「オメガの恋は秘密の子を抱きしめる -シナモンロールの記憶-」コミコミスタジオ特典書き下ろし小冊子

omega no koi wa himitsu no ko wo dakishimeru

「オメガの恋は秘密の子を抱きしめる -シナモンロールの記憶-」コミコミスタジオ特典書き下ろし小冊子
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×23
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
12
評価数
3
平均
4 / 5
神率
0%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
 
媒体
小冊子
出版社
笠倉出版社
発売日
価格
非売品
付いてきた作品(特典の場合)
オメガの恋は秘密の子を抱きしめる -シナモンロールの記憶-
ページ数
12ページ

あらすじ

コミコミスタジオさんで購入するといただける特典書き下ろし小冊子。
無くなり次第終了。

A5サイズ/12P
時系列は本編終了後。
真雪視点のお話。
家族3人+デコで遊びに行き、幸せな時間を過ごすお話です。

表題作「オメガの恋は秘密の子を抱きしめる -シナモンロールの記憶-」コミコミスタジオ特典書き下ろし小冊子

ギルバート
真雪、ギルバートのつがい

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数2

親子と1匹で楽しいピクニック

ルウミの骨髄移植手術も成功してすっかり元気になり、ギルバートと真雪とルウミは家族3人水入らずで幸せに暮らせるようになりました。
そんな幸せにあふれた三人が、郊外の牧場にピクニックに行くお話です。
牧場といってもただの牧場じゃない、真雪が自分で作る毛織物用に毛糸を仕入れていた牧場兼毛糸工場を、ギルバートが買い取って、英国の父親の企業傘下のデパートと取引して利益を上げているとか、ギルバートの無自覚スパダリ要素を補強するものとなっています。
まあ、それはそれとして、みんなが幸せになれて、めでたし、めでたし。

2

本編その後

緑の中、シナモンロールのように甘い一編です。

本編後の3人プラス一匹の幸せな日常が綴られています。
ある晴れた初秋、タリン郊外の牧場での親子水入らずのピクニック風景。
手術もうまくいき、元気に成長しているルウミ。
さすが、アルファで、ギルバートの血筋を感じるところ、成長過程と、今までの様子を振り返り、舅との関係にも触れながら、これからについても話しています。

幸せを噛みしめて、1日1日を大切に、愛情豊かに過ごしている一家の様子にほっこりします。
美味しそうなピクニックランチと共に味わいのある掌編でした。

0
PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ