獣人も、人間も、身分も関係ない。俺はお前が好きだ。

獣人専門デリヘル~俺の子を…孕め。2

juujin senmon deliheal oreno ko wo harame

獣人専門デリヘル~俺の子を…孕め。2
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神1
  • 萌×20
  • 萌4
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
18
評価数
6
平均
3.2 / 5
神率
16.7%
著者
時逆拾壱 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
彗星社(星雲社)
レーベル
Glanz BL comics
発売日
価格
¥648(税抜)  
ISBN
9784434256226

あらすじ

獣人専門デリヘルとして働く千里は、
御曹司で同級生だった獣人・ロウに告白される。
そんな折、取引先の黒豹・ルカが千里にアプローチ。
千里と黒豹の仲を誤解したロウは、
独占欲を剥き出しに千里に迫る。
「今すぐ俺のものにして、身ごもらせてやる」
止まらない交尾に、熱くなるカラダ。
「このままじゃ、妊娠しちゃう…っ」

獣と人間、ふたりの恋路が行きつく先は――
感動の最終巻!

表題作獣人専門デリヘル~俺の子を…孕め。2

加賀美ロウ(財閥代表取締役・千里の高校時代の親友)
上杉 千里(デリヘルのボーイ)

その他の収録作品

  • 描き下ろし

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数2

相変わらずロウの愛が深かった

アスワド社長とのいざこざ・デリヘルの瑛二先輩とロウの関係・身分差、2巻はネタたっぷり詰まってました!

1巻で揉め始めたアスワド社長との関係は途中「お前さんいいやつなの?ヤな奴なの?」となりますが、結果やっぱり好いやつでした!
ネコ科の舌による愛撫は気持ちいいのかどうか…見ていてちょっと痛そうでした(笑)

デリヘルの先輩・瑛二の子供を預かる事になったけど、ロウと瑛二が元々の知り合いだったことが分かりモヤモヤ悩む千里。
でも、瑛二の子供がイヌ科じゃない時点で私的にはどうでも良かった…かな。
なんならライオンの子供を産んでる先輩とロウの過去恋仲を心配してる時点でどんだけ先輩尻軽扱いなんだよ。
って思ったけど、そっか。デリヘルでしたね(笑)

ラストは勿論身分差問題。
両親登場でちょっぴりドキドキ。でも、最終的にはいい両親でしたが、母親にちょっと引きました。

描き下ろしが・・・可愛かったー!天使でした♡

2

エッロエロの2人はさておき。獣人の子、レオくんに癒されます。

ロウは嫉妬深いので、冒頭から乱暴に千里を抱き潰しております。
もうねー、千里の背に跨って交尾してる姿は、四肢を踏ん張って、まるで、まるで…。
ええ、作者もワンコを飼ってらっしゃる様なので。ロウは狼ですけども、きっとワンコがモデルだと思われます。
千里は自分の色気に気付いてないので、うかうかと黒豹獣人ルカの手管に落ちてしまい、襲われたりしますが、ルカは本当に千里に惚れてるんですよね。強引に身体を奪おうとするけれど、一応ギリギリ、ロウに助けられます。
通訳の仕事もしているのに、どういうわけかデリヘルの仕事を辞めていない千里。
ロウに愛を告白されているのに関わらず、自分はロウ専属のデリヘルボーイだという認識なんですよね。
え⁈ まだそうなの⁈ そんな折、千里はデリヘルの先輩、瑛二さんの息子、獣人レオを預かる。
この子がホント可愛くて、終始汁ダクのエチばっかり見せられてる中で、唯一の癒し。
無邪気で、自分が獣人なのに、大きな身体のロウを怖れ、千里に懐く可愛いらしい子供のレオ。
レオは実はロウの親友、老舗の製薬会社の御曹司の息子なのだが、両親から瑛二さんとの結婚を反対されて、泣く泣く瑛二さんを捨てたのだという。泣く泣くとは言え、クズには違いない。
瑛二さんはきっぱりと別れる決意をして、シングルマザー(ファーザー?)の道を選んだのだ。
この事は、後にロウの家族と会うという千里を揺さぶる。ロウは何が何でも千里を離さないと言うけれど。ロウは財閥の御曹司なのだ。2人の前に立ちはだかる身分の差‼︎ と思いきや、意外にもアッサリと受け入れられてしまう。とにかくロウの両親は、後継者が欲しいというので、ロウに媚薬さえ盛る。いやそんなもん無くてもヤリまくってますから‼︎ 御心配無く‼︎って感じです。
財閥の御曹司であるロウの体面を気遣っていた千里でしたが、堂々としていようと決心をします。
それに、ロウの両親は獣人と人間との間の差別を苦々しく感じていたリベラル派だという事も分かり、めでたし!なんですよね。いやもう拍子抜けするほどの障害の無さ。
失恋したルカも優しく見守っていて、彼にも新たな恋の予感。秘書の獣人、テトといい感じです。
いやー、ルカもスパダリっぽいので、ここはシングルマザーの瑛二さんを救済して欲しかったですけども〜。
結婚後、ロウと千里の間に可愛い獣人の子供が生まれます。獣人なんだけど、何となく千里にも似ていて可愛い。遊びに来ているレオくんが、自分の指をキュッと握る赤ちゃん、耀の愛らしさにときめきます。「…君はボクが守るからね…。」それは、ロウが千里に誓った言葉。
いつか成長した彼らも恋に落ちるのでしょうか。という温かで優しいラストを迎えます。
修正でぼんやりしている割には、エッロエロ過ぎて、やや疲れるので、小さな子供たちは本当に癒し。
ホントヤリ過ぎなんだってば。交尾そのものよりも、ロウの長い舌を絡ませるキスが一番エロかったー。獣人の舌遣いおそるべし!

0

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ