バースデー

birthday

バースデー
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神67
  • 萌×213
  • 萌7
  • 中立2
  • しゅみじゃない6

7

レビュー数
14
得点
410
評価数
95
平均
4.4 / 5
神率
70.5%
著者
 
イラスト
 
媒体
BL小説
出版社
新書館
レーベル
ディアプラス文庫
発売日
価格
¥620(税抜)  ¥670(税込)
ISBN
9784403524462

あらすじ

七年前に姿を消した恋人・三希を忘れられずにいた滝本は、
転居先で三希と同じ顔をした透と出逢う。
実は透には人に言えない過去があり……?


表題作バースデー

滝本遼一、特殊建材メーカーの法務部勤務、31
百合原透、記憶障害のある新聞販売員、33

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数14

作者のお人柄を感じてしまいました

電子書籍で読了。挿絵、あとがきあり。残念ながら(hontoでの購入ですが)ペーパー(おまけ)なし。

上記『あらすじ』以上のことを知らないで読んだ方が面白いのではないかと思うので、その手のことには出来るだけ触れないで書こうと思います。『謎解き』ではないのですけれど、私の拙い文章ではこのお話の持っている『推理サスペンス』の雰囲気をぶちこわしてしまう可能性もあるかなー、と思うので(この雰囲気が非常に大切だと思うのですよ)。

安西さんはあとがきで「私にしてはやや特殊な設定です」と書いておられます。
確かにそうかもしれませんが、以前から安西さんの本を読んで「お話の運びは甘々だけれど、筆は悪のりしない作家さんだなぁ」と思うことが何度かありました。適切な言葉が見つかりませんが、強いて言えば「真面目だな」というのが近いかな。
でも、だからこそ、互いを想う二人の強い気持ちがぐーっと浮かび上がってくる様な場面を描ける様な気がするのですね。
今回のお話は、私が感じる『そういう安西さん』が前面に出ていることで、作品のトーンを繊細に作り上げていると思いました。そして、クライマックスに向けて登場人物の想いの強さが増していき、心臓をグッと捕まれる感じ。

私が今まで読んだ主人公と同じタイプの人が出てくる物語は全て、機能不全家族のことが描かれていました。「そうなんだろうな~」と思って読んでいたのですが、このお話はちょっと違いました。
それもね、主人公に対する安西さんの愛情を感じる様で、何か嬉しかったです。
なかなか途中で止められない本なので、時間を作って読み始めることをお薦めいたします。

3

もう少し人間の精神の複雑な描写があれば・・

この作家さんの本は初読です。文章は読みやすく、謎めいた展開で、続きは気になりさらっと読めました。この小説は、テーマにされている「多重人格」や「二重人格」のドラマや映画、小説、ゲームを過去にどれだけ見ているかで評価も変わるので無いかと感じました。

主人公の精神面でこいういう特殊な設定にされている以上、ラストであっと言う大きな仕掛けがあったり、印象的なモチーフがあるのかを期待したんですが、後半からはありきたりな展開で少しガッカリしました。こういう難しいテーマを取り扱う以上、もう少し鋭い洞察や深みが欲しかったです。
人間の精神は多面体の様に複雑であり、特に何らかの病名が診断されている人の精神構造の複雑さは計り知れないので・・。

それでも、物語の前半の三希の描写は興味深く引き込まれたし、滝本(攻)がゲイでマッチョ好きで天邪鬼な所は新鮮に映りました。普通のBL小説と割り切れば、2人とも爽やかカップルで充分萌えられますが、それ以上のプラスαを求めてしまう自分には少し物足りなかったです。



0

タイトルに泣いた

安西さんは毎回導入からすっと物語の中に引き込んでくれる、好きな作家さんの一人です。記憶障害モノということで、苦手なお涙頂戴展開じゃなければいいなあと思いつつ読みましたが、なんというかそういう次元の話じゃなかった。
他の方のレビューから伝わる戸惑いを自分で実感しています。読後の自分の気持ちを言葉で表現できない感じ。失礼ながらBL小説でここまでの読み応えを覚えることはあまりないので、衝撃でした。なぜ平日に読んでしまったのか。
読んでいる間は物語にどっぷり浸かって集中し、読み終わった後に思考の渦が押し寄せる。多分明日も考えてしまいそうだし後を引きそうで怖いです。なのでここのレビューを読んで、自分の気持ちのおとしどころを探すという珍しいことをしてしまいました。
読むときはちゃんと時間が取れるときに一気に読むことをおすすめします。

今の気持ちをそのまま吐き出す変なレビューで大変申し訳ありません。とりあえず特典ペーパー付きを探してもう一冊買おうと思います。

1

評価できないんだけど…

初読み作家さん。
レビュー評価が高いので思い切って購入したのだけれど
読了後の感想は「うーーーーん……何とも言えねぇ…」
自分的には評価することが非常に困難な作品で
神評価にしてはいるものの正しくは神評価ではない。
萌えもなかった。
でも、しゅみじゃないという訳でもない。
単純に「この作品は○か?×か?」と問われれば「○」と即答する。

作品の雰囲気は全体的に明るくないし
一応ハピエンだけど後味スッキリ幸せという訳でもなくて
…何だろ?宮部みゆき『火車』を読んだ後みたいに
面白いとか良いとかでは単純には言い表せないような
何とも複雑な心境に陥った。

読んでいる最中には何度も全身に鳥肌が立った。
落涙はなし。
残虐な行為の直接的描写はほぼないけれど
血の臭いを感じたし絶叫が聞こえた気もしたし
読了後に思いっきり想像して勝手に落ち込んだ…。

話の全体像が見えたとき「ビリー・ミリガン」が頭に浮かんだし
ラストでは秀香穂里『ダークフェイス/ディープフェイス ~閉じ込められた素顔』を思い出した。
…リョウが生きているのと同じように、三希は消えずに透と融合している。
これらの作品が好きな方なら楽しめると思うし
あと、設定とかは異なるけれど谷崎泉『リセット』が好きという方も楽しめると思う。

出版社SSペーパーは必読。
コレ読んで落ち込み気味だった気分が浮上した。
明るい未来が垣間見える、私的に救済SS。

4

こんなに評価が難しい作品だったとは……。

本編を読み終わってかなり悩みました。

物語は受け視点、攻め視点と交差して、早い時点で真相が明かされます。
切ない、そして大人の事情があるからか、さらりと書かれているけれど、透(受け)の過去はかなり重いです。幼児虐待に地雷がある方や深いネタバレを避けたい方は、この先は目を通さないことをお勧めします。


以下、かなりのネタバレを含むレビューです。

*****


透は過去に(おそらく誘拐)で酷い虐待(肉体の一部欠損)を受ける内に、主人格を守るために複数の人格が生まれた多重人格者(解離性同一性障害)です。
交代人格が現れている時は、透は一切の記憶を持ちません。
その中でもホスト人格(交代人格)で唯一、オリジナル人格の透と交流できるのが「三希」。この名の由来も切ない。
三希は数多の人格の中で透を守り、透の代わりにその痛みを受け、危害を加える者を徹底的に排除するという、強い人格。
透は三希を心の支えにしているものの、やはり彼が表に出ている時の記憶は持たないのですが。

過去編。

三希は犯人探しに表に出ている時に、滝本(攻め)と出会います。
この辺のエピソードは滝本視点で書かれているので、どこまでが計算でどの時点で滝本に本気になったのかは曖昧です。
滝本は傲慢で他人を見下すのが当然で、強い男を心身共に屈伏させるのが、成長過程で植えついた己の生き様だったのですが、ゲイバーで三希と出会い、全くタイプでなかったのに強く惹かれ、べた惚れ状態に。

会えなくなるのを恐れ、「詮索しない」という条件を守る一途さです。

しかし、滝本の誕生日を境に、三希は姿を消してしまいました。
それから数年後、新聞販売員の透と出会い、三希の面影を見、交流が始まっていくのですがーー

*****

前書が長くなりましたが、透は真面目で消極的な性格で、更に特殊な経験を経ている為、本心から心配してくれる人物はいますが、友達と呼べる人はいません。
一方、滝本は単なる好奇心やちょっとした加虐心から透と交流を図ります。
やがて本気で好きになるとも知らずに。
そして消えた(眠りについた)三希が再び表に出てきて……。

透と滝本の関係に欠かせないのが「三希」なんですね。

透は自分を好いてくれた滝本が好き。でも三希を忘れて欲しくもない。
滝本は透も三希も同じくらい好き。今後は透と共に生きていきたい。
三希は透を庇護したい。でも滝本も好き。

三者の想いがもうどうしようもなくて、故にこの作品は絶対に特典ペーパーも合わせて読んでもらいたいです(現時点ではネットショップを含め、まだペーパー付きが購入できます)。

評価が難しい点の一つが、エロ描写が滝本と三希がしめる割合が大きいこと。
一つが同じ身体と言えど、人格が違う二人を同時に愛すること。
一つがちょっとした謎が残ったままなこと。
そして、三希は幸せになれたのか? (その後の透を見るに、上手い具合に統合出来たみたいですが)。

自分の萌シチュエーションとは少しズレていますが、サスペンス物が好きなのと、作品の完成度からいって評価はこれしか付けられませんでした。
もう読みだしたら止まらないペースでしたよ、ええ。

7

とにかく、読めば謎が解ける

安西先生の作品はデビュー作から読み続けていますが
今回は今までとはちょっと違ったストーリーでした。
BLでありながらどこか推理小説のような感覚でした。
安西先生の作品の魅力はなんといっても、読み手にその情景を手に取るように感じさせる文章。
先生の作品に何度泣かされたことか・・・
読んでいると自然と頭の中にその光景が浮かんでくるのです。
この作品はただの恋愛小説ではなく、主人公2人を取り巻く様々な事が
ひとつひとつ紐解かれていきながら最後にすべてが解明し
本当の意味で結ばれるところにたどり着くのです。
とにかく一言では言い表せないので、じっくり読んでほしいです。
いろいろ考えながら先を推理したくなってしまうので
違った楽しみ方もできる作品です。

次回作も楽しみです。

3

面白すぎる。

前作『あなたが教えてくれた色』で、安西さんの作風が若干変わった…?と思ってましたが、今作も今まで安西さんのイメージとは全く異なる毛色の作品だったように思います。

いつもレビューはネタバレ上等で書きますが、今回はネタバレは封印します。こんなにネタバレしたらアカン!と思う作品もそうそうない。ぜひとも予備知識なしで読んでほしいです。

とにかく面白い。萌えるとか萌えないとかをはるかに超越してると思います。一つの作品として、めちゃめちゃ面白かった。

主人公は綺麗な顔をしているものの、自分の風体に全く関心がなく、貧しく、なるべく人と関わらないようにひっそりと生きている百合原くん。少しずつ見えてくる彼の過去や、彼の抱える病、そしてー。
シリアスな雰囲気満載で、最後の最後までもしかしてハピエンにはならないのではないかとハラハラドキドキしながら読み進めました。

攻めの滝本も良いんですよ。
ハイスペック男子ではありますが、めっちゃブラック。そのブラックさを産んでいる理由の一つにも萌えますし、単なるナイスガイではないのでストーリーに厚みが出ていると思います。

安西さんの文章力が半端ないので、その文章力で描かれていく「謎とき」が面白すぎる。そこかしこに撒かれている伏線を回収しつつ、でも、その根底に流れているのは沢山の人が百合原くんに向ける様々な、そしてあふれんばかりの愛情。

とにかく読んでほしい。
文句なく、神評価です。

6

にゃあの破壊力

正直最初の「にゃあ」はキモ。と思ったんですが二度目では、おぉ……。と思って。三度目では、ふ……ふおおぉ!でした。
切ない。

あらすじとタイトルには特に惹かれなかったんですけど作者と口絵で買いました。……口絵!

攻が勝ち組で、性格悪くて、でもまあ安西さんじゃひどいことにはならない……よ、な?
と読みながらビクビクしました。

クライマックスの少しネタバレを。
結局のところ三希は透を守ってる。頭が良いから、自分がやれば無罪になるのを知ってる。そうしなきゃ終われない。だからブレインでしかないのに、不向きなのにやる。
そういう、三希では罪にならないだろうってのは遼一にもわかってるんですよね弁護士だもの。一方の自分はちょっとしたスキャンダルで周りから蹴落とされる世界に生きてる癖に、あんな家で育ちの癖に、
殺人はちょっとしたスキャンダルどころじゃないです。
なので、格好よかった。

読み返してみると、最初の遼一が意地悪なとこから既にほほえましかったです。相手を見下しつつも気になって仕方ない当たり、三希の時と同じ反応してるんじゃん可愛いな

4

ページ捲る手がとまらず。

作家買いの安西先生、新作は重く切なく、そして深いお話でした。
難しいテーマでシリアスなので好き嫌いがあるかもしれませんが、個人的には今年(まだ2月だけど…)一番胸に迫った作品です。

上の作品紹介の受け攻め欄で出てますが、受けの百合原は多重人格を患ってました。
ハッキリとは描かれてないけど幼い頃の辛い経験によりいくつもの人格が作られ、その内の「三希」という人物がキーマンになるお話。
百合原と三希、三希を深く愛していたが去られ10年後に出会った百合原を愛するようなった滝本、それぞれの想いが痛く苦しかったです。

百合原と滝本が結ばれ幸せになるが、不穏な雰囲気が消えず、バッドエンドになるのかと凄くビクビクしました。
結果、バッドエンドにはならないのでご安心を。
この結末が、とても良かった。
普段ネタバレ上等なレビューをしていますが、彼らがどうなるかは是非読んで確かめて欲しいです。
内容は勿論、イラストもタイトルも秀逸な作品でした。

3

言葉にならない

圧巻でした。
そして非常に重い。非常に重いテーマを扱った作品なのです。
これまでの安西作品を期待して読んだ読者にとっては、衝撃を受ける事になるとも思います。私もこれまでとあまりにガラリと違う作風に最初は戸惑いました。
でも、最初は静かに、また読み進めるうちに加速度的に引き込まれるその深いストーリー性。痛くて切なくて仕方ないのに、心の深い部分を揺さぶられ、読み終えた後は強い感動を得られると思うのです。

実は最初のうちは読み進めながら、「これは果たしてBLなのだろうか」と疑問を持ちました。
序盤は推理サスペンスの要素が強いのです。
ひどく痛がってる小さな子供。そんな子供をなぐさめる「三希」。どこか不安を煽られる、不自然な青年・百合原。そして、そんな百合原に偶然出会う、何か事情がありそうな滝本。

お話としてはとても面白く、グイグイ引き込まれていくのですが、推理サスペンスの要素の方が強くBがLして無くない?と言った感じで。
ところがですね、中盤になるとこれは紛う事無き愛の物語だと分かってくる・・・。
痛くて切なくて仕方ないのですが、ちゃんとベースにあるのは愛なんです。

また、三希の事を思うと胸が張り裂けそうな気持ちになります。
ただですね、終盤の圧巻的なシーンに、ハラハラするのですが救われもする。滝本の「深い」と言う単語では言い表せない愛情に、もう号泣なんですね。そして、「彼」のモノローグにもこれまた号泣。

自身が母親なので、百合原の過去はあまりにも痛いものなんですが、それでもしっかり愛されていたんだと思うと、救われたような心地にもなるのです。

あと、ストーリー自体もお見事でした。これで全て上手く行くと、こちらが油断しきってからのどんでん返し。「やめてー! やめてー!!」と読みながら叫び出したくなりました。

全てを読み終えてから、もう一度最初のページを読むと、ひどく胸が痛くて再び涙が零れそうになります。百合原の「ニャー」にも(´;ω;`) 
でも、やっぱり百合原は「彼」であり、「彼」も百合原なんだなぁと、ちょっぴり心が軽くなる。
これからは「二人」で、幸せな未来を築いていって欲しいと願わずにはいられない物語でした。

私は普段レビューを書くとき、これこれこうゆうストーリーで、こんな展開で、ここが萌えて、あそこが萌えてと、ついつい事細かに書き込んでしまいます。全部言いたくて仕方ない(>_<)ヽ
しかし今回は、この作品でそれをやっちゃあダメだろうと自重しました。
そんなワケで、感想を延々と・・・。さっぱり意味が分からなかった申し訳ありません。ただ、すごく心を揺さぶられる作品です。いつもと違うかもと敬遠せず、たくさんの方に読んでいただきたいなぁと思います。

*追記です。
私は安西先生のデビュー作からのファンですが、良くも悪くも正統派の作家さんだと思っていました。こう書くと語弊があるかもしれませんが。

しかし、前作でも「あれ?」と思いましたが、今作で大きくイメージが代わりました。これからかなり化ける作家さんじゃないかと思います。なんにせよ、こちらがターニングポイントになる作品では無いかと思うので、かなりワクワクしてます。もちろん、これまでの正統派の作風も大好きなので、いい塩梅に甘くて可愛い作品も出してもらえると嬉しいな~と思ったりしてます。
わざわざ、追記で書くほどの内容では無いのですが(^^ゞ 失礼しました。

9

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ