キッズログ (6)

kids log

キッズログ (6)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神7
  • 萌×23
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
47
評価数
10
平均
4.7 / 5
神率
70%
著者
葉芝真己 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
幻冬舎コミックス
レーベル
バーズコミックス ルチルコレクション
発売日
価格
¥630(税抜)  
ISBN
9784344844933

あらすじ

人気作家・井筒燈利と亡き双子の弟・和利の息子・亮太の家に金髪の保育士・なっちーこと倉本佑司は現在同居中。子育てに奮闘する燈利を手伝いながら、三人暮らしの楽しい日々を送っている。
子供のころ、燈利と和利を可愛がってくれた大おじさん宅への一泊旅行に同行することになったなっちーは緊張気味で……!?
疑似シングルファーザー燈利&亮太+保育士なっちーのハートフルストーリー第6巻!!

表題作キッズログ (6)

井筒燈利、人気作家、24歳(攻め受け未定)
倉本佑司、保育士(攻め受け未定)

その他の収録作品

  • 番外編
  • あとがき

レビュー投稿数2

大好きです

ようやくここまで来たかという感じです。
しかも今回は泣かされました。
今回は当て馬的な女性も現れず終始もうカップルで良いんじゃ無いのと言いたくなるくらいでした。

公園で亮太が迷子になった時に幼き姿で現れた和利にも泣かされましたが、大おじさんの家でのお話でも泣きました。

エッチなんか無くても(本当は読みたいが)とても素敵で大好きな作品です。
お互いが好きなのが分かった今作では、とても萌えました。ちょっとなっちーが今ひとつ鈍いですが、亮太が大きくなるまでにキスくらいまでは見たいです。先生よろしくお願いします。

1

ずっと続いてほしいシリーズです。

双子の弟の子供を育てている人気作家とその子供の担当保育士との、3人同居生活を描いたこのシリーズも6巻になりました。
毎回子供(亮太)の可愛さに癒されて、主役2人の不器用な距離感にキュンキュンします。

今回も毎度のことながら好きとか愛してるなんて言葉はないけど、燈利の態度から愛情が溢れててニヤニヤしっぱなしでした。
それなのに、なっちーの方はすぐ不安になっちゃって、勝手にオロオロしてるのが可愛いのです。
だって、子供を預けてデートしたり、手作りの指輪を渡したり、伯父さんの家に泊まりにいったり、はたから見たら家族にしか見えませんよ…。

そして、亮太のエピソードではどれもホッコリしましたが、今回は亮太の実のパパが子供の姿で助けてあげてるのが心に残りました。

毎回温かい気持ちになれるこのシリーズ、今回も大満足な読後でした。これからもずっと続いてほしいです。

2

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う