熱情と執着のベクトル

netsujo to shuchaku no vector

熱情と執着のベクトル
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神1
  • 萌×26
  • 萌2
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
4
得点
36
評価数
10
平均
3.7 / 5
神率
10%
著者
きたざわ尋子 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
高宮東 
媒体
小説
出版社
角川書店
レーベル
角川ルビー文庫
発売日
ISBN
9784044462123

あらすじ

「私からは逃げられませんよ」大会社の会長の隠し子として、突然笹本家に呼び寄せられた河村享。
新しい生活は、どこか馴染めなくはあったが、それなりに楽しいものだった。
しかし、後継者の腹心の部下で、同居している謎めいた男・高城直征の視線だけが、冷静なはずの享の感情を落ち着かなくさせる。
やがて高城に搦め捕られるように、享は肌を重ねることになってしまうが…。

表題作熱情と執着のベクトル

高城直征,30歳,長谷部の部下
河村,22歳,笹本社長の隠し子,会社員

その他の収録作品

  • あとがき

レビュー投稿数4

敬語を話す攻めが好きで買いました。

この本と、続刊の2冊を読みました。続刊の感想と重複している箇所があります。

タイトルだけで見ると、どっちが一巻なのか区別が付かず、同じタイトルで「下巻」とかにすれば、購入する時も分かりやすいのになと思いました。




ネタバレ注意です。

刑事物で味わえる様なスリルは無いです。受けの主人公の悩みが中心に書かれていて、全体的に落ち着いた流れの物語です。受けの悩みというのは、家族関係だったり、恋人関係だったり、です。

典型的な、ただ敬語を話すエロしか頭にない執事の攻めだったらどうしようと心配していたのですが、そうではありませんでした。この攻めは誤解されがちかもしれませんが、基本的に良い人だと思いました。冷たく淡々としているのですが、質問をすればほぼ答えてくれますし、遊びで誰かと寝るほど暇じゃないと言うくらい仕事はキッチリしてますし、気が利きますし、頼りになります。また、完璧な人かと思えば、ベッドメイクはそんなに得意でない事がわかり、成る程、人間味がある敬語使い攻めだなと親近感も湧きました。ベッドメイクは彼の仕事ではないのですが。受けと体の関係を初めて持つ時、自分の心の内は明かさず、受けに決定権を委ねるのですが、そこはすこし狡いと思いました。が、話を読んでいくと、この人は元々こういうコミュニケーションの仕方をする人であると理解しました。受けに告白をする情熱を垣間見せる事もありますが、この方の基本的にブレない所が好ましかったです。

受けの子は良い人です。欠点といえば、自分の中で問題を溜め込み、自己完結してしまうところがあり、えー、そんな事本人に聞けば良いのに!と少しもどかしく思う事もありました。ま、彼は元々悩みやすい性格で、彼が悩むから物語が進むという事もあります。攻めと初めて体の関係を持つ時、攻めから、するかしないか、みたいな事を聞かれ、受けはほぼ流れで関係を持ってしまいます。その後も相手と意思確認する事もなく、体の関係を持ち続けます。本人はまだ攻めが好きかどうかよく分からない段階にいたのですが、それなのにベッドを共にしてしまう、のか…と少し驚きました。攻めも上記の通りあの性格なので、受けはずっともだもだしています。

初めてする日、攻めから「するか否か」問われたら、「あなたは私を好きって事でいいんですか、この後は私たち恋人同士ってことでオケなんですか?」って、受け確認しなよ!と、老婆心から心配しました。

このシリーズはこのお二人方の小説しか読んでないのですが、登場していた弟のカズキとその恋人も何回も出てきます。この弟はとても良い子なのですが、周りの人達から沢山構われていて少し「愛され」要素が垣間見れました。個人的に少し苦手な要素なので、読んでる最中は、あーハイハイ…と思いながら事務的に読み流しました。恐らく、この弟がメインの方を読めば、彼の良さがもっと理解出来るのだと思います。

個人的に攻めがとても気に入ったので、この評価といたしました。この作者様の別のシリーズも読んだことがありますが、とても気に入っていますので、他の作品も読んでみたいと思います。

敬語攻め、スパダリが好きな方は是非お読みになられたら良いかと思います。

0

翻弄される亨君

欲望のベクトルのドラマCDが気に入ったので
高城×亨の続編を購入しました

ドラマCDで好きな声優さんが演じていたのが大きかったですが
原作もおもしろく一気に読み進めました

何を考えているかまったく読めない高城のペースに飲み込まれ
回数を重ねるごとに高城を好きになってゆく亨が可愛いです

体の関係だけでは嫌だと関係を解消しようと決意した亨が切ないです

最後は想いが通じあってラブラブになるのが胸キュンでした

大好きな声優さんがお2人もキャスティングされているので
このお話もドラマCDも聞いてみたいですが
だいぶ前の作品なので叶わぬ夢ですかね…

1

和希に続き亨までもが捕まった?!

謎の男・高城のお話だったーっ!!
それも相手は亨ときたかっ(><)
作家さんも、亨と将吾どちらにするか迷ってたみたいですが、
なるほどね~(笑)

前作にもチラホラ出てた、鬱陶しいそうなキャラ富岡が登場。
何かにつけて亨の前に現れ、チョッカイかけてくる。
もともと亨とは仲のよかった富岡。
実は亨、過去にこの兄に一服盛られ犯られちゃった経験あり。
それを知った富岡が兄との関係を求めて付けまわすみたいな??
兄に説明を求めても、酔った勢いみたいにとぼけるし
(この兄が一番最低なんだけどね・怒)
亨の方にもしつこく説明を迫るしで、本当ウザイの一言!!
正直、富岡自身、無意識に亨に気持が…。

過去の出来事が高城にばれてしまった亨。
そこから何故か高城「君はね、私が好きなんですよ」
オイオイどうした高城と思っちゃいましたが(@@;)
これまでのストーリーを読む限り、苦手感情はあったとしても
恋愛感情はなかったろうに…
最初は「売り言葉に買い言葉」みたいな関係で始まっていくのですが、
結局、亨は高城に惹かれてる自分の気持ちを確信するわけです。
その途中経過も相変わらずの高城。
本当に解りずらい男だよ。
亨じゃなくったって、本気で自分のこと好きでいてくれてる
なんて思いもしないわ…

でも裏ではしっかり亨を守ってます。
亨にはナイショで、富岡の前に兄を連れ出し、
過去の説明をさせて、二度と亨の前に現れないようにしてた訳。
それを本当に偶然会った富岡から聞かされ、
高城の気持ちが余計に解らなくなり、離れていくのですが…

はい高城そんな事で亨を逃すわけありません(笑)
お部屋で待ち伏せ告白です。
が、結局は最後まで高城でした(笑)
好きな人には独占欲強いし、溺愛するのは
達郎に負けず劣らずですわ(^^;)

亨・実は結構天然?!
和希ほどではないけれど、ほっとけない気持ちが分かるかも。

1

静かな熱情

飄々とした攻め×翻弄される受け。
これだけだとよくある組み合わせですが、無理矢理とかじゃなくて、攻めにきっかけを作られて、そのあとはなりゆきで、みたいな感じ。

まず読んで最初の感想としては、丁寧な文章だなぁと思ったんですよね。シリーズ物だからっていうのもあると思いますが、お話のボリュームに対して状況説明、登場人物紹介が多いです。物語を追っている感じになってしまって、受けと攻めの関係や心情をじっくり読みたい私としてはちょっと物足りなかったかな(^_^;)

そのせいか、または受け攻めどちらも感情をあまり出さないタイプだからか、好き!というのがいまいち伝わってこないというか・・。タイトルには熱情、執着、とありますが、どちらかというと穏やかなカップルが好きな方におすすめかもと思いました。
あ、あと敬語攻め好きな方にもw

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う