好きとか嫌いとか、どうでもよくない? 気持ち良ければなんでもいい——

愛されたがりのアンチロマンス

aisaretagari no antiromance

愛されたがりのアンチロマンス
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神6
  • 萌×29
  • 萌7
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
5
得点
88
評価数
23
平均
3.9 / 5
神率
26.1%
著者
オキノニコ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
笠倉出版社
レーベル
カルトコミックスequal collection
発売日
価格
¥700(税抜)  
ISBN
9784773072259

あらすじ

今時めずらしいくらい純粋な青年・藤川直人と、過去の失敗から人と真剣に付き合ってこなかった鴇谷はお付き合い中!
真逆な考え方のせいで初めは噛み合わないこともあったふたり。
けれど、デートを重ねていくと直人の真っ直ぐな好意を次第に嬉しいと感じ始め…。

純情・純粋な年下わんこ大学生×貞操観念ゆるゆるな誘い受リーマン
恋愛初心者なふたりの不器用な初心ラブストーリー

表題作愛されたがりのアンチロマンス

藤川直人(大学生)
鴇谷(リーマン)

その他の収録作品

  • After Story(描き下ろし)
  • おまけ「表紙について」

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数5

かわいいアンチロマンチスト

まず、何よりも絵がとても綺麗です!
それだけでも読む価値ありというほどに^^

バイの鴇谷とノンケの童貞・藤川のピュアラブです♡

経験豊富な鴇谷ですが、
純粋で真面目な藤川に興味を持ちます。

遊んでいるようで本当は一途で愛されたい鴇谷は、
自分を大切にしてくれる藤川に惹かれたのだと思います。
あっさりした展開で順調に進んでいく、
王道ともいえるストーリーです。

普段はいい男なのにHの時は可愛くなっちゃう鴇谷が、
とてもエロかったです(〃ω〃)
受け:鴇谷・攻め:藤川なのですが、
これが逆でもよかったのになーなんて思います。
   

0

ダブルピュア♡

気持ち良ければいい程度にしかセックスをとらえていないバイの鴇谷は、お店で酔っ払ってる流されやすそうな直人をホテルに連れ込むも、いざセックスしようとしたら「好きな人同士でするもの」だと拒否られてしまう。

後日酔って迷惑かけたお詫びと直人に食事に誘われ、そのまた後日偶然電車で遭遇し、そのたびに純粋で可愛い直人に興味の湧く鴇谷。
少なからず鴇谷に人間的に好意は抱いてる直人に、半ば無理やり言い包め付き合うことに。


付き合ってからの鴇谷が・・・・可愛かった。
貞操観念ゆるゆるの美人だけど、意外にも”恋”は初心者。
ピュアで可愛い直人にキュンキュンしつつも性欲は抑えて我慢する姿は可愛かった♪
直人の大学の先生が鴇谷の元カノだったことで、直人は二人の関係を気にかけるが、鴇谷は元カノにセックスが下手と言われた過去をバレたくなくて元カノと言うのを隠しちゃうのも・・・結局バレて可愛かった。

鴇谷と直人がお互いの事を脳内で「可愛い可愛い」連呼し合ってるのはめちゃくちゃホッコリでキュンキュンでした♡

3

天然わんこDTの眩しさ

キレイなお兄さんに翻弄されちゃう純情系童貞。
だいぶと見慣れた組み合わせ感はあります。

居酒屋のトイレで泥酔していたノンケ純朴大学生の
直人をたまたま居合わせたバイでビッチでセクシーな
鴇谷が介抱しホテルに運び込みエッチに誘うも
「こういうのは好きな人とじゃないと」と
見事などピュア100%の模範解答を見せる直人。

かっちりと貞操観念が固い直人を鴇谷がどう落とすの
かな〜と読み進めたら案外、というかかなりあっさりと
お付き合いすることに…
電車の痴漢、普通あんなにがっつりこないでしょ〜?と
つっこみたくなる展開だったのでもうちょっと
ドキドキさせて欲しかったです(笑)

ですがまあお付き合いを始めたものの、
圧倒的経験値の差があるふたりの身体と心の凸凹感が
徐々に埋まっていくかんじは微笑ましかったですし、
初デートで名前呼び、さらっと手を繋ぎエスコート力
高めの鴇谷にドギマギしたり、
見合う男になりたいと見た目を変えようとする直人が
いじらしくて眩しかった〜。

最終的にはうぶうぶながらも真っ直ぐな直人にメロメロ
一途になって形勢逆転、翻弄されちゃった鴇谷。
直人の愛に安心して包まれてほしいです。

3

綺麗なお兄さんは好きですか? そりゃ好きになっちゃうでしょ!

とにかく誘い受け鴇谷さんが綺麗!色っぽいというか、もぅダダ漏れ的にエロい。
こんなの ノンケだろうが、童貞が堕ちないわけが無い‼︎ んだけど、直人は生真面目なロマンチストなので。セックスは好きな人とするものだ、と大真面目に言うのだ。
それを闇雲に押し倒すでも無く。可愛いと思える鴇谷さんの余裕。そう、余裕なんです‼︎
そりゃ鴇谷さんも男なので、性欲も劣情も持ち合わせているわけなんですが。その色っぽさとは裏腹に。所謂「雌お兄さん」では無い。フツーにスマートでカッコいい男の人なんですよね。そこがいい‼︎ 凄くいい‼︎ 鴇谷さんは、複数のセフレと爛れた関係を続けていた一見だらし無い男ですが、それも失恋という手酷いトラウマがあっての事。ここ詳しくは描かれていないのが残念なんですが、(中学の時のは、その理由には入れなくていいよね?)その為に割り切った関係の方が自分には合っていると思い込んでいる。けれど、直人に優しくされて舞い上がれる程、恋に恋する乙女脳だったりもするのだ。なので、変に拗ねたり、拗らせる事なく。直人の伸ばした手を掴む。
直人にとっては勿論これが初恋になるわけで、綺麗でカッコいい自分の恋人を大切にしたい、けれども抱きたい‼︎ なーんて、ウハウハな葛藤にぐるんぐるんしたりしていて。それはもぅ単純に幸せ♡ なのだ。途中、可愛いヤキモチ妬いたり、元セフレが押し掛けて来たりと、ちょい揉めしますが、そこまで大事件にならずに、終始イチャあま♡ です。
地味めでメガネくんだった直人が、鴇谷さんにのぼせて、メガネやめてみたり、ボサボサの髪をカットしたりして、シンデレラ的にイケメン化すると共に、鴇谷さんにリードされるばっかりじゃなくて、男前らしさを自然と身につけて行く様子もナチュラルでいい。臆病なダメっ子が王子さまに見初められるという古式ゆかしき少女漫画では無くて、直人の持つ、そもそもの良さが自分の意思で開花されて行くって言うのかな。これはこれで王道なんですが、嫌味が無い。
鴇谷さんは年上らしく、常に直人が可愛いって、思ってたのが、いつしかカッコいいって思えて来る。
この年下攻めの下克上感も良いんですよね。
急に二頭身化するコミカルさは、他の何人かの作家さんを彷彿とさせますし、完全なるオリジナリティは感じられませんけども。これが初コミックスとの事、次回作も期待してみたいと思います。

3

ピュア~で焦れったい恋♡

この作品はオキノニコ先生のデビュー作ということなのですが、まず絵がとっっっても綺麗です!
そして直人(攻)も晋也さん(受)も可愛い♡
直人→童貞の真面目くん、晋也さん→セ〇クスができれば気持ちなんて関係ない、という性格なので、2人とも恋愛についてピュア~な感じ!!
読んでいて、キュンキュンします(*ˊ˘ˋ*)

初めの方は読み進めていく段階で、受けと攻めが逆なのかな?(晋也さん→攻 / 直人→受)と思いましたが、直人が攻めでびっくり!
まあ、表紙で何となく察しますが笑

というのも、直人がなんとまあ数え切れないほど赤面するんですよ!
超絶可愛いんですが、それは受けの反応だろ!と思ってしまいました。
後半になるにつれて、オドオド感よりも晋也さんを思う気持ちの方がまして彼氏感が出てくるので、こちらとしても成長を感じられて嬉しいような!!

えちシーンは短いものや最後までしないものも含めると4回程です。
1回ずつはそんなに重くなく、ストーリー重視です。
(私がレビューを書いている段階で『エロ度』の明記はないのですが、【標準】くらいのレベルだと思います)
ストーリー展開自体は王道で、誰が呼んでもしっくりくるものになっていると思います。


このコミックでオキノニコ先生の作品をはじめて知りましたが、今後も応援していきたいです!
私の中の好きな作家さんの1人です!!!

3

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ