愛されオメガの婚姻、そして運命の子

aisare omega no konin soshite unmei no ko

愛されオメガの婚姻、そして運命の子
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神24
  • 萌×28
  • 萌6
  • 中立9
  • しゅみじゃない0

30

レビュー数
6
得点
179
評価数
47
平均
4 / 5
神率
51.1%
著者
華藤えれな 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
ミキライカ 
媒体
小説
出版社
新書館
レーベル
Dear+コミックス
発売日
価格
¥650(税抜)  
ISBN
9784403524820

あらすじ

8世紀、ロシア。
オメガでありながらアルファと偽り皇太子を演じるリクは、
従者のニコライに密かに想いを寄せていた。

幼い頃は優しかったのに
リクを庇って傷を負って以来よそよそしくなってしまった彼は、
今は秘密を知る数少ない者として
粛々とリクの発情期の熱を受け止めている。

それがもどかしくてならないリクだったが……?

一方のニコライは、誰より愛しいリクを守るため、
女帝とある約束を交わしていた。

あなたのためなら、
この目もこの足も、命さえも捧げよう――。

帝政ロシアが舞台の、年の差オメガバース・溺愛主従ロマンス!

表題作愛されオメガの婚姻、そして運命の子

ニコライ、教育係で従者、25~
エリク、アルファと偽るオメガの皇太子、18~

その他の収録作品

  • 溺愛の子~ロシア後継者誕生秘話
  • あとがき
  • ポーリャの甘くておいしい日記帳

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数6

帝国ロシアを舞台に語られる壮大な愛の物語です

誰より大切で愛してるからこそ、気持ちを悟られてはならず、冷たい態度を取り続けなくてはいけない二人ー。
と、シリアス寄りの時代ものでオメガバースになります。

こう、めちゃくちゃ切ない!
誰より大切に思ってるのに、だからこそ離れようとする主人公に、自分の全てを懸けて守り続ける攻め。
しかも、互いに思いは封印したままー。
ここに18世紀の帝国ロシアの情勢が絡み、時代ものとしてもとても読み応えがございまして。
過酷な道で迷いながらも、懸命に立ち続ける主人公が格好いいよ!

ところで、帯にある「溺愛主従ロマンス♡」はちょっと違う気がします。
確かに、これ以上ないほどニコライはリクを愛してるけど、その愛って相当厳しいものですよ。
完全に「甘やかすだけが愛では無い」ってタイプですよ。
溺愛の定義はイマイチ分からないけど。
少なくとも「溺愛♡」を期待して読むと、あまりに切なくて悶絶する羽目になると思います。

内容ですが、幼い頃からの教育係で従者・ニコライ×アルファと偽るオメガの皇太子・リクによる、時代もの+オメガバースになります。

オメガは皇帝になれない、18世紀のロシア。
オメガでありながらアルファと偽る皇太子・リクは、発情期の度に従者であるニコライに熱を静めてもらっているんですね。
幼い頃は優しかったのに、リクがオメガだと分かってからは冷たい態度を取るようになったニコライ。
そんな彼に密かに想いを寄せ、冷たい態度に傷付きながら。

で、冷たい態度でリクに接するニコライ。
実は彼は、リクを守り続ける為に、女帝とある約束を交わしていてー・・・と言うものです。

まずこちら、しっかり作り込まれた設定が面白いと思うんですけど。

オメガでありながらアルファと偽る事になった、リクの出生の謎。
情も何もかも切り捨て、偉大な施政者として君臨する女帝アンナ。
そして、女帝アンナに殺されたと噂される、前皇帝の謎。

で、一番のキモとなるのが、主役二人の運命に翻弄される両片想いでしょうか。
こちら、両視点で進むんですね。
オメガでありながらアルファと偽り続けなければならず、更にアンナの決めた婚約者との結婚が迫り、追い詰められているリク。
アンナの他に唯一この秘密を知るニコライの将来を思い、彼を自分から解放しようと健気に決意するんですね。
その為、ニコライとのセックスに飽きたと言い放ち、彼を疎んじている演技をする。

そして、リクを守る為に片目片足を失い、更に将来皇帝となる彼を影から支える為に、決して自分の想いを悟られないようにしながら側に居続けるニコライ。

こう、両視点の強みと言うのが最大限に生かされてまして。
二人が二人とも、互いを何より大事に思ってるのがよく分かるのです。
相手の幸せだけを望み、その為に自分が犠牲となろうとしてるのがよく分かるのです!!

もう、読んでいて切なくて切なくて仕方ないじゃないかよー!!(TдT)

また、ニコライの愛と言うのは大変厳しいものです。
優しく甘やかすのでは無く、リク自身の為に、決して逃げを許さないと言いましょうか・・・。
いや、時代が時代だからね。
囲い込んで優しくしてあげたくても、それは即リクの進退どころか命の危機に直結しちゃうんだろうなぁと。
誰よりリクを甘やかして優しくしたいのは彼だろうになぁと思うと、これまた切ない。

と、ここにリクがオメガだと気付き、何やら画策する従兄弟の影ー。
と、続きます。

実はリクがニコライを遠ざけようと、だらしない淫乱オメガを演じたシーン。
ここでのニコライの反応に、かなりイラッとしちゃったんですよ。
「あなたには失望した」みたいな。
こんなに、こんなにリクはニコライの事を思ってるのに!!みたいな。

が、オチで分かるニコライの真意に、心底惚れ直しました。
シビれました。
彼はやっぱり、めちゃくちゃいい男だよ!!

と、ここまでが雑誌掲載作。
ここから結ばれて子供が生まれた二人の後日談となります。
自身のオメガ性への劣等感が拭いきれず、自分の子供でありながらポーニャにどう接していいか分からないリク。
また、リクがオメガだと国民に発表した事で、今度は邪魔となるニコライの命が狙われー・・・って感じでしょうか。
えーと、相変わらずニコライの愛は厳しいです。
でも、前半に比べると二人の愛が揺るぎ無い分、安心して読み進められるのでは無いでしょうか。
三人で夏休みと言う、超甘々エピソードも挟み込まれてますしね。

う~ん・・・。
ただ前半がですね、ページ数の都合もあると思うんですけど、ちょいオチの部分が駆け足に感じます。
アンナ、この種明かしは唐突だよと。

とは言え、とても面白くて好みだったため、この程度は全然許容範囲内。
すごく心を動かされました。
ついでに、ロシアの情景描写にもうっとりしました。

16

純愛物語です。タイトルと表紙はネタバレ。


8世紀、ロシア。
が舞台のオメガバースもので、難しい内容かなあ…??
と意気込んで拝読しましたが、
難しいのは登場人物のフルネームだけで、
素敵な純愛物語でした。

身分の違う攻と受のすれ違い系なんですよね。
2人がいろんな弊害を乗り越え、幸せになり、
そして守るべき家族ができ、3人で幸せになっていこう、というそんな素敵なお話です。

個人的評価
ストーリー ★★★★☆
登場人物 ★★★★★
エロ度 ★★★★☆

タイトル、表紙からわかるように(めちゃくちゃネタバレです)、
ハッピーエンドで2人の間には可愛らしいお子さんが生まれます。

2

タイトルとカバーイラストのまんまです

舞台は18世紀のロシアの王朝で、寡黙な攻めに健気な受けのオメガバースもの。
本当はずっと愛し合っているのにすれ違い(恋愛的にも家族愛的にも)みたいな展開は、華藤先生の作品ではお馴染みの展開ではあるのですが、今回の受けのリクは大国の王朝の皇太子でありながらオメガっていう設定からか、最初は健気っていうより卑屈な印象が強くて、この調子で読んでいくのはちょっと辛いかなと思っていたのですが、元が雑誌掲載作だけあって存外展開が早くて、あんまり辛い目に合わずに済んでよかったです。

1

ストーリーは非常に面白いが。

華藤さんてヨーロッパ調、っていうのかな。伯爵とか、侯爵とか、そういった設定が多い気がしますが、華藤さんの新刊もそのイメージを損なうことのないロシア皇帝を舞台に描いたお話です。

タイトル、そしてミキライカさんの描かれた優しい表紙から、温かなお話だと思いつつ手に取りましたが、いやいや、なかなかハードなお話でした。

オメガ、そして次期王子、といったあらすじから、なんとなく王子×従者といったCPかなと思っていたのですが、今作品は王子が受け。そして彼を子ども時代から見守ってきた教育係が攻めです。

次期国王になる現皇太子のエリク。
彼が住まうロシアではオメガは国王になることが出来ない。エリクはオメガ、でも、彼の母親である現女帝はエリクを次期国王にするためにアルファと偽っている。

発情期もあるオメガ。
女性と婚姻関係を結んでも子をなすことはできない。
そんないびつな自分を卑下し続けて生きてきた。

しかも、王だった父は母によって暗殺されたという噂が付きまとっている。
絶対的な権力を持つ母、そしてオメガである自分。
不安を抱えるエリクには、全幅の信頼を置いていた教育係のニコライの存在によって救われていたが、今ではニコライとも軋轢があり―。

なんて言えばいいんだろうな。
とにかくストーリーに厚みがあり、二転三転するストーリーに引き込まれます。

暗殺された、王だった父。
権力を握り全てにおいて支配する女帝。
そして、発情期にだけニコライに抱かれるエリク。

読み進めるうちに、点が線になり、そして繋がる意外な事実。
ストーリーとしては文句なく面白い。

そして、ニコライとエリクの相手を想う深い愛情にも萌える。
相手のことだけを想い、自分を犠牲にしても彼だけを守りたい。
すれ違う彼らにハラハラしつつ、でもそのハラハラ感がたまらなく萌えを生み出すのです。

が、ごめんなさい。
どうしてもエリクがツボらなかった…。
凄く浅慮な男の子なんだよなあ…。
自分が皇太子であるという事、そしてオメガであるという事。
「自分」のことばかりで、周囲の人たちに目を向けることが出来ない。

でも、だからこそ、そんなエリクを見守り愛し続けるニコライの男気にグッとくる。
そして、ニコライと母親からの愛情によって、大きく成長するエリクの姿には萌える。
そうすると、エリクの子どもっぽさはある意味必須なんだろうか。

個人的にはもう少し甘い展開のほうが好きなので、序盤のドシリアスな展開にやや萎え萎えになりつつ、でもストーリーの素晴らしさには圧倒されました。

ミキライカさんの挿絵も非常に美しく、このストーリーの持つ世界観にぴったりで、萌え度は確実に上がりました。

6

もっと架空の国にして欲しかった

本編は読んでてイライラしてしまいました。

いつもの華藤えれな先生のオメガバース作品のように好きになれませんでした。

リクの性格がうじうじしてて、あまりにも察しが悪かったからかもしれません。

両片思いは好物なんですが、萌えなかったです。
途中なんども愚かなリクを見てこれはハズレ作品だったかなと後悔もしました。

これからどうやって大円満まで持って行くのかとページ数を見ながら不安にもなりました。

実際には漸く決意して親子3人での夏休みを過ごしただけなので、平和な生活にはなっていません。

架空ロシアのお話だとしてもやはりその後の歴史がチラつくので、幸せになるとは想像出来ません。もっと架空の国のお話の方が良かったと思いました。

後書きのポーリャのお話が無ければ中立でした。

1

ロシア宮廷舞台のオメガバース

王道お話かなと思ったのと、皆さん一生懸命で余裕あるお話ではなかったので、申し訳ないです、中立です。シリアスな宮廷話(18世紀ロシア帝国舞台)がお好きな方には万歳したいくらい嬉しいお話だろうと思う、本編150P+その6年ぐらい後のお話90P+お子様視点のバカップル話6Pほど+あとがき。

ロシア帝国の皇太子であるリク。明日はプロシア公女と婚約というのに、一人思い悩んでいます。というのも母である女帝アンナが、アルファであると偽っているのですが、リクはオメガ。発情期には教育係であり従者のニコライに抱いてもらって、やり過ごしています。幼い頃から側にいてくれたニコライの事を愛しているのですが、ニコライは常に冷静な態度で・・と続きます。

攻め受け以外の登場人物は
受の母である女帝、父、プロシア公女、他の帝位継承権ある人ぐらいかな。

**より内容に触れる感想

オメガが虐げられているという印象はあまりないですが、発情期はやっぱ可哀想&めんどくさいと思います。そんな受けの発情期特有の苦しみを、攻めが自分の心を押し隠して受け止めるというせつなさ満点なお話かと思います。おまけに攻めが受けを守ってケガしていたというエピまであり(黒い眼帯しちゃうのだ!)、ビジュアルとしても激萌えな方はきっといるはず!母の愛もあるし、ツボポイントてんこもりでは。

挿絵の先生は初めましてなのですが、作品の雰囲気にどんぴしゃでめっちゃくちゃキレイでした。番となるシーンの、十字架を背にした構図もとっても麗しかったです!!

なんだけど、今の気分というか好みからは少し外れていて、申し訳ない、中立になりました。何年か前は華藤先生の作品、めっちゃツボってたんだけどなあ・・・今はくすくす笑い飛ばすタイプが好きなんだと思います、先生ごめんなさい。

5

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ