サキ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
奈良千春 
媒体
小説
出版社
大洋図書
レーベル
SHYノベルス
発売日
ISBN
9784813012719

あらすじ

ベストセラー作家の渋澤征武にイラストの才能を見いだされた千野旭は、
弟のミツルと渋澤の屋敷で暮らしている。
恋人はつくらない主義だと宣言している渋澤に恋した旭は、
身体だけの関係でもいいからと訴え、渋澤はそばにいることを許した。
渋澤がある過去に苦しんでいることを知った旭は、渋澤の力になりたい、
今は無理でもいつか本当の恋人になりたい、そう思っていた。
そんなとき、旭はかつて渋澤と寝ていた速水に怪我を負わせてしまう。
好きなのに、擦れ違っていく想いに旭は──!?

表題作ヘブンノウズ 赦罪

渋澤征武,34歳,人気ミステリー作家
千野旭,21歳,イラストレーター

その他の収録作品

  • あとがき

レビュー投稿数15

ホラーファンタジー

作品情報などあまり調べずに購入。英田サキさんだし面白いに決まってる!しかも奈良千春さんとのタッグのシリーズ。しかし今回は同レーベルの他作品と違い、警察・ヤクザ・麻薬など出てきません。ハードボイルド要素無し。ホラー・ミステリーというかファンタジー。表紙も全巻絵本みたいな雰囲気で素敵。
 
今作はシリーズ3作目。毎回ストーリーに関する幽霊が一回は出てくるのでホラー好きには嬉しい。ラブの面ではテンポが遅く今作でやっと主役カップルが結ばれます。あかずの間の伏線も回収。次作の最終巻ではいよいよ母親の事件の犯人とミツルの父親がわかるのかも。来週届くので楽しみです。

受けの旭は苦労人だけど意地っ張りで攻めの澁澤先生にそんな事言っちゃダメ!とハラハラしましたが、34歳×21歳のカップルなのでてんでお子様で何でも攻めにはお見通しだったみたいです。強情な所は毛を逆立てた猫みたいに可愛いと思われてたのかも。

しかし先生も難攻不落の攻めだったので気持ちが通じ合うまでに旭もずいぶん可哀想な思いをしました。素敵なお屋敷に執事までいるってBLドリームというかちょっとお伽話みたいな所も楽しめます。

0

どうしても各所で引っ掛かる

シリーズ三冊目。旭の刺々しさが増し、非常に読み辛かった。
荻野が旭のイラストサイトについて不穏な空気を匂わせており、これが伏線になっているかと思いきや関係なかったらしく、渋澤の過去と向き合うストーリーだった。

謎に迫りたいがゆえに執事に詰め寄る旭に嫌な予感を覚えていたら、その後もいろんなところで引っ掛かり続けてしまった。振った薫の部屋に居候するとか、他人に怪我をさせて一番に出てくるのが渋澤への言い訳の言葉だとか(いくら相手が酷いとはいえ)、ミツルが渋澤との約束を破ったことをあっさり渋澤に言ってしまうとことか。

旭は渋澤の義弟の執着愛に嫌悪を示していたが、私には速水から寝取ろうと渋澤に迫った旭も大差はないように思えた。
渋澤の過去との対峙は、シーンとしては盛り上がりまくっていたのにノりきれなかった。旭が渋澤を説得するセリフは筋が通っていないし、霊を説得するセリフは純粋な善意からに聞こえない。渋澤に気持ちを残したあの状況で言われても、旭と渋澤の間にある障害(弟の幽霊)を排除したい気持ちが一切ないとは思えない。
解決後にめでたく告白されたら、今まで辛かったからと自己中心的な考えで上から目線になって怖かった。今現在収入もなく居候させてもらっている身で、出て行かないなんてまだ言ってあげない、って……ドン引き。

正直な感想は困ったなーという感じ。読めば読むほど旭を受け入れられなくなっていく。
設定としてこういう性格なら問題ないが、薫や渋澤の反応を見るに違うっぽい。陰謀論にでもハマりそうな妄想を繰り広げる様子を心配性だと甘やかしたり(薫)、何でも言っちゃってるのに内に溜め込むタイプだと健気扱いしたり(渋澤)、いちいちどこが!?とツッコミたくなってしまう。そうでもない受けを作中キャラが聖人君子かのように持ち上げるのは苦手。
また前作でも思ったが、旭は相手の逃げ場を失くす言い回しで追い詰めるセリフが何度もあってしんどい。険のある言葉を矢継ぎ早に放っていて、聞くに堪えなかった。

ずっと謎だった過去が明かされた渋澤よりも、私の中では薫の好感度が上がった。
メインカプを応援したい気持ちが微塵も湧いてこなくて、残り一冊をどうしようと困っている。
表紙は素晴らしかった。じっくり見たくなる細かな描き込みがとても好き。本文だけなら中立に近い。

0

らしくなくても渋澤

2013年刊。
ヘブンノウズ3巻目は、物語の後半に入って一気に動きが出たかのような展開だ。

今回は『恋人は作らない主義』を主張する渋澤の過去がクローズアップされている。
渋澤は周囲の友人知人とは上手く交流も深めているのに、何故だか義弟・広也との接し方だけは、生前も死後もことごこく失敗しているようだ。
渋澤の両親に関しての回想を通して、彼自身が接し方を誤った原因を淡々と語っている。
執事の宇喜田や薫が言葉僅かながらに語る部分からも、広也はかなり難しい子だったのが伺える。

しかし相当執着心が強そうで誰の説得にも耳を貸そうとしなさそうだった割りには、あっさりとこの世を去っていったな…
渋澤はガツンとやられたけれどさ。
広也の無念をどう昇華するかってよりも、渋澤が引きずっている過去をどうやって振り切るかってのに注目がいくような流れだった。
その点については、旭が渋澤に"彼の為にいつまでもここに縛ってはいけない"というふうにはっきりと言い切れたのが良かった。

そんなゴタゴタを通して渋澤自身が大変だったのは読んでの通りなのだが、彼自身の我が強いせいか"らしくない状態"であっても独特さってのを見せつけられた感はある。
ペンギンのドキュメントを観ながらぼんやりとピーナッツを数えていたりとか、セフレだった速水と呆気なく別れた執着の無さとか、旭が薫に靡いていっているのを黙認しながらもしっかりと気にしている様子とかさ…
そして吹っ切れた渋澤はこんなにも変わるものかといった旭へのアプローチ、やっとこさ年上溺愛攻めの本領発揮かい!!といった終盤にはニヤケまくった(笑)

恐らく次巻は旭・ミツル兄弟の母親が亡くなった事件の真相が明らかになっていくのだろうね。
この長編を読んでいって一番気になる部分とはいえ、せっかく旭もミツルも同居人達に打ち解けて以前の明るさを取り戻しつつあるというのに、まだ大きな試練があるのか…

0

ああやっと

いけ好かない野郎だと思っていた速水やっぱりやなやつでした。
兄弟して澁澤を騙して財産目当てだとか薫にまで手を出しているとこき下ろすのですから。
ミツルを侮辱され、かっとした旭が平手打ちしたはずみで転倒して怪我をしたのも計算のうちだと思うとますます憎たらしくなる。
まっすぐな旭には思いもよらない人の悪意です。

霊となっても執着する人と速水が二人の邪魔をするせいで、
一進一退どころか後退してるとも思われる澁澤×旭です。

一向に進展しない関係に焦れる旭の思い切った行動に拍手です。
霊との対決シーンでは、何かと後ろ向きだったり自罰的な旭が澁澤のために立ち上がり、鉄拳を奮ったという感じが伝わってきて手に汗握りました。
ちっとホラーファンタジーじみたところのある巻でしたが、これによって二人の思いが通じて停滞していた関係がやっと動き出せました。

薫は最後までいい人だけで終わってしまったのは残念。
薫も安らぎと幸せが訪れますようにと祈りたくなりました。

ミツルが旭に言った言葉に泣けました。
「ほかの人も大好きだし別れるのは辛いけれど、あっちゃんが一番好き。あっちゃんがいてくれたら平気」
そして、「もっと頑張る」という旭に対して「頑張らなくてもいい。今のあっちゃんが大好きだから」
見返りも取引もないそのままの旭を受け入れ好きだと言ってくれるミツルがいてくれて本当によかったと思いました。

そして3巻目にしてそれもあと残り10ページあるかないかというところになってようやく身も心もきっちり結ばれました。
あー長かったです。

0

薫ちゃんのスピンオフ希望

英田作品は全て読ませて頂いており、どれもこれもどのキャラくんたちも大好きなんですが、薫ちゃんはぶっちぎりで大好きです。

恋焦がれる相手はどんなに想っても脈なし、せめてカラダだけでも繋げたいと縋った結果、セフレすらも解消されドン底に突き落とされる旭...それでも好きで好きで...苦しくて苦しくて...
そんなときに薫ちゃんみたいな人に、あんな風に心の隙間にするーーーーっと入ってこられたら常人はひとたまりもありません。。。。
旭みたいな立場の人が100人いたら、99.9人は絶対薫ちゃんになびいてるよ!!!渋澤先生のことを想いながら薫さんに抱かれるなんてできない、わかる、わかるよ、でも大丈夫だよ、誰も旭を責めないよ!!楽になっちゃいなよ!!!ってかあたしゃ薫ちゃんがどんな風に愛する人を抱くのかを知りたいんだ!!旭!!もう一息!!という訳のわからない脳内エールを送りましたが残念ながら届かずwww
渋澤先生への不毛な愛を貫いた旭よ...お前は本当にスゴいぞ。。。。。

4

英田先生の書かれる当て馬は超ハイスペック!

ヘブンノウズ3作目。
2巻はいい感じの渋澤先生でしたが、3巻目は最初からラブモード絶不調。
なぜだ。

先生がすごく落ち込んでいる理由が宇喜田(執事)から明かされ、
薫ちゃんともその内容を再確認した後、
ミツル(弟)と旭がやらかして、怒った渋澤先生からセフレ解消! 
と言われてしまいます。

旭と一緒に、こっちもがーん。上手くいくのかと思ってたのに
どーゆーことーーーー な初っ端。

ガーンのまま立ち直れずにいたら、
優しい でも やんわり包み込んで離してくれない薫ちゃんの
フェロモンだだもれ攻撃に合い、旭、陥落寸前。
よく踏みとどまったなあ とまじで尊敬。
ここまで来たら薫ちゃんと生きていこうよぅ と真剣に思ったんですけど。
(やっぱり英田先生の書かれる当て馬、生半可じゃない高スペック)

旭、頑張りました。この子、強くなりました。
最初はネクラなんで、どうするんだ と思っていましたが
渋澤先生の家の皆に見守られ、ミツルを大事に思い思われ、
強くなりました。
最後は、無事、渋澤先生の最大の悩み、罪を洗い流し?リセットし?
渋澤先生と生きていく人生をgetしました。
読んでるこちらも本当に安堵した一冊でした。
最後は幸せーな気持ちで終われます。

で4巻は何があるの?と思ってたんですが。
とにかく続きます。

ちなみにどれもこれも素敵な挿絵について。
当巻では、最後の二人抱き合う図と悩んだのですが
薫ちゃんとのべろちゅー図が一番好き!でした。
薫ちゃん、ほんといい男なんです。

2

「転」の巻

4冊ものシリーズの3作目。
本作の心霊現象は、渋澤の死んだ弟広也に絡んで。同時に渋澤の過去が明らかになります。

2作目にて一応セフレになったはずの渋澤x旭なのに、その後全くH関連での進展が無く。
その上、開かずの部屋に入ったミツルを追って自分もその部屋に入ってしまって、怒った渋澤からセフレ関係解消と言われてしまい。
優しくしてくれる薫と一線を越えそうになり。
しかし、フラフラする旭もそこで踏ん張ります。
広也との間に何があったのか。やさぐれている渋澤に迫っていく旭。
はあー。渋澤と広也の間にあった事件、想像よりヘヴィでした…

ここまで読んで、4巻それぞれで起・承・転・結、なのかなとも感じつつ、「転」としての本作で遂に渋澤x旭が結ばれますね…
最後はいよいよ旭とミツルのお母さんの事件が解決するのか、渋澤の書籍が完成して刊行されるのか、物語の「結」としてまとまるのか。
4作目に続く………


0

「お腹」は気になる。

三冊目、やっと澁澤と旭がくっつきます。

何だか色々旭が無茶だったような。
結果は良かったですが、ちょっとやり過ぎかなあという気も。それで時々、何で澁澤は旭が好きなのかよく分からなくなりまする。
そこを疑ったら、全部が崩れてしまいますが。
速水は面白いくらい絵に描いた様な当て馬で(笑)
ここまで最悪だといっそ清々しいですね(笑)
澁澤の過去も何となく分かっていたので、「ああ、やっぱりなー」という感じです。恋人じゃなければセフレはいいのかと思うんですがどうなんだろう。
過去云々を抜かせば、澁澤みたいな飄々とした攻めは大好物なんですが!
あと、挿絵の澁澤が何となくイメージ違う気がしてならないのです。薫はイメージ通りなんですが、澁澤が何か地味というか小説の描写よりも枯れてる気がしてならなくて。そして、枯れた感じの絵の澁澤の方が自分は好みです(笑)※どうでもいい。
もう一つ気になったのが、「ダブルバインド」でもそうでしたが、会話文はいいのですが地の文の単語。尻は尻なのに、腹は何故お腹なのか??
どうでもいいっちゃ、どうでもいいのですが。

さて最終刊に挑みます!

2

なんかホッとした

3冊めまで読んで総合で神評価に。
と言っても3冊めだけでも神評価なくらい好き。
いろいろ吹っ切れた先生がとても大好き。
なんなのあの人w
広也くんと一緒に止まってた時間が動き出したような感じ。
表紙の時計にはそのへんの事とかも含まれて描かれてるだろーと勝手に解釈(公式の表紙図解より)。
3冊めの表紙は柱時計の中でネジ巻きなどが錆びて止まってるそうですが、まさに先生の心の中のよう。
4冊目ではどうなってるんだろう?と表紙の方もすごく楽しみ。
はやく読めますよう、最終巻。

1

やっとくっつきましたね

『ヘブンノウズ』の三冊目です。

受けは前巻と同じく、渋澤の作品の挿絵をつとめ弟と一緒に渋澤の屋敷に住む旭。
そして攻めは、人気作家で変わり者の渋澤。
かなりの歳の差カップルです。

今回は渋澤の家族のこと、彼が恋人を作らない原因についてが主題。
それを解決しようとした旭の行動はかなり大胆で無茶でしたが、終わり良ければすべて良しというところでしょうか。

わたし自身はあまり旭のような受けさんは好きではないのですが、攻めの渋澤が好きなタイプなので読み続けています。
あと、当て馬の薫も。
渋澤と旭が今回めでたくくっついて、渋澤の長年の苦悩は払拭されたようですが、この巻で終わらないのは旭の母親の事件が謎のままだからでしょうか。
なんとも怪しそうな人物も登場しているので、気になります。
四巻がもうすぐ発売なので楽しみです。

挿絵をは引き続き奈良さんなのですが、どうにも一枚だけ可愛くない旭の挿絵が気になってしまいました。
特に鼻。
他の挿絵は可愛いのになあと。

4

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う