禁じられたアルファの子 ~誓いのはちみつマドレーヌ~

kinjirareta α no ko

禁じられたアルファの子 ~誓いのはちみつマドレーヌ~
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神27
  • 萌×217
  • 萌6
  • 中立2
  • しゅみじゃない5

15

レビュー数
7
得点
223
評価数
57
平均
4 / 5
神率
47.4%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
 
媒体
BL小説
出版社
二見書房
レーベル
シャレード文庫
発売日
価格
¥686(税抜)  ¥741(税込)
ISBN
9784576181110

あらすじ

子作り専用オメガを育てる学院の生徒・優杏は、自由に生きたいという願いを理解してくれた
貴族でアルファのキースを密かに慕っていた。
発情期の夜、運命のつがいとして彼と結ばれるが、規則を破ったことで彼が狙われることに。
愛する人を守るため黙って姿を消す優杏。しかしその身には彼の子が。
四年後、ひっそり子育てする優杏を探し当てたキースは自身が子の父親だと知らず、裏切られたと勘違いしたまま執着してきて――。

表題作禁じられたアルファの子 ~誓いのはちみつマドレーヌ~

キース・セオドア・ハディントン・侯爵家嫡子・22~
望月優杏・エリートオメガの施設の優等生・18歳~

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数7

キースは優杏にベタ惚れだった。

この夏に出たオメガバースものでは、バランスが良く面白かったと思います。後書きでオメガバースものなのでエロ多めにしたとありましたが、エロ多めは良いが長々とは要らない主義なので、この作品はギリギリ耐えられる範囲でした。
疑問なのは、発情してないから、コロン付けて匂いを誤魔化してたって、なんでキースは運命の番が分からないのか!なってところです。運命の番なら分かるんじゃないの?
それから優杏は優し過ぎる、キースを守ろうとした秘書や母親のした事はギリギリ理解出来ますが、キースと形だけの結婚をする為の後継者としてジュリアンを優杏から取り上げようとしたクレアにはお仕置きして欲しかった。

2

これは運命だろう?

華藤えれな先生の作風だなあ…と、なってしまう独語感。
今回も情景描写が秀逸で、頭の中では映像を見てるかのように流れていました。
今回のお話の舞台は、スコットランドの架空の都市。
思わず行きたくなってしまう程好きな設定でした。

受けさんの優杏は、エリートオメガ養成スクールに在籍するも
備忘と性格と賢さが妬まれイジメに遭い、不特定多数の男に狙われる羽目に。
そんな時助けてくれたのが、尊敬と憧れの対象だったキース。
発情中の優杏を助けるという名目で2人は熱く愛し合うも、色々な事情により
キースは一旦違う土地に行き
優杏は学院を退学処分で下働きとして生きていくことに。
そんな中、優杏につわりの症状が現れて…

という、最初から切なめハードな展開。
最初に言っておくと、エッチシーンと
2人の子供のジュリアンが出てくるシーンと
番外編の新婚旅行小話
のみ救われる感じで
あとは、優杏やキースが辛い状況ばかりなので、本当に切ないです。
優杏の最後まで意志を変えない健気さ
キースのずっと1人を愛する純情さ
ジュリアンの優杏を大切に想う賢明さ
どれをとっても最高でした。

時間のある時・心に余裕のある時に是非読んでほしい1冊です。

6

オメガバースメロドラマ

マドレーヌやエクレア、ホットミルク等など、甘~いお菓子と共に楽しみたい作品です。
表紙の天使のようなちみっこに惹かれたのですが、当然なのですが・・・ちみっこ成分は少な目です。
も少しちみ成分欲しかったな~。
SSとかであるのかな?

メロドラマなので、紆余曲折あります。
受のオメガの優杏は、エリートオメガとして育てられてるのですが、この学園が子どもを作るだけの道具としてやはり扱ってるのでそこはオメガとして虐げられて、やはり差別されてます。

そんな中、強く逞しく生き抜いていく優杏くんの姿はとても美しかったです。
魂の美しい受くんでした。
中でも、「憎しみという感情は必要ない」と、「生きる支えになる愛や幸せ以外の感情は必要ない、他人を憎んだりしている時間が勿体ないし、そんな感情の置き場を心の中に作りたくない」という感じのセリフを言うシーンがあったのですが、すごくすごく納得しました。
正にこの言葉が彼の生きる姿勢を物語っていると思いました。

攻のキースはスパダリなのですが、途中ちょっと情けないです。
喪失感からの行動なのですが・・・。
優杏くんの爪の垢を煎じて飲みなさいって言いたくなりました!

まっ、でもとろとろに甘やかして幸せにしてあげてください~。

1

子どものためなら

すっかり定着した感のあるオメガバース。
今回は、運命の人とのただ一度の交わりで番になり、本当の自分の素性さえ明かさないまま隠れて子供を産んだ主人公が、子供のため、運命の番の相手のため、誇りをもって苦難に耐えるお話です。
お話そのものが受け視点とはいえ、この相手のアルファがなかなかのアレで、、、
一応主人公が、運命の人として愛し続ける位なので、お金持ちのお貴族様の、アルファにしては進歩的で頭のいい男ではあるのですが、まあ、ヘタレと言うか、なんというか、、
そんな所を含めての、ただ一度の恋の、運命の出会いのお話なので、めでたしめでたしで良かったと思います。

6

雀影

セルフツッコミ
華藤えれなさんは、私がBL小説読み始めた初期から、文体のリズムみたいなものがすごく相性が良くて、ずっと作家買いしています。
ただ最近、油断した隙に新しめの単語をぶっこんでくることがあって、今回はエピローグでのキースのセリフの「デキ婚」。
キースさま、そんなお言葉を使っては興ざめですわ。

精神的にも強い受け

一生懸命に頑張る健気な受けです。強い意志の持ち主でただの健気ではありません。
攻めのキースは優杏に執着(裏切られたと思っている・愛した人に似ている)しているので、彼の仕事に手を回しクビにしていきます。優杏は優しいキースを知っているので、どんなに酷いことをされても彼を嫌いにはならないし、過去に体を重ね愛した人が自分であるという事も黙っています。

息子のジュリアンの為にも力仕事をしたり一生懸命ですが、自分1人では限界を感じていてキースがクレアという女性と婚約をし本当はキースの息子と隠しておかなければいけないけれどジュリアンの事を考えてキースの息子として迎え入れてもらうように手続きを進めていきます。
最終的にはお金の為に自分の臓器さえも売ろうとするくらい自己犠牲が強いというか、他人想いです。それなのに、ジュリアンをキースに託したら自ら命を絶とうとします。今までどんな事があっても身を堕とすこともしなかった優杏ですが、支えがないと生きていけないという唯一の弱い点かもしれないです。
ジュリアンには自分が親ではないと思わせていたようですが、ジュリアンにはバレバレでした。

最終的にはキースの婚約者であったクレアはキースの秘書と結婚し、キースと優杏とジュリアンと一緒に暮らす事になる何の問題もないハッピーエンドです。

オメガバース設定で今作ではオメガは小作り専用という描写があり、学院の生徒は何人ものアルファとの子どもを産むので短命で、また性処理の道具という部分があります。
また、優杏が良い人すぎたかなという点が気になりました。心優しい彼だからという点もありましたが、ジョンとティモシーがやった事がキースとの出会いに繋がったとしても優杏の人生を狂わせたことには違いないです。
その2人のその後の人生を思うと、許してあげる事が彼らの救いになるとは思いますが、ちょっと自業自得な面もあるのかなと思ってしまうのは私の性格の問題かもしれないです。

ジュリアン可愛かったですが、少し漢字表記が多く大人っぽすぎたかなと思います。

ただの健気受けではなく精神的に強い部分も多く、切ない部分もありとても面白かったです。読みごたえもあります。

9

頑張った

オメガバース苦手なんですが冷酷そうな顔してる金髪イケメンさんの魅力に負けて購入。受けさんが頑張ったからか、そんなに抵抗なく読み終えることができました。おいおいそこまで追い込んじゃう?というぐらい頑張る受けさんが好きなので萌2よりの萌です。本編のみ280P弱(うち、エピローグ8Pほどは攻めさん視点)+先生のあとがき。表紙にあるようにお子様は出てきますが、出産なんかのシーンはざっくり割愛されていることと、攻めさんに少々女性が絡んでくることをお伝えしておきます。

舞台はスコットランド最北の孤島。エリートアルファ専用のオメガを集めた全寮制寄宿学校で、優杏が掃除をするシーンから始まります。もともとここの学生だった優杏。規則を破り、発情期に勝手にアルファと寝たため、住み込みの清掃員として働いているのですが、最近吐き気とめまいが続いていることに気付き・・・と続きます。

攻め受け以外の登場人物は、優杏の同級生複数、攻めさんの側近、婚約者と、優杏の愛し子といったところかな。

****************以下内容に触れる感想等

オメガバースの設定は、ヒートあり、噛まれると番になるのでチョーカーしている、つがいで発情期に結ばれると妊娠する、オメガが生殖のための存在として軽んじられているといったもので王道な部類かなと思いました。アルファ用にオメガを寄宿学校に入れるというのがユニーク?

お話としては、昔読んだえれな先生の「超せっぱつまった感あるお話」に近い感じで、優杏、ぎりぎり耐えて頑張ってる感満点でした。そこが一番好きです。その他はめっちゃ好きというところまでのものはあまりなく・・・・攻めさんは、格好いいんだけど、自分の身は自分で守れよと思うし、誤解から優杏には厳しーく当たっているので、「おっさん、えー加減にせーよ」と腹立たしい部分もあるし、誤解が解けた最後は一転してでろ甘ヘタレと化している気がするし。そう攻めさん、ビジュアルはいいんだけど、惚れられなかったです。最後の方は頁数の関係か、ややばたばたばたと片付いた気もするし、あの婚約者はなんだったんだという気も少々するし。

いい感じに切羽詰まってたんですけど、攻めさんにもうひと頑張りしてほしかった!でした。残念!

8

面白すぎるよ!!!

実は私は、オメガバースが大好きなのです。
オメガバースと言うと、発情期とか本能とか、とかくエロエロな部分が印象強いと思うのですが、この世界観の真骨頂はそこでは無いと思うのです。
これぞ私がBLに求めているものなのですが、「たった一人の運命の相手」に「人生で一度きりの恋」です。
そう実は、めちゃくちゃロマンチックなんですよー!!

で、今回、まさに私が求めるオメガバースだったのです。
超オメガバが生かされてます。ホント、最高です。
あと、真骨頂はソコでは無いと書かせてもらいましたが、そこでは無い部分・エロエロにも当然萌えさせて頂きました。一粒で二度美味しい・・・。
受けがかなり辛い目に遭うので、苦手な方はご注意を!!


内容ですが、オメガバースでシークレットベビーものです。
高位の貴族等を相手とする、子作り専用オメガを育てる学院の生徒・優杏。
理事でオメガの人権を認めてくれる貴族・アルファのキースに憧れを抱いています。
そして発情期の夜、様々なアクシデントが重なった事で、運命のツガイとしてキースと結ばれる優杏。
愛するキースを守る為、自身の妊娠を隠して彼の前から姿を消します。
そして四年後-。
ひっそり子育てする優杏の前に、真実を知らないまま裏切られたと勘違いしているキースが現れー・・・と言うものです。


で、こちら、作者さんがおっしゃるには王道メロドラマとの事。
もうとにかく、めちゃくちゃ切ないのですよ。
二人は四年前、たった一日愛し合っただけです。
実はその時、マフィアに襲われ視力を悪くしていたキース。
そんなワケで、優杏を学院の生徒では無く、偶然行き会ったオメガのマルセル(偽名)だと思っています。
二人はツガイとなり、将来の約束をしたものの、その後黙って姿を消すマルセル。
事実の発覚を恐れた側近により、マルセルが死んだと思わされと言う流れです。

で、四年後に再会する二人。
キースは優杏の事を、特別に目を掛けていたのに裏切って堕落した元生徒として憤りを覚えていてと言った所。


今作でのオメガ設定ですが、オメガは子を産むためだけの存在で人権自体がありません。
で、散々道具として酷い扱いを受けるオメガ達と、かなり痛々しいのです。
しかし、この設定がとても巧みに生かされてもいるんですね。
子を産む事だけを使命のように、洗脳教育されているオメガ達。
そんな中で自身の夢を持ち、道具としてでは無く「人」として生きようと強い意志を持つ優杏。
この設定により、彼の芯の強さや心根の美しさが際立ちと言った具合に。
また、そんな社会を変えたいと願う、キース。
そんな彼の行動により、政府と癒着しているマフィアから狙われ、だからこそ「マルセル」と出逢う・・・。
いやもう、あちこちに「仕掛け」が仕込まれてますよ!!

と、設定やストーリーがとても巧みなのですが、そんな中で展開して行く二人の恋愛部分がこれまた最高です。
先にも書いたように、この二人、誤解からかなりのすれ違いです。
いや、誤解してるのはキースだけですが。

もう、優杏の健気さに身悶えなのです。
一人で子供を育てるのですが、その為に身を粉にして働く。
なのに誤解しているキースが、次々と優杏の仕事先に手を回してクビにしと。
実はこれ、優杏が懸命に働いてるのは、子供の為では無く、別の男に貢いでると言う誤解もあるのですが。
キースがゲス野郎だから邪魔するのでは無く、要は嫉妬心から仕事が出来ない状態に仕向けてるのです。
ホント、最後には身体はボロボロ状態で、内蔵まで(子供の為に)売ろうと言う段階では悲鳴です。もう止めてあげて(ToT)

また、そんな彼ですが、本当に強いのです。身体は華奢で弱いのですが、その精神が強い。
キースに対しても、決して自身の心を曲げずに相対しと。
そんな優杏だから、マルセルを想い続けているはずのキースが惹かれてゆく・・・。
ここまで(精神的に)強い受けて、なかなかお目にかかれないんじゃ無いでしょうか。
まさに、凛としていると言う言葉がピッタリ。

そしてそして、二人のすれ違いに身悶えした後の大団円です。
私は不憫受けが報われる瞬間と言うのが死ぬほど好きですが、今回は興奮し過ぎてページをめくる手がブルブル震えました。ガチで。
くっ!! シビれるぜ!!

最後になっちゃいましたが、オメガバースと言うことでエロ濃厚です。
甘々エロにも、切ないエロにも萌えまくりました。
ホント、面白すぎるよ!!

興奮し過ぎて、長々と失礼しました。

26

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ