BLニュース

BLニュースは標準ブラウザ非対応となりました。Google Chromeなど別のブラウザからご覧ください。

シリアス&ほのぼの近親相姦 ガチ親子BLおすすめ

2015/12/07 10:21

2018/03/01 10:21

親子丼ドロドロ ダブーな具ほどおいしい!?



近親相姦というタブーな設定に、萌える腐女子も多いと思います!
以前「ガチ兄弟」をまとめたので、今回は「ガチ親子」を探してみました.
親子モノだと「父親×息子」か「息子×父親」で分かれると思いますが、みなさんはどちらが好みでしょうか?


コミック
『≠ノットイコール1』 池玲文
息子×父親
エロ度:少なめ
突然22年前にタイムスリップした息子・凉(17歳)と、当時の父・果(14歳)の恋が描かれています。2巻では、現代に戻った凉と22年後の果のストーリー。2巻まで同時購入して読むのがおすすめです。

二人が花火をしながらのキスシーンがありますが
ある意味、Hシーンより色っぽくていいかも・・・―――高律さん

これは切なく泣ける感動作になりそうな予感がします。―――クレタコさん


『親愛なる東雲家へ』 モチメ子
息子×父親
エロ度:少なめ
お父さんを襲うのが日課の長男(27歳)と、抵抗しつつも美味しく頂かれてしまうお父さん(54歳)。同時収録に、お兄ちゃん大好きな三男(23歳)×みんなに振り回されてる愛されキャラな次男(24歳)の作品も含まれています。
続編となっている『親愛なる東雲家へ f~フォルテ~』では、東雲家がさらにパワーアップしています。

疲れた時に読み返してして、くすり、と笑えるお話がたくさん詰まったステキな作品です。―――setuko0x0さん

お父さんがとにかく可愛いです!
エプロン姿がとってもツボです。―――meguraさん


『禁じられた恋噺』 ホームラン・拳
息子×父親
エロ度:なし
6作品が収録された短編集。そのうちの5作品は近親モノ! 表題作の『よみがえる色』はファンタジー作品です。

表紙をめくってすぐの著者近影欄に、 『長年こじらせてきた、近親ものがついに形になりました』
という一言が。
もうこれだけで、私の心が沸騰しそうになったのは言うまでもありません。―――__モコ__さん

ホームラン・拳さんのシリアスものでは、必ず泣かされます。今回も大好きな義兄弟や義理の親子・近親相姦など、禁忌な愛情ゆえの切なさがあって切なかったです。―――拓海さん


小説
『FATHER FIGURE』 Guilt|Pleasure
息子×父親
エロ度:標準的
In These Words』の関連作品となっており、ダークでシリアスめな内容。咎井淳先生の挿絵がかなりたくさん入っています!

シビアで救いのない展開ながらラストにはほのかに希望が見え、読後感は悪くない。―――Krovopizzaさん

展開は予測しやすいのに、そこに至るまでの部分に込められたものが一つ一つ興味深いので飽きず。掘り下げて読み切れなかった部分を補うために何度も読める面白さでした。―――crystさん


『誘春』 吉田珠姫
父親×息子
エロ度:変態
人気料理人の父・清明(32歳)と、全寮制高校生の実の息子・暁(16歳)の2人のほぼ執着に近い愛情が描かれています。笠井あゆみ先生のイラストでより一層エロエロになっています!

突き抜けてました。
ここまで来るともう細かいことはどうでもいいですね(褒め言葉)―――kumachi7さん

どうしてそんなにもお互いを求めてしまうのか。
そこには前世から続く妄執があって、その謎は同時収録作に書かれています。―――鈴碼さん


『ビジョン・ブラッド』 吉田珠姫
父親×息子
エロ度:エロエロ
両性具有の息子・緋織(16歳)が受けの作品です。父親×息子と兄×弟の2大禁忌BLが入っています! 門地かおり先生によるイラストも、さらにエロさを引き立てています。

大変面白かったです。
読み終わって本を閉じた時、興奮を抑えきれずにうひゃーーーっと叫んでしまいました。―――カボチャさん

父の緋織への狂気とも言える病的な執着、獣の自分を内に隠し緋織に健気に恋する兄。
この2人の狂気、そして緋織の自分の体への葛藤や性や欲望への開放というか
正直さ具合がこの作品を面白くしていて、一体緋織は家族はどうなっていくんだと薄々予想はつきながらも次へ次へとページを進めたくなります。―――ぶたりんさん


気になる作品はあったでしょうか?
エロ度を未記入で検索をかけると、ほのぼの系からずば抜けてエロい系まで幅広くありましたが、ガチ親子がメインCPとなった作品は少ないという印象を受けました。
近親相姦の作品は、ダークでシリアスなイメージを持つ方も多いかもしれませんが、ほのぼの系やコミカルな作品もあるのでぜひ読んでみて下さい!

関連作家・声優

コメント5

投稿順|最新順

自萌え他萎えだが、
息子×父はドキドキするし萌えるけど、父×息子は犯罪臭がして好きじゃないな。

ガチ親子は≠しか読んだことないけどすごく良かった。
何度読んでもドキドキします。

 私もノットイコールが大好きです。
背徳とか禁忌とかを超えても、年の差があるから普通に考えると先に父が逝ってしまう。
それを思うと更に切ないのです。

いまだにノットイコールを超えるガチ親子ものを読んだことがない。
大人編のくっつくまでがすごく苦しかったなあ。

『≠ ノットイコール』はCDも秀逸。ぜひ、あわせてオススメしたいですね。

PAGE TOP