約束の番 魂の絆 コミコミ特典小冊子 会議は踊る

yakusoku no tsugai tamashii no kizuna

約束の番 魂の絆  コミコミ特典小冊子 会議は踊る
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

49

レビュー数
1
得点
1
評価数
1
平均
2 / 5
神率
0%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
 
媒体
小冊子
出版社
幻冬舎コミックス
発売日
価格
非売品
付いてきた作品(特典の場合)
約束の番 魂の絆 (但コミコミスタジオ購入のみ)
ページ数
12ページ

あらすじ

文庫発刊記念・コミコミスタジオ購入限定特典書き下ろし小冊子
A5サイズ全12頁で番外編の他にキャララフも収録。
混乱に乗じて亡命したユリウスを巡っての会議のお話です。

表題作約束の番 魂の絆 コミコミ特典小冊子 会議は踊る

ユリウス、カナタの番でイディアの元皇太子・アルファ
カナタ、アネイシスの皇太子・オメガ

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数1

ユリウスを巡る審議のはずが・・・

本品は『約束の番 魂の絆』の
コミコミスタジオ限定特典小冊子になります。

本編幕間、
亡命希望のユリウスを巡る会議のお話です。

アネイシス王国は他国との交流を一切せず
外国人の入国も救出されたオメガ以外は
基本的に許可していません。

ユリウスはカナタの仲間である
デニスに連れられてとは言え
混乱のどさくさに紛れて入国したため
カナタから国王ハルトへの報告もなく
正式な入国許可もとっていません。

今日2人は国王ハルトから
ユリウスの処遇について大事な話がある
との呼び出しを受けて王城内にある
王の接見室にやってきました。

緊張で身体を固くしたカナタに
ユリウスはたとえ入国が許されなくても
この国の近くに住んで少しでも
カナタに会えるように努力をする
と優しく微笑みます。

2人が頷き合って手を握っていると
ハルトがやってきましたが
その顔はいつもの穏やかなものではなく
カナタは眉根がよってしまいます。

ハルトは
カナタの親としては2人を祝福するけれど
国王として法を順守しなければ
国民に示しがつかないと告げ

この件については審議会を開き
皆の意見を聞いて慎重に話し合いたいから
2人に広間への移動を促します。

カナタは会議室でない事を訝しがりますが
ハルトはいつもの主要幹部だけでなく
あらゆる職務に携わる者達に出席を求めたと
2人を先導して歩き始めます。

覚悟を決めてハルトの後に続く2人でしたが
広間には想像以上の人々が待っていて!?

A5判カラー表紙(文庫カバー同イラスト)で
アルファの亡命という前代未聞の会議の
顛末になります。

皆の視線がカナタたちに向けられますが
誰の顔にも笑みがなく背筋が寒くなります。

前列端に座っていた警備長官が立ち上がって
議長としてユリウスの処遇を巡る審議が
始まりました。

様々な意見が出される中
議長はカナタにユリウスの弁護をと
カナタに宣言を望みます。

ユリウスが信頼できる人物だと
皆が納得いくような宣言をして欲しいと
言われたカナタは必死に言葉を探します。

するとそんなカナタの頭に
ふわりと白いレースが掛けられ
カナタの教え子だった子供達が

満面の笑みで
カナタが「愛の宣言」をしてくれないと
結婚式が始まらないと詰め寄るのです!!

なんとこの場は審議の場ではなく
2人の結婚式の場だったのです♪

感激して泣き出したカナタを抱き寄せて
ユリウスが先に「愛の宣言」をして
カナタも続いて沢山の祝福を受ける

・・・という幕引きまで
ユリウスの処遇を巡ってハラハラな
カナタ達が楽しいお話でした。

2人はいろいろとヤキモキし
ハルトも手回ししようとしたようですが
いい意味で裏切られたようですし
幕間的な裏話としては面白かったですが

続編で2人が仲睦まじい様子は
しっかり描かれていたので読者的には
わりと予定調和的な小話でしたね。

「愛の宣言」はラブラブでしたが
行動でもラブイチャを見たかったな。

0
PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ