花恋つらね

花恋つらね (1)
著者
出版社
新書館
レーベル
Dear+コミックス
レビュー数
51
得点
1243
評価数
301
平均
4.2 / 5
神率
46.5%
神数
140

等身大の高校生を感じさせてくれる恋愛

2015年、雑誌Dear+にて連載開始。梨園を舞台とした、立役である大谷屋御曹司・新井源介と、女形である玉乃屋御曹司・松川惣五郎による、華やかな恋絵巻です。
舞台に恋に…、同い年でライバル関係にある二人の、切磋琢磨しあう歌舞伎役者としての成長もの。また、とても丁寧に描写される、等身大の高校生を感じさせてくれる恋愛部分も見所です。

花恋つらね1巻 ライバル→気になる相手という心情の変化が萌え所

シリーズ開幕になる第1巻です。
大谷屋の御曹司・源介の舞台を見てから、彼の圧倒的な実力に一方的にライバル視している玉乃屋の御曹司・惣五郎。そんな惣五郎の通う高校に、源介が転校してきた事から物語は動き始めます。
歌舞伎の名門の御曹司で美形、人気もありと一見取っ付きにくそうなキャラながら、感情豊かで喜怒哀楽がハッキリしているため好感を抱きやすい惣五郎。また、飄々としていて大物を感じさせる源介。
恋愛という面ではまだまだ微々たる進展具合ですが、ライバル→気になる相手という心情の変化がこの巻での萌え所。
また、惣五郎の師匠である祖父の菊右衛門、そして従兄弟である武市。魅力的なサブキャラも見所です。

花恋つらね2巻 ジレジレ進む恋愛と丁寧なストーリー運びも魅力

1巻が大変思わせぶりな所で終わったため、ファンが待ちわびた2巻目です。こちらでの見所は、進展を見せる恋愛部分。そして切ないすれ違い。
源介の全く無自覚な思わせぶりな態度により、自分の事を好きだと勘違いした惣五郎。しかしそれが誤解だったと分かり-。
やっと恋愛感情を自覚しはじめた惣五郎。その矢先の切ない展開。この事から惣五郎に避けられるようになった源介の、ここからの執着とも取れる言動が見所。また、天然で鈍すぎる源介の内心が、こちらで読者側に分かるようになっている所も魅力的です。
1巻に引き続き、非常にジレジレ進む恋愛と、とても丁寧なストーリー運びも魅力になっています。3巻も楽しみです。

作品一覧

  • 絞り込み
発売日

指定なし

  • 指定なし
  • 2ヶ月前
  • 先月
  • 先週
  • 今週
  • 今月
  • 来月
  • 2ヶ月以上
  • 2017
  • 2016
  • 2015
  • 2014
  • 2013
  • 2012
  • 2011
  • 2010
花恋つらね (1)

花恋つらね (1) コミック

夏目イサク 

出版社:新書館

発売日:

価格:¥600(税抜)

神数
76
レビュー数
26
得点
674

新井源介(大谷屋御曹司・本名:野田淳平)

松川惣五郎(玉乃屋御曹司・本名:東周吾)

花恋つらね(2)

花恋つらね(2) コミック

夏目イサク 

出版社:新書館

発売日:

価格:¥630(税抜)

神数
44
レビュー数
19
得点
414

新井源介・大谷屋御曹司の高校生(本名:野田淳平)

松川惣五郎・玉乃屋御曹司の高校生(本名:東周吾)

花恋つらね(3)

花恋つらね(3) コミック

夏目イサク 

出版社:新書館

発売日:

価格:¥639(税抜)

神数
35
レビュー数
6
得点
319

新井源介(本名:野田淳平)・大谷屋御曹司・高校生

松川惣五郎(本名:東周吾)・玉乃屋御曹司・高校生

PAGE TOP
  • 基本情報
  • 作品一覧