おかえりオーレオール

okaeri aureole

おかえりオーレオール
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神48
  • 萌×214
  • 萌8
  • 中立1
  • しゅみじゃない4

--

レビュー数
11
得点
321
評価数
75
平均
4.3 / 5
神率
64%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
BL漫画(コミック)
出版社
プランタン出版
レーベル
Cannaコミックス
発売日
価格
¥671(税抜)  ¥724(税込)
ISBN
9784829685884

あらすじ

好きになった瞬間から、幼馴染みじゃいられなくなった――。

明るく社交的なカズと、地味で真面目なモトは、
幼い頃からの幼馴染みで親友同士。
中学にあがり仲良くするグループが自然と分かれても
互いが一番の良き理解者だった。
しかし、中学2年になったカズは、
モトを友達以上に意識しだしてしまう。
この感情はきっと勘違いだと必死にごまかすものの、
次第にその気持ちが本物であることに気付いてしまい……。

表題作おかえりオーレオール

柳井和己(カズ),明るく社交的,中学生~ ?
瀬戸元遥(モト),地味で真面目,中学生~ ?

その他の収録作品

  • あとがき
  • その後のふたり
  • カバー下:イラスト・漫画

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数11

良い意味で波の少ない物語

 こういう社交的でイケメンの攻め×地味で目立たない受けという組み合わせで、攻めの方が受けに懸想する作品というのは珍しいように思います。序盤に受けのモト目線もあったものの、彼の不安はあくまでも攻めのカズが自分と一番近しい親友でなくなってしまうことにあり、恋愛的な意味での好意は持っていないんですよね。一方、今まで幼馴染として付き合ってきたそんなモトのことを、別の友人のちょっとした発言から意識してしまい、徐々に彼に恋していることに気付いたカズ。彼女もいるモトのことを諦めるには離れる選択肢しかないと思っていたところに、モトから「一緒に考えよう」と言われ、同じ高校に進学します。

 一緒に考える、って素敵な言葉だと思うんですよね。ゲイではないし、相手の気持ちを今初めて知って、じゃあ付き合おうかなんてすぐに言えるわけもない。でも、今まで何年も隣で過ごしてきた関係を壊さなければならないほど、別に悪いことをされたというわけでもない。幼馴染兼親友と、離れたいと思うわけもない。だから、一緒に考えよう。胸にすとんと落ちるような言葉でした。高校に入ってからのカズは自分の気持ちを押し付けることもなく、時々会ってはたわいないことを話す関係が続きます。そして、そんなカズにモトの方から何年か考えた結論を告げるんです。劇的な展開も濃厚な絡みもない、でも静かに変化していく2人の関係性が嬉しい、そんな作品でした。

0

友情青春遠回り

最初は絵がちょっとと思いましたがすぐに気にならなくなるくらい夢中になりました。

遠回りしながら気持ちを育ててきましたね。
最後の二年後を読んでとっても幸せな気分になりました。

カズとモトは幼馴染。いつも一緒でしたが内気なカズと社交的なモトはだんだん距離ができて。カズは寂しく思ってましたが自分の居場所を作って。

モトはカズのことがいつからか好きに。カズに初彼女が出来てショックを受けて。

モトは気持ちをカズにぶつけますが、好きになってごめん、諦めるからって。切ないです。
でもカズは勝手に決めるなって。一緒に考えたいよって。

カズはその後も彼女と付き合い続けましたが高校で別れます。

モトのバイト仲間と仲良さそうなのに対抗したり、カズが他の男にもたれて寝てるのを見てモトが引き離したり。お互い嫉妬?執着してますね。

モトはスクーターの後ろに初めてカズを乗せて流星群を見に行ったり、カズの誕生日に水族館デート?したり。ロマンチストですね。

とうとうカズが誕生日に好きだよって告白。
諦める準備するなよって。男前でした。

遠かった。けど必要な時間だったのかな。
拙いレビューで作品の魅力が伝わらないと思いますが。紆余曲折あって幼馴染が好きだよって言い合うお話ですね。
恋人になったのかは謎です。ただ睦まじげに同居してる描写で終わります。

初読みの作家さんでしたが当たりでした。
友情青春遠回り。いいですね。

0

そら豆食べたくなった

Twitterで流れてきて購入を即決しました。
あの時の勘は間違っていなかった。

この2人のその後ももっとみてみたい。

3

相手を大切に思う2人の話

心理描写が細やかで表情も豊かでとてもぐっとくる話でした。
親友同士だった2人の話です。
攻めの片思いの気持ちが切なくて健気な所に応援したくなり
告白されても拒否せず離れずにいる受けに
お互いをほんとうに大切にしてるんだなあと伝わって
うるうるしました。

受けの子には彼女がいますが読後の嫌な感じは一切無く
そこも一つのストーリーとして丁寧に話が作られていました。

絵も奇麗です。
脇役の男の子たちも魅力的です。
できれば続編描いてくれないかな…

5

優しい幼馴染2人の青春

ネットでの高評価を見てからの購入です。
「好きになった瞬間から、幼馴染じゃいられなくなった」
帯に書かれた文句を見てより強く心惹かれました。
男子高校生の純粋な愛の物語をずっと見守ることができる作品でした。

人物の表情の豊かさが作品へ読者を引き込む大きな力になっていると感じます。
特に目線の動きを大事にされていて、各所に"今この人物はこんな気持ちでこの子を見ている"と感じられるシーンがありました。この描写によって人物の動きのスピード感も伝わってきたような気がします。

「好きになんかなってごめん」「いつか絶対諦めるから」
カズがモトに伝えるシーンでは涙しました。豊かな表情、人物をとりまく風景などから、台詞の声色や人物の体温を強く感じました。個人的にこのシーンを見た瞬間に、カズを幸せにしてあげてほしいと強く願いました…
モトの気持ちが動くのか緊張しましたが、ラストでは2人の心から幸せそうな笑顔が見れて幸せな気持ちになりました。

カズとモト、2人がお互いを思いやっていて、とても優しい。そこに思春期という甘酸っぱい時期が重なっているからこそ心に響く作品でありました。

2

切ない攻めの片思い

よくある設定ですが、心理描写が素敵で、
二人の思い出話も可愛らしく、片思いの描写は切なく、すごくいいです。
2人がくっ付いてからがほとんど無いので続編でもいいのでぜひ読みたいと思いました。

0

優しいBL

親友を好きになってしまうお話です。
どちらもゲイではなく、この人だからこそ性別を超越した感情になる、とてもBLらしい心の動きでした。
心情の変化や機微がゆっくりと丁寧にロマンチックに描かれていて本当に素晴らしいです。
基本的にカズが気持ちを意識する前までに構築した関係性が最強で、告白後はお互いの心が成熟するまでは関係を絶たないように頑張る、といういじらしいリアルな流れが穏やかで良かったです。
汚れた心の持ち主としては、もう少し中高校生の男の子の好き=性的な部分が描かれてたら良かったなぁと、ほんのり物足りなさもあります 笑
特にモト!君は仏か!

1

日常生活のなかでの萌え

明るく社交的なカズと、地味で真面目なモト。
どこかにいそうな特別でない18歳の2人が恋に落ちるまでが描かれています。
幼馴染の2人なので、小学校のエピソードから、最後に二年後の20歳のエピソードが描かれています。

表紙の青空のように爽やかなお話です!エロは少なめです。日常生活でのさりげない萌えエピソードに、ほのぼのします!
後腐れも無く、読み終えた後、ほんわり心温まる感じです^ ^
朝から読みましたが重く無くて良かったです!

1

「親友」2人の片恋、大好きです

心理描写がとても細やかでグッときてしまいました
親友どうしだった2人のうち1人がいつの間にか友情以上のものを抱えるようになってしまう、という話の筋は志村貴子先生の『青い花』にも通ずるものがあります。
ただ、2人が本当に同じ気持ちなのかは微妙だなと。
本作は極限まで性描写が抑えられているのですが、カットされているのではなく本当に2人の間には何も起きていないのでは…と思ってしまいました。
同じ気持ちであることの証明になるような、モトくんからのアクションが見たかった…
もっともっとこの2人の丁寧な心の動きを見たかったです。
でも初めて感想書き込むくらい夢中になっちゃいました。オススメです。

3

幼馴染の親愛が恋に変わるまで

幼馴染み同士で、攻めが受けのことを好きになってから、年月を経て結ばれるまでを丁寧に描いています。
受けは見た目が地味ーな感じですが、攻めは受けのことが可愛くて大事にしていて、恋心を自覚してからは受けに迷惑を掛けないようにと必死なところが辛そうでした。
個人的には受けが他人に背中を預けて寝ちゃってるところで嫉妬心メラッとしちゃった攻めに萌えました。
少し距離ができてからもどこかで繋がっているような若者ならではの甘酸っぱい青春を感じさせる作品でした。
じっくり進む若者同士のお話が好きな方にオススメです。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ