二人の恋の証は秘密の愛し子

オメガの恋は秘密の子を抱きしめる -シナモンロールの記憶-

omega no koi wa himitsu no ko wo dakishimeru

オメガの恋は秘密の子を抱きしめる -シナモンロールの記憶-
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神25
  • 萌×211
  • 萌9
  • 中立3
  • しゅみじゃない11

74

レビュー数
7
得点
199
評価数
59
平均
3.6 / 5
神率
42.4%
著者
華藤えれな 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
コウキ。 
媒体
小説
出版社
笠倉出版社
レーベル
クロスノベルス
発売日
価格
¥889(税抜)  ¥961(税込)
ISBN
9784773089707

あらすじ

小さな雑貨屋カフェを営むオメガの真雪には
愛を誓う伯爵家の後継者・ギルバートがいた。
だが彼は事故に遭い真雪を忘れ、生まれたばかりの一人息子も伯爵家に奪われてしまった。
二人の幸せのため身を引いた真雪に数年後、伯爵家から小さな息子が病にかかったと知らせが届く。
絶対に素性は明かさない。そう誓約を立てベビーシッターとして働くことを許される真雪。
しかし何も覚えていないギルバートと息子は真雪を愛しはじめ……。身分違いの恋の行方は!?

表題作オメガの恋は秘密の子を抱きしめる -シナモンロールの記憶-

ギルバート、伯爵家の後継者でアルファ
真雪、雑貨カフェ経営で突然変異のオメガ、18~

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数7

あなたが居るから、世界の全てが愛おしい

こちら、エストニアの小さな街タリンを舞台にした、オメガバースで身分差ものです。
テーマが世界名作劇場風の昼メロとの事で、甘くてふんわりしたオメガバースを目指されたとの事です。

そんなワケで、私の感想はズレてるかもしれませんが、個人的には切なくて切なくて身悶えしちゃいましたよ。
これ、二人の愛と言うのが、最初から最後まで揺るぎ無いんですよ。
どんな状況だろうと。
だからこそ、二人を襲う過酷な運命が切なくて切なくて。
二人とも、ただ共に過ごすと言う、ささやかな幸せしか望んでないんですよね。
なのに、これでもかと二人を引き裂く不幸な出来事の連続。
お願いだから、もう勘弁してやってみたいな。

ただ、そんな中でも一途な想いを胸に、ひたすら真っ直ぐ生きる主人公に胸を打たれるのです。
そして、心のままに、愛を勝ち取りに行く攻めに、拍手喝采したくなるのです。
本当、素敵なお話でした。

内容ですが、大貴族でアルファのギルバート×突然変異のオメガ・真雪によるオメガバースで身分差ものです。

小さな雑貨屋カフェを営む真雪。
協会で偶然知り合った貴族の男性・ギルバートと愛し合い、共に生きる事を誓います。
ところがギルバートは事故に遭い、真雪との記憶を無くしてしまうと言う事態に。
更に、生まれた二人の子供も、伯爵家に奪われてしまいます。
そして四年後ー。
伯爵家から子供の病気を治療する為、血液を提供して欲しいと依頼される真雪。
絶対に素性を明かさないと言う誓約のもと、ベビーシッターとして二人の元へ向かいますがー・・・と言うものです。

まずこちら、真雪ですが、突然変異のオメガになります。
ベータから突然変異でオメガに転性した彼は、発情期も来ず、このままでは20才前後でホルモンバランスを崩して死んでしまうと言った状況だったりするんですね。
更に、真雪のオメガ転性で両親は離婚。
育ててくれた祖母も、病気で大きな手術をしなくてはならないのに、手術代の目処も立たない・・・。
そう、最初から、かなり不憫なんだなぁ・・・。

そんな真雪の前に現れた紳士的な青年・ギルバート。
彼は真雪のカフェに足しげく通い、二人は心を通わせて行くー。
そして、番として、子供を産んで欲しいとプロポーズされる真雪・・・。

ここからが切ないのですが、同時にとても優しくもある展開なんですね。
自身が突然変異のオメガで、あと二年程しか生きられない事を告白する真雪。
すると、その二年を、どうか共に過ごさせて欲しいと、真雪に寄り添うギルバート。

う~ん・・・。
これ、ホントに二人はささやかな幸せしか望んでないんですよ。
真雪が得意のお菓子作りで、ギルバートの為にシナモンロールを作ったり、ギルバートはギルバートで、共に暮らしながらカフェの仕事なんかを手伝ったり。
二人が共に過ごす日常と言うのが、とても優しくて温かいのです。
だからこそ、これでもかと襲う不幸の連続が切ないんですよね。

実はこの間、真雪の祖母が病気を悲観して自殺を図り、それを庇ったギルバートが崖から転落してしまうのです。
この時に頭に怪我を負うのですが、手術をすれば記憶を無くしてしまうかも知れないんですね。
その為、彼はその事を秘密にして、頭に爆弾を抱えたまま真雪の元に帰るー。
真雪の残り少ない二年を、共に過ごす為だけに・・・。
結局彼は倒れ、手術されて記憶を無くしてしまうのですが。

あのですね、ベタなんですよ。
とてもベタなのです。
でも泣けちゃうんですよ。
この、二人で過ごしたたった二ヶ月足らずが、とても優しくて。
そして幸せそうで。
その裏で、ギルバートがこれほどの覚悟を抱えて過ごしていた事が分かると、もう泣けちゃって泣けちゃって。

で、この後、自身が妊娠してる事に気付く真雪。
しかし、オメガには親権自体を持つ事が出来ず、子供は伯爵家に奪い去られてしまうー。
ここまでが過去になります。
そして現在ー。
二人を想いながら、つつましく生きる真雪。
彼は子供を産んだ事で健康になったんですね。
また、ギルバートは記憶を無くしたまま、許嫁であるアルファの女性・メアリーと結婚し、二人の子供・ルウミはメアリーが産んだと言う事になっていて、と言う流れです。

これ、ここまでで半分なんですよ。
これだけ詰め込まれていて、まだ半分!
で、ここからが、乙女心をくすぐってくれる「不憫受けが報われるターン」に突入なんですけど!!

記憶を無くし、すっかり性格が変わってしまったギルバート。
そして愛情を与えられず、手に終えないやんちゃに育っている三才のルウミ。
ベビーシッターとして真雪が現れ、温かい愛情を注ぐ事で、二人は変化して行き・・・と言った具合で。

真雪は健気なのと共に、わりと頑固なんですよね。
身分差や結婚相手であるメアリーの事を想い、ルウミの骨髄移植が終われば姿を消そうと、もう決心していて。
まぁ、そんなワケで、ここからも一筋縄では行かないんですけど。
ただ、ギルバートが本当に格好いいんですよ。
彼はどれほど真雪から拒絶されようと、決して諦めずと。

こう、ちょっと結末は上手く行き過ぎな気がして、人によっては面白みが無いと感じるかも知れないんですけど。
ただ、個人的にはこのベタベタなオチを大歓迎だったりします。
だって二人はこんなに辛い目に遭ったんだから、これくらい完璧なハッピーエンドにして貰わないと!!

ところで、主役二人のみならず、メアリーやルウミまでと皆を不幸にした元凶。
実はギルバートのお父さんなんですよね。
彼は正直どうかと思いましたよ。
メアリーも嫌な女なんだけど、被害者なんですよねぇ。
彼の件だけは、もうちょっと痛い目を見て欲しかったですね。

あとレビュータイトルですが、ラストで真雪が思う事です。
を、ざっくり一行で言うとこんな感じ。

16

健気なスイーツ

オメガバースで子育て話。
華藤先生といえば安定の、健気受けで、ヨーロッパ観光、スイーツ風味です。
主人公は、お馴染みのともいえる薄幸健気受けちゃんですが、今回は彼をベータからオメガに突然変異させちゃった運命のアルファと早々に出会って、つかの間のラブラブ生活を送ったのちの、別離と再会そしてハッピーエンドに至る道筋には、悲惨な試練とまでいうほどの事は起きない(華藤先生作品比)ので、心安らかに読了。
温かいハーブティーでも飲みながら、舞台となった外国の観光案内や銘菓や名産品を楽しんでね。

5

身分差オメガバース

美味しそうな食べ物が出てくるので、何か美味しい食べ物やお茶とお菓子を用意して読むのが正解です!

華藤えれな先生の描かれる異国情緒ある作品、大好きです。
そこにオメガバース設定が加わって、身分差にプラスαで困難が待ち受けていて・・・な昼ドラ風な展開です!
切なさも感じながら、愛情が溢れているお話でした。

突然変異のオメガという設定がまた特殊で、発情期を迎えられないと20歳まで生きられないという境遇を背負いながらも、周囲に優しく、日々一生懸命に過ごしている受の真雪の性格がまたいじらしいです。
そんなこほっとけるわけがなく、愛さないわけがありません!

穏やかな愛情溢れる優しい日々も描かれていて切ないだけではないのですが、不憫な境遇でも一生懸命な真雪を応援しながら読み進めました。
日陰の身になっても我が子とギルバートへの心からの芯の通った愛情にも胸打たれます。


そして、コウキ。先生のイラストもまた優しくて大好きです!
ちみっこだけでなく、デコちゃんも可愛い!

1

薄幸健気受けさんが大好物の方に

華藤さんの新刊はタイトルからも推測できるようにオメガバースもの。あらすじとタイトル、そしてコウキ。さんの描かれた表紙に惹かれ購入しました。




えっと。
あらすじに書いておる通りの内容です。

真雪は不完全なオメガ。
「不完全」というのは、先天性のオメガではなくベータから突然変異でオメガになってしまったから。息子の変異がきっかけで仲たがいし離婚してしまった両親、その後急逝した父、そして何より「不完全なオメガ」であるために長生きすることはできないと言われ育ってきた。

だから彼は、大切なものは作らず一人ひっそりと生きている。

そんなある日、真雪はギルバードという男性と出会う。少しずつ惹かれていく想いを抱え、それでもギルバードが伯爵家の跡継ぎという高貴な身分、そして自分の将来を鑑みて真雪は葛藤するが、すべてを知ったうえでギルバードは真雪を愛し、そして二人は恋に堕ちる。

けれど幸せは長くは続かない。ギルバードが事故に遭い、記憶をなくしてしまったのだー。


真雪は「不完全なオメガ」ゆえに子どもが出来づらいと言われていました。が、二人の間には子どもが出来た。その子どもも、子供の将来のためにという理由で真雪から引き離され伯爵家に引き取られている。

大切なものを一度に失った喪失感と孤独に苛まれる真雪に、再び二人と会えるチャンスが巡ってきます。

この理由がまた切ない。
息子の病気を治すために、真雪の存在が必要だからなんです。

とにかく真雪という青年が不憫なんです。
まさに薄幸・健気受けさんです。

という事でドシリアスに分類されるのではないかと思うのですが、作中の雰囲気は暗くはない。真雪が、自身の境遇に負けることなく明るく前向きだからかな。

けれど、理由はそれだけに非ず。

とにかくギルバードという男性がスパダリさんなんですね。

真雪のピンチにはもれなく駆けつけてくれる。
真雪と出会った時、そして記憶をなくし離ればなれになって再会した時。
真雪にあっという間に惹かれ、そして大切にするんです。なので、どんなピンチもハラハラすることなくギルバードが助けてくれるだろうという安心感がある。

んー。
完全に好みの問題なのですが、この展開が非常にありきたりというのか、ご都合主義というのか、もっとはっきり言ってしまうと陳腐というのか…。

個人的にはもう一波乱ほしかったなという気がしました。

あらすじに書かれている内容以上でもなく、以下でもなく。読んでいてすっと先の先まで見通せてしまう展開です。

ギルバードのお父さん。
そして真雪の主治医のエドモンズ先生。
そういった魅力的な脇役も登場しつつ、でも、その存在を活かしきれていなかったような気がしました。彼らはヒールの立ち位置にいるので、そこをもっと描いてほしかった。

けれど反対に言うと、痛い展開になることもなく終始温かく愛情に満ちた作品なので、そういった展開がお好きな方にはたまらなくツボに入る作品なのではないかと思います。

ギルバードと真雪の二人の子ども。
そして真雪の飼い猫であるデコ。
そういった可愛らしく癒しの存在もあり、読後、優しい気持ちになれる作品でした。

4

きら甘ジェットコースター

マドレーヌの次はシナモンロール??と手に取ってみたら、ほんとにシナモンロールでした!めっちゃ美味しそう!!!手先が超器用なオメガちゃんの、キラキラ+甘い+展開めっちゃ早いと感じたお話本編240P弱+あとがき。展開早くてシンクロしにくかった⤵+各種スイーツ、小物記載で気分上がる⤴=萌にしました。受けさんが元ベータ→突然変異でオメガにというところが、王道にプラスアルファかな。

ヘルシンキから祖国エストニアへ向かったフェリーを降りたところで金髪イケメンに声をかけられた真雪(まゆき)。ヘルシンキで偶然知り合った英国貴族さんですが、エストニアで働くようになったらしく、真雪の営む小さな雑貨屋兼カフェで日中仕事をするぐらい親しくなり・・・と続きます。

攻め受け以外の登場人物は
後半に攻めの嫁、お子様、攻めの父(!)、受けのかかりつけ医、受けの飼い猫(しゃべらない)ぐらいかな。

***展開の速さについて

出会ってくっついた→攻めさんが〇〇〇〇→子供〇〇→子供〇〇〇〇→4年後お子様の〇〇→転職→〇〇→結婚とそれはそれは盛りだくさんのイベントがありまして、目まぐるしく感じて、感情が追いつきにくかったです。受けさんは薄幸健気さん一直線で、「お、好みかも!」と最初ウキウキしたんですけど・・・。

受けさんが作られる各種スイーツ(特に苺のシナモンロール!)、ハンドメイドの品々に関する記載は、楽しく嬉しく気分が上がるものでしたので、±0という感じです。シナモンロール食べたくてしょうがなくなるので、夜読みは避けた方がよいかもと思った1冊でした。

3

エストニアの空気感を感じる作品

真雪と再会する為に実は頑張って来たギルバートですが、漸く出逢えたのに真雪が特別変異オメガになったのは自分と出会ったからだと知り、さらに誤解してた祖母に突き飛ばされて海中に落下したのが原因で記憶喪失、産まれた子供の親権はオメガに無いって不公のオンパレードでした。ようやく会えた子供はギルバートの妻のオメガ蔑視に洗脳されてるし、この話をどうまとめるのかと少なくなるページを見ながらヤキモキしました。結局は真雪の辛抱強さと深い愛情が勝ちましたね。ギルバートの記憶を無くしても番に惹かれる気持ちと妻に対するこれじゃ無い感は運命の番故ですね。

0

なんか物足りない…

裏表紙の説明を読んで購入しましたが 読んで見るとちょっと期待はずれな感じがしました。

攻め受けどちらも好感の持てるキャラなんですが
話の展開が妙にトントン拍子、悲劇は起こっていますがなんとなくあっさりな印象。
展開が簡単に予想できるし ちょっとつまらない感じがしました。
(子供が登場しますがあんまり可愛く思えないキャラだったし)

同じ日に購入した ゛禁じられたアルファの子~誓いのはちみつマドレーヌ“を読んで切なさのあまり泣いた後で読んでしまったせいかもしれませんが
なんとなく話に深みがないような気がしました。

この本だけ読んでたら印象は違ったかもしれないですね。

禁じられたアルファの子~はこの本と同じ華藤えれなさんが書いたものですが 本当に泣けました。
切なさ満天だったけど最後はハッピーエンドで安心できたし 物語に深みがあり主人公の心の美しさや苦悩、無償の愛などが丁寧に描かれていたので 読んでどっぷり感情移入できましたが
この話はそれと比べるとなんか物足りない…。

(禁じられたアルファの子が星5個ならこっちは星2個ぐらい)

このお話を読んで気に入った方は 禁じられたアルファの子 本当におすすめです。

7

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ