気になりすぎるあいつの声

kininarisugiru aitsu no koe

気になりすぎるあいつの声
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神1
  • 萌×22
  • 萌5
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
28
評価数
8
平均
3.5 / 5
神率
12.5%
著者
朝比奈ぴょこ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
一迅社
レーベル
gateauコミックス
発売日
価格
¥679(税抜)  
ISBN
9784758079471

あらすじ

ごく平凡なサラリーマンである俺は、ここ最近とある悩みを抱えていた。
それは、隣の部屋から毎晩聞こえてくる喘ぎ声!
女を連れ込んでるんだろうと思ったら…自分の声ってどういうこと!?
声優で!? BLドラマCD!? 受けとか攻めってなに!?
しかも、童貞だからセックスの指導をして欲しいって――!?

表題作気になりすぎるあいつの声

隣人の平凡な会社員
小塚・BLCD新人声優

同時収録作品恋を重ねて

相澤 悠斗・SNSで知り合った大学生
西島 圭太・高校生

同時収録作品バルコニーの恋人

一人暮らしの会社員
居候する死神

その他の収録作品

  • あとがき
  • 本体表紙・裏表紙:マンガ
  • カバー折り返し・背表紙・カバー裏

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数2

雰囲気のあるデビュー作品が良かった!

表題作ほか2作品、コミカルな短編集のデビューコミックスです。
短編なので強引な展開や駆け足感はありますが、サラッとテンポよく読める作品でした。

表題作は平凡な会社員×新人BLCD声優
隣人が引っ越してきてから、喘ぎ声で毎晩睡眠を妨げられ困っている会社員、
実は喘ぎ声は受け役の練習をしていた美人の男(小塚)と判明。
喘ぎ声にリアリティが足りないと言われた小塚は、
童貞で実践経験がないと嘆き、会社員に喘ぎ声を出す練習を手伝って貰うことになる。

よくある設定で強引な感じはあるんですが、最後まではしない。
憧れのベテラン声優との仕事が決まり、再度練習を手伝って貰う内に、
会社員がベテラン声優に嫉妬して、誤解からすれ違い、お互いの気持ちに気付いていくという流れ。
気持ちを通わせてからカラダを繋げるので、そこまで早急な感じはなくて、
ひたむきに頑張る受けがカワイイのと、強気な攻めのカップリングが良かったです。

同時収録作品「恋を重ねて」
SNSで知り合ったカワイイ高校生と、天然大学生の再会もの。
自撮りの可愛さがハンパない圭太、友人とふざけてSNSに投稿したところ、
多数のDMの中に圭太を特定するDMがあり、トラブル前に会うことにした相手がイケメン大学生の悠太。

画面に移り込んだ風景で場所を特定されたことを知り、
警戒心がとけた圭太は悠太とその後も連絡を取り、進路相談をする内にどんどん悠太に惹かれていく。
実は二人は幼馴染みで、圭太は忘れており、圭太が好きだった悠太は伝えるタイミングを逃していた。

ほわほわした天然キャラの大学生悠太が魅力的。
圭太も悠太を好きになり関係を深めたいのに、進展しないことで悩みモダモダする感じがカワイイです。
二人が幼馴染みだったことが分かってから関係が深まる流れで、悠太が圭太を大事にしていたのが理由。
そして圭太が悠太に気付けなかった理由は、苗字が違ってたから…でした。
圭太の高校生活や友人関係、悠太の友人とのやり取りなど、悩み相談の様子が面白かったです。

「バルコニーの恋人」
デビュー作品だそうですが、個人的には一番好きな作品でした。
ひとり者の会社員が自宅ベランダにいると、空から美人の天使が…。
実は天使ではなくて死神。しかも天使風な翼はコスプレで、自分にはこちらが似合うと天然を発揮。
向かいのじいさんのお迎えで、ここで待機させて欲しいと頼まれOKする会社員。

義理堅い死神のお礼で襲い受け…天然な死神とのおもしろ同居生活が見どころです。
情が湧いた頃に朝目を覚ますと死神は消えていた。
もちろん向かいのじいさんのお迎えですが、寂しさでしんみりした頃に死神が再び…。
強めのイケメン攻めと、きれいな死神受けの、とぼけた面白さと世界観が良かったです。

※シーモア:修正白抜き。雰囲気のあるエロでした。

1

ラストの短編がもっと読みたかった

平凡リーマン(作中に名前出てこず)は、毎晩隣人の喘ぎ声がうるさくて寝不足に。
遂にキレて怒鳴り込みに行ったら喘ぎ声の正体は
BLの役練習をしている声優だった。
童貞でリアリティーが出せないと悩む小塚の練習相手になる事に。

表題作は前後編の2話なので結構アッサリでした。

同時収録の再会ストーリーも前後編でしたが
こちらの方がどちらかと言えば読み応えあったかな?

個人的にはラストに収録されていた短編の死神のお話が好きでした。
先生の人生初オリジナルBLだったそうです。
主人公がベランダで一服してると綺麗な天使が舞い降りてきた!
と思ったら天使のコスプレしてる死神だったってのが笑っちゃいました。
死神が天使のコスプレするって発想が可愛すぎて(笑)
この作品は”再会”で終わるので
こちらに「後編」があったらよかったのにーって思っちゃいました!

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ