聖邪の蜜月

seija no mitsugetu

聖邪の蜜月
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神111
  • 萌×219
  • 萌8
  • 中立3
  • しゅみじゃない8

104

レビュー数
23
得点
658
評価数
149
平均
4.5 / 5
神率
74.5%
著者
安西リカ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
yoco 
媒体
小説
出版社
心交社
レーベル
ショコラ文庫
発売日
電子発売日
ISBN
9784778130831

あらすじ

奴隷市で売られ「神の愛し子」として聖職者に犯された過去をもつアシュは、偽聖職者として人を欺いて暮らしていた。ある日、絶滅したはずの聖獣の卵を拾い、生まれた仔にサージと名付け、育てることを選択する。純粋なサージを育てる生活のなかで彼の存在は唯一無二となる。人型にもなれるサージは美丈夫に成長した。性を知らなかったはずの思春期の彼がアシュに乗りかかり「アシュが欲しい」と迫ってきて …。

表題作聖邪の蜜月

サージ,聖獣・ドライトン
アシュ,元奴隷で偽聖職者

その他の収録作品

  • あとがき

レビュー投稿数23

怖がっていた自分が恥ずかしい

ずっと気になっていた作品でした。

レビューを読んで怯み、なかなか購入できずにいました。性陵辱、痛さ、切なさ、瀕死……読むのが怖いけど高評価だし読んでみたい…でも…の応酬。ほんわか子育て小説を中和剤として一緒に購入し、読後気分が落ち込んだら2冊目ゴー!しようと思い、準備万端で臨みました。


あーーー…!!何だよぉ、いい話だったよぉ。
準備要らなかったー!

確かに上記描写はあったけど、安西先生の言葉選びのなせる技でしょうか。そこまで悲壮感を感じずサクサク読めました。でも悲しく痛いシーンは確かにあるので、読み流せない方はしんどいかもです。


ダークファンタジー。
そういうカテゴリーみたいですが、結末はウルトラハッピーエンド。魔法スパイスもあってアシュが元の姿に回復するというお土産付き。ファンタジー、バンザイ!
中身こそ性奴隷シーンもあり胸が痛みますが、あまり引きずらずに読めたのは、主人公アシュが強くて前向きな性格だったからだと思います。

文章も堅くなくてすごく読みやすいし、ストーリーがとても良いです。結末まで淀みなく進んで一気読みしました。登場人物のキャラクター、特にサージに惚れた読者も多かったはず。
大人の身体で幼い話し方(逆コナン状態)…これで性交、性交と連発するするもんだから、可愛いくて萌えます。
サージの思考が幼いからこそ、アシュが死の淵にいたとき、この状況が分かっているのか分かっていないのか…。普通に話している様子が、このシーンの悲しみを盛り上げていました。感情が揺さぶられたシーンです。鼻の奥がツーンと痛い……


とても幸せな気持ちになりました。痛々しいアシュの過去のことなど忘れるほどです。夜空をアシュとサージで飛び回る幻想的なシーンはまるでおとぎ話そのもの。

アシュとサージの恋人同士のようなやりとりが好きです。
サージが指輪を買ってきてアシュにあげたシーン。
アシュの長い髪が好きだと言って撫でてあげたシーン。
……アシュがほのかに頬をピンク色にして、はにかんでいる笑顔が目に浮かびます。どれも胸キュンです。

しばらくこの余韻を楽しんでいきたいです。

2

浄化されるようでした

美しい物語です。

yoco先生のクリムトを思わせるような表紙が素敵ですよね。ファンタジー苦手科目なのですが、安西先生印なので購入、長らく積んでたのですが、読みはじめると引き込まれて一気…感情がボッコボコに抉られました。
ハンカチ必携です。

聖職者たちの慰みものとして不遇な少年時代を過ごしたアシュが、その知恵と胆力で脱走し流浪の生活を送っていたところ、聖獣の雛を拾い育てるところから始まる…愛についてのお話。子供が大人に搾取されるという描写はかなりしんどいものがありましたが、だからこそ、神の名を騙った権力者たちの醜悪さと、権力から離れた世界の美しさの対比が際立ちます。さらに、そこから這い上がって人生を切り開いたアシュの強さに圧倒されるのでした。

アシュが聖獣の雛に対して、”こんなにいたいけな生き物をなぜ殺さなければならないのか”と考える場面は、自分が大人たちにされた仕打ちと、幼いうちに殺される聖獣の宿命をかさねているようにみえます。今まで虐げられて社会の裏を見てきたから、一般常識じゃなく直感を信じて、聖獣を育てるという一種の賭けに出る行動がよくわかる気がしました。結果、アシュがこの賭けに勝つのも気持ちがいいです。

後半は成長した聖獣・サージの、一途で美しい愛情にやられっぱなしでした。番が死んだら迷わすに自分も死ぬという聖獣は、純粋で無垢な魂そのもの。恐ろしくて危険というのは人間の利己心から出たイメージだったのだなと思わされるのでした。

サージを育て愛を知ったアシュが、サージから愛を与えられるという流れがすごく効いてくるな~と思ったのは、えちえちではなく、瀕死のアシュをサージが献身的に看護する穏やかな日々の描写でした。二人の交流が美しすぎて涙が止まらず…。そして、”ええええ…この流れだと、もしかして…”と不安にかられたのですが、、この後の展開はいい意味で裏切られました。やっぱりファンタジーには救済がほしいですから。

語彙が豊富でないサージの台詞は、どれもシンプルに本質的なこと伝えてきて印象深いものがありました。
なぜか「俺は成体になったよ」がやたら好きだったんですけど、アシュへの謝意が含まれるような気がしたからです。あと「今、アシュと一緒に駆け抜けただろ」、えちえちの後の一言。日課の空中散歩をしなくていいのかと尋ねるアシュへの返しがかっこよすぎ、そして、どの言葉にも相手へのあたたかい気持ちが感じられて素敵だなと思ったのでした。

というわけで、神です。

3

重苦しい

 序盤は軽く痛めな描写がある。小汚いおっさん共の慰み物にされているアシュ。中盤あたりに出てくる、アシュの次に同じ目にあってる少年たちの最期が悲惨。
 初エッチシーンが、おねショタ感があってたまらん。(外見は大人の男だが、精神はショタみがある)
 終盤、メリバエンドかなと思っていたけど全然そんなこと無かった。

 終わりに出てくるサラとその子供タマラが要らなすぎる。電子限定SSでも出てくるけど、君らアシュとサージの居るとこに来すぎです。子供の制御もできないサラもダメな母親。

3

感想を言葉にできない

サージの愛が大きくて温かくて、最後の方は涙でぐちゃぐちゃになりながら読みました。
「これが最後だ」と二人が夜空を駆けるところは、何度読み返しても泣いてしまいます。今も読み返してまた泣いてしまっています。


アッシュの人生は壮絶でとても辛い。
生きること・自由であることだけを目的に生きてきたアッシュが、サージと出会い育み生活するうちに少しずつ変わっていく。変わっていくというよりも、元来のアッシュに戻っていくというか。
サージと出会わなければ、アッシュは嘗ての自分を同じ境遇の子供を救いにはいかなかっただろう。

サージは最初からずっとアッシュを真っ直ぐに慕い続ける。
人じゃなく聖獣だからなのか、サージのアッシュへの愛は本当に深くて大きい。揺るがない。
でもアッシュのためなら人を傷つけることを厭わない。純粋だからこそ残虐な一面も持っていると思う。

アッシュもサージも清らかなだけの存在ではない。
二人とも善悪一面的ではない。その辺も題名の所以なのでしょうか。
そういう意味では、カーリンも過去の行いは悪だけれど、今の彼は(復讐心が全く無いとは言えないかもしれないけれど)良心の下で行動していて、とても味わいのある人物として書かれていると思う。


考察するにしても作品の魅力がどんどん溢れてきてつらつら書いてしまいます。
が、何よりこの物語の一番のクライマックスは、最後の二人が空を駆ける部分だと思います。
アッシュの視点で描かれる景色、アッシュの心情、もう心ごと全て持っていかれます。

感想でこんなこと言うのもどうかと思うのですが、本当に言葉にできません。
この感動をあなたにも感じてもらいたいので、どうか読んください。
そして涙で目を腫らしたまま互いに頷きあいたいです。
この物語めっちゃ最高じゃん、と。

4

泣いたー!

序盤から一気に物語に引き込まれて、終盤でごっそり心を持ってかれました。

以下ネタバレありなのでご注意を

物語の後半、王都祭礼の時に大火傷を負ったアシュが徐々に死へと向かっていくシーンでは、好ましい状況ではないにもかかわらず、アシュとサージの間に流れる優しく穏やかな時間に、2人は幸せなんだなぁと嬉しくもあり、悲しくもあり。アシュに迫る死を自然に受け入れ、自身も当然のように後を追うつもりでいるサージと、お互いの繋がりの深さ、サージの幸せとは何かを再認識するアシュに、あぁこんなに幸せそうなら2人の死も受け入れよう(必要なかった)、攻めも受けも死ぬお話読むの初めてだなぁ(初めてにならなかった)、なんて思いながら読んでました。たいていBL小説で攻めか受けが死にそうな展開になっても、はいはいどうせ死なないんでしょ、と斜に構えてしまう(だってほんとに滅多に死なない)私ですが、今回ばかりは2人の死を受け入れました。

子供がえりしたようにサージに甘えるアシュと、美しい容姿を失ったアシュに変わらず愛を捧げ、献身的に尽くすサージ。
胸がいっぱいになってしまい、数行読んではスマホ(電子版なので)から顔をあげ深呼吸…をひたすらループし、しまいには切なさに耐えきれず感極まって涙と鼻水が出てきました。
最期になるであろう夜、アシュが声を出して笑ったことに、初めて涙を流すサージ。初めてじゃない涙を流す私。マスクの中がぐちゃぐちゃ。
これを通勤のバスの中でやってたもんで、平日の早朝からスマホをちょっと見てはため息を繰り返し、しまいには泣き出す情緒不安定な女が出来上がりました。隣の乗客が気持ち距離を取ったのは気のせいではないはず。
大丈夫。心配ご無用ですよ。元気に生きています。

好きなシーンは物語終盤のサージがアシュを乗せて空を駆けるところ。神秘的な描写に感動し、一文一文大事に読みました。童話を読んでいるようで、子供の頃読んだ『エルマーとりゅう』や映画『ハウルの動く城』の子供のハウルがカルシファーと契約するシーン(伝われー)の情景が浮かびました。

5

珠玉の人外×不遇受け!

完全に私の性癖に刺さった作品でした。不遇の受け好き。頑なに誰にも心を許さず甘える事さえしたことが無かった主人公アシュが、伝説の聖獣と出逢って、愛と生命力溢れる人間になってゆくお話しです。

風景描写、人物の行動や感情表現が細やかで、切なくなるシーンがたくさんありました。植物に隠れてしまう古い空き家に暮らすアシュとサージが目に浮かびました。
貧しい暮らしの中でも、唯一無二の愛しい養い子の未来の幸福だけを望む健気なアシュ。

アシュの一挙一動に目が離せなくなり、不眠不休で(とはいっても珈琲飲みながら)、一気読みしました。

伝説の聖獣の生態や習性が謎に包まれているのですが、そこが心和む不思議な魅力になっています。読後は余韻に浸れて満足でした。

4

一気読み

夜中に読み始めなくても良かった。

安西先生の描く人物描写に、やっぱり好きだなぁ。と、思いました。
とてもフラットにその人物の思考、心情が伝わってくる描き方だなぁと思うんです。
登場人物次第で物語が進む感じがするという感じなんです。
なんかちゃんと表現できてるかどうかわからないんですけど。
最終的にどうなるか考えたりせずに、ドキドキやハラハラやワクワクでページをめくる指が踊ってました。
とにかく、すごく良かった。

再読間違いなしです。
やっぱり愛が溢れてる話は最高です。



4

2人の絆の奇跡。

ラストに向かって、涙があふれたファンタジー( TДT)
えっ!?これってまさか‥と胸が痛かったです。


受け様は、銀髪に碧い瞳を持つ美しい容貌のアシュ。
『神の愛し子』と称して聖殿に軟禁され聖職者の慰み者だったのを、逃げ出した過去を持つ。

自由を手に入れたアシュが流浪していた時、聖獣ドライトンの卵を孵し、サージと名付けて親代わりに育てることに。

成長に合わせて姿を変え、いつしか人好きのする溌剌とした青年へと成長したサージ。
こちらが今作の攻め様。

生きる目的のなかったアシュは、サージを慈しみ育てる事に喜びを見いだし、生き甲斐になっていく。
2人手を取り合って生きてきて、相手が自分にとっての唯一無二のかけがえのない存在に。


必死に生きてきたアシュが、ようやく手に入れた穏やかな日々の中、成体となったサージからの求愛。
アシュを求めるサージの、率直な言葉や態度がよかった。


『神の愛し子』が今でも聖殿で苦しんでいる、と知ったアシュ。
あの時の、助けを求めていた自分を助けたい、と動いたアシュは、本当に強く美しかった。

火事でひどい火傷を負い、徐々に衰弱していくアシュの様子を読んでいくにつれ、まさかまさか‥と苦しかった( TДT)
全てを受け入れていたサージの潔さにも。
サージを宿した卵を拾った場所での、夏の終わりの夕暮れのシーンとか、その静謐とした強さ美しさ。
2人の絆の強さに感涙です・゜・(つД`)・゜・
何度も繰り返し読みました。


イラストはyoco先生。
作品の世界観にピッタリの美しさでした。

10

涙なくして読めない感動作品

安西リカ先生の作品としてはずいぶん変わり種のファンタジーだと思って読み始めました。
安西先生ですよねと表紙を確認したくらい内容も設定も異色です。

底辺で刹那的に生きながらもなんとかしたいともがく少年が、偶然手にした愛しいもののために精一杯生きようとするところに感動しました。

貧民窟で生まれた美しい少年 アシュ。
奴隷市で聖職者に買われ、聖殿の司祭に「神の愛し子」と称され邪悪を追い出す儀式として組み敷かれる毎日の中で従順に従うように思わせながらいつか逃げ出す日を画策するのでした。

逆境に負けずに頑張る子は好きです。
手を差し伸べてくれるスパダリや特別な力を授けてくれる「何か」もいません。
頑張る人を応援する人と信じる人、そしてひたすら愛するものの存在が奇跡を呼んだのだと思います。

聖殿で出会った薬師のカーリンの人物像が魅力的です。
美しいものが大好きな元裕福な商家の子息です。
期せずしてアシュの逃亡のきっかけを作り助けることになるのですが、アシュによって彼自身が助けられ道を誤らずに人のために生きようと思える分岐点になったのだと思いました。
特典ペーパー(『神の芸術』)のカーリン視点の短編は彼の生き方と嗜好が見えて面白いです。
入手可能でしたらお勧めしたいです。

終盤、騒動のあと大けがを負ったアシュとサージの儚くも穏やかな日々の描写に一層涙を誘われました。
サージの語り掛ける言葉が優しくて泣かされました。

7

尊い

安西リカ先生のこちらの作品、バースデーと並ぶくらい好きです!感動しました。
主人公のアシュは辛い境遇にいますが、彼は自由になることを諦めない、賢くて強かなところがすごくいい。運命なんてくそくらえの精神を持つ受け、大好きならないわけがない!
攻め(と言う表現をこの作品ではあまりしたくないけど便宜上)のサージもアシュだけをひたむきに愛している姿が胸に迫ってくるんです。それに脇キャラもいい。
後半はずっと泣きっぱなしでした。特にP216〜の安西先生特有の柔らい筆致とP217のyoko先生の挿絵は必見です。こんなに美しい調和は滅多にないです。尊いってこういう作品を指すものだな、と改めて感じました。これはたくさんの人に読んで欲しい〜!

6

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う