バースデー ご購入特典書き下ろしペーパー

Chara BIRTHDAY FAIR 2017 premium

バースデー ご購入特典書き下ろしペーパー
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神4
  • 萌×21
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

24

レビュー数
2
得点
24
評価数
5
平均
4.8 / 5
神率
80%
著者
 
イラスト
 
媒体
GOODS
出版社
発売日
価格
非売品
付いてきた作品(特典の場合)
バースデー(協力書店購入時のみ)

商品説明

文庫発刊記念・協力書店限定購入特典書き下ろしSSペーパー
本編後、津田が2人の部屋を訪ねてくるお話です。

評価・レビューする

レビュー投稿数2

全てが失われたわけではなく

本品は『バースデー』の
フェア書店限定特典ペーパーです。

本編後、
同居を始めた2人の後日談になります。

百合原は恋人の滝本と2人暮らしです。

百合原が朝刊配達を終えて帰宅すると
滝本はたいていキッチンにいます。

帰宅してキッチンに向かうと
ただいまという挨拶とともに
ハグされる事には未だに慣れませんが
恥ずかしいだけで嬉しさは否めません。

その後、百合原がいつも着ている
フードつきのトレーナーを脱ぐと
滝本がシャツに見て
目を丸くして尋ねてきました。

そのシャツどうしたの?
やっぱりそういうのが好きなんだな。
よく似合ってる

それは前のものが破れたために
昨日量販店で買ってきたのですが
ワゴンのセール品です。

身だしなみにかなりこだわる
滝本からすれば量販店の安価な服など
どれも同じだようなものだろうに
百合原のすることは全て褒めてくれます。

これからはたまに服を買おうかな
と思った百合原でしたが…

A4サイズ片面(書店により型違い)にて
百合原の中に消えてしまった
三希の存在を感じさせるお話です。

滝本の出勤後、
百合原の元ケースワーカーの津田が
ノーアポで尋ねてきます。

急に来たことを謝りながらも
持ってきた手土産を差し出して
賑やかにしゃべっていた津田でしたが

百合原の着ているシャツに
気づくとふっと黙り込んでしまいます。

そして滝本と同じように
百合原が選んだのかと訊ねてきます。

滝本と同じことを訊かれたことで
もしかして変なのかと思う百合原でしたが
続く津田の呟きにハッとします。

百合原君、センスよかったものね。
そういう服が好きだったんだよ。

百合原は津田の言葉に2人が
誰を思っていたのかを知ります。

百合原が何となく選んだシャツに
いなくなった三希の存在を思って
の終幕となります。

百合原を守るために最後まで
残っていた三希は
滝本や津田にとっても特別でした。

今の百合原であるために
仕方がないとは思っていても
寂しさは否めなかったと思います。

本編でもラスト、
百合原が猫を飼いたいという言葉は
三希の置き土産的な印象でしたが

本作では
三希が百合原の中で溶けて
混ざりあっている感じがしました。

滝本と津田の心残りを軽くし
読者のモヤモヤも解消してくれた
本作が読めてとても良かったです♪

1

このSSで救われる

本編で心配のあまり半泣きになった「三希」のその後のお話です。絶対本編後に読みましょう~
半泣きになった気持ち、本編でやり場のなかった気持ちが、少し癒されると思います。

********* 以下がっつりめのネタバレ


新聞配達している透が帰ると、朝ごはんを作ってくれていた遼一が迎えてくれるのですが、遼一は透の着ていたシャツを見て「自分で選んだの?」と聞き「やっぱりそういうのが好きだったんだ」と言います。
また遼一出勤後、透の元担当ケースワーカーだった津田さんが例のごとくノーアポで来たと思ったら、「その服、自分で選んだの?」と聞いてきます。
どうして同じことを訊かれるのか と不思議に思っていたら、「センス良かったもんね」「そういう服が好きだったんだよ」と言われます。
そこで透は二人が誰の事を思っていたのか気付いて・・・

私も津田さん同様、このSS読むと癒されると同時にぐっすんです。いなくなったはずの三希がちゃんといるんだと思って、これで良かったんだと信じたいと思うお話でした。先生、このお話書いてくださって有難うございました。

1
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ