誰もが自分を、自分だけを愛してくれる相手を求めている。

四月喫茶の秘密の事件簿

shigatsu kissa no himitsu no jikenbo

四月喫茶の秘密の事件簿
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神4
  • 萌×29
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
8
得点
59
評価数
16
平均
3.8 / 5
神率
25%
著者
鬼嶋兵伍 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
ジュネット
レーベル
ジュネットコミックス ピアスシリーズ
発売日
価格
¥700(税抜)  
ISBN
9784909460493

あらすじ

様々な事情を抱えた客が訪れる「四月喫茶」。
彼らを時に諭し、慰め、仮初めの愛で癒すマスターが、
欲望渦巻くこの街で、本物の愛を待ちわびる…。
腕利きのエロティック作家、鬼嶋兵伍が放つオムニバスラブ!!

表題作四月喫茶の秘密の事件簿

マスター(ミハル)・四月喫茶の店主
シュンヤ ・ダイキが入れ込む男

同時収録作品四月喫茶の秘密の事件簿 CASE.2

マスター(ミハル)・四月喫茶の店主
薄羽・クローゼットゲイの会社員

同時収録作品四月喫茶の秘密の事件簿 CASE.3

若雪・マスターが慕うイケオジ
マスター(ミハル)・四月喫茶の店主

同時収録作品四月喫茶の秘密の事件簿 CASE.4

マスター(ミハル)・四月喫茶の店主
ダイキ・四月喫茶の店員

同時収録作品四月喫茶の秘密の事件簿 CASE.5

ジン・ミハルに貢がせる彼氏
ミハル・ビリオンボーイと呼ばれる男娼

同時収録作品四月喫茶の秘密の事件簿 CASE.6

マスター(ミハル)・四月喫茶の店主
ソウイチ・偽ビリオンボーイミハル

同時収録作品四月喫茶の秘密の事件簿 CASE.7・ LAST CASE

マスター(ミハル)・四月喫茶の店主※リバ
ダイキ・四月喫茶店員※リバ

その他の収録作品

  • 描き下ろし
  • あとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数8

ガチムチ受け、良いです

明らかにされていないけれど新宿2丁目に在るのかな?
とある喫茶店に出入りする客と従業員の人間模様オムニバス。
モサいマスターが実は伝説の元男娼ミハルさん。
メガネ外すとフェロモンましましなイケオジっていう漫画らしい設定です笑。
ミハルさんが悩める客の問題を身体と愛で解決しちゃうヤツ!

とにかく鬼嶋先生の描くおじ様が素敵。
ガチムチ、溢れるフェロモン、大人の余裕…
マスターいろんなお客とワンナイトラブでお客の悩みを解決しますがどう見てもバリタチだろう、な見た目のガチムチなイケオジが時にネコなところが最高に萌えた!
マスターの過去絡みの若雪さんとのおセッセやばい。
イケオジ×イケオジ
もうこれはマスターが受けしかないでしょう。
かと思えば、若い恋人ダイキとのおセッセでは攻めであり受けであるマスター!リバが地雷ではないなら必見です。

0

マスター〜!!

冴えない喫茶店のマスターが
実はフェロモンムンムンのイケオジで喫茶店に
訪れる客の抱える悩みを解決していくオムニバス。

さながら某特命◯長みたいなかんじでお色気シーンも
しっかりあり、痛快な人情系救済話に満足なんですが、
もうですね、マスターにとにかくヤラれちゃいました〜。
話数が進むにつれマスターの過去がどんどん明らかに
なっていくのでとても楽しめました。

マスターの過去に絡んでくる超イケオジ若雪さんが
またとんでもなかった〜!!
数多の男達を魅惑的に抱いてきたマスターが若雪さんに
身体を委ね、雄々しく喘ぐ姿はたまりませんでした。

リバ描写があるので苦手な方はご注意ですが、
攻めでも受けでもマスターの魅力が存分に溢れていて
リバ大丈夫な私的には好みな一冊でした。

1

美しい

昨今、リバーシブルの作品もあんまり見ないので貴重な作品v
というか、マスターの美しい身体を
いろんな角度から、相手を変えて見られるオムニバス形式でございます。
なんてオイシイ設定((ノェ`*)っ))タシタシ

人通りの少ない喫茶店のやぼったいマスター
好きな相手のためにどうしても金を作りたいと泣いてやってきた青年を
助けてあげたことからお話はスタートします。
お店にくるわけありびとと~
訳アリな老人と~
そして誰も知らなかった過去の話。
本当に救われたかったのは。

BLというにはラブの持って生きようが少々特殊かなと感じましたが
作品集としてはオイシイ1冊だったなと思うのです。

1

愛を求め続けてたどり着いたマスター

繁華街に場違いなたたずまいの地味な「カフェ・エイプリル」
マスターが毎話訪れる男たちの悩みやトラブルを解決するオムニバス。
一話でマスターに救われたダイキが押し掛けバイトとなり、2話以降他の男達を救うマスターを見守るお話。

毎度マスターが最強フェロモンでトロントロンにして抱いていくけど、何やら過去を知る特別な客・若雪さんには抱かれてます♡
この若雪さん・・・・超絶好み!!マスターを上回るガチムチで傷だらけのヤクザ。
イケオジとかのレベルじゃない!!眼福過ぎて鼻血出るかと思った♡

優しく男たちを救うマスター自身の心は、若いころから救われていないままなのが切なく、自分と似てる境遇のハヅキに同情から迷走しちゃうのはハラハラしちゃいました。
そんなマスターを若雪さんの後押しでダイキが救おうとするのたまらんんんん!

はぁ。。。。。若雪さんで頭いっぱい♡(笑)

1

コーヒーと人情とフェロモン

某書店でこちらと金○ム新刊を一緒に買ったので
レジの店員さんに「こいつ絶対ガチムチスキーだな」って思われたであろう私です。そのとおりです。
短編集のイメージが強かった鬼嶋さんですがこのたび読み応えばっちりオムニバスコミックス!ありがとうございます!!
しかも喫茶店のマスターのギャップがヤバい……!
その包容力は雄っぱいにも雄しりにも宿る系です。
弱気を助け悪を挫く、まさに人情派マスター!!
自身にもワケアリの過去があり、「この街に愛なんか無い」と思っていた分
人に優しく出来るのかもしれません。
時には相手を抱き、抱かれることあって眼福としか言いようがありませんが
店でバイトを始めたダイキが本当のお相手となるとはちょっと勿体ないような気がしました。
いえ、色々あったマスターが真実の愛を見つけたことは勿論喜ばしいことなんですけど
もしかしてこれからは人助けしてくれないのかな??と残念に思ってしまったのです。
それともダイキ公認で続け………ないか……。

私が特に好きだったのはCASE.3の若雪さんとCASE.6のソウイチ。
LAST CASEでマスターがダイキとリバったのも良かったです。
神寄りの萌×2で!!

1

あったかすぎて 泣けちゃうんだ

四月喫茶…caffeeエイプリル、にやってくるワケありの男達…
彼らを包み込み悩みを癒すのが、カフェではボサボサ頭にメガネの地味マスター、しかしその正体は…!
…というオムニバス作品。
これがもう鬼嶋兵伍先生の力量炸裂の、ガチムチ、セクシー、フェロモン、イケオジ、ぽやっとした坊や…絵だけじゃありません。私の大好物「情」ですよ!
恋情、愛情、激情、劣情、強情、人情、恩情、慕情…
マスターには情が詰まってる。
この街に男が2人、それでいいじゃないか。
否定しないでくれ、誰のことも…
そして何より!
リバですよ。リバ!
やっぱりリバは最高。本作においては、愛し愛され、と同時にいやそれ以上に許し赦され、という愛の形が素晴らしい。
case7と最終話において急にドシリアスになるけど、遂にマスター自身が癒される…その終わり方も良かった…!
描写はゲイテイストありだし何よりゴリゴリのリバーシブルがあるから苦手という方もいると思うけど、多くの人に読んでほしい胸熱な作品です。
とにかくリバに飢えてる私に理想的なリバ展開を魅せてくれたこと、大好きな刺青描写ありのところ、「神」です。

2

脇キャラ、まさかのイケお爺攻めにノックダウン。

一等地の裏路地にある四月喫茶を舞台にした男の人生を、オムニバスでまとめた8話ですが、
しっかり内容が繋がっているし、後半に行くほど掘り下げられて深い内容になってます。

鬼嶋先生作品なので、もちろん多彩なエロが繰り広げられるのも醍醐味。
マスターが攻め受け自在に、毎話違う訳あり男性と関係を持つ前半から、
過去に遡り愛を求めてもがき続けた、マスターミハルの人生が掘り下げられた後半…
マスターミハルを愛する男達、特にイケオジをずっと通り越したイケお爺の魅力に陥落。

四月喫茶のマスターは普段ガチムチもさ男メガネですが、それは世を忍ぶ仮の姿。
メガネを外し髪をアップするとガチムチフェロモンのイケオジに変身し、
身体を自由自在に使いながら、迷える男達の人生を後押しするステキな男だった。
1話で助けられたダイキが店員となり、マスターと関係を深めつつ展開します。

前半は世話焼きなイケオジ感覚だったんですが、実はここに至るマスターの人生が深い。
ぶっちゃけ、この作品の面白さは後半です。

マスターの過去話が面白過ぎる。
ビリオンボーイ(一億の娼夫)ミハルと呼ばれる細面の男娼で、
金目当てと知りながらも愛されたいと縋りついた男に手酷くされ、
救ってくれたご隠居が裏社会の大物オヤジ、その舎弟が若雪です。

ご隠居イケお爺の包容力が半端なくて、四月喫茶はご隠居から貰ったビルですよ。
何より、ご隠居で口ひげを蓄えたイケお爺が脱いだらスゴイ…
ガチムチの背中全体に千手観音菩薩の和彫りが見事でした。
しかも抱き方がエロくて、数々の女や男を抱いてきた貫禄と技でビリオンボーイも堕ちる。

このシーンだけでもこの作品を読んで良かったと、しみじみ繰り返し読み込んだわ。

更に、ここからがもっと刺さる。
ご隠居オヤジはミハルの行く末を舎弟の若雪に託す…
この時で既にイケオジ黒髪の若雪が、ミハルを見守って現在白髪のイケお爺となっておりますっ!
顔面に刀キズのある強面ですが、寡黙でエロい。
定期的にマスターミハルに会いに来ては抱いて…という関係です。

周囲から見ればミハルは愛されキャラに見えますが、
愛は不思議ですよね…自分だけを愛して欲しいと願うミハルの闇は深かった。
愛されたい闇を抱える人達に手助けしていたのも、その気持ちが痛い程わかるからで、
本当に自分だけを愛してくれる人に出会えるまで埋まらないトラウマになっている。

若雪との関係や信頼の深さは、ミハルの試し行動にずっと向き合い続けた若雪の情で、
身体を繋ぐのは人肌で寂しさを埋める行為、ミハルの求める愛ではないんですよね。

1話で登場したダイキが、後半でみせた成長には驚きで、
トラウマと向き合うミハルに、寄り添うダイキが頼もしかった。
マスターミハル攻め×ダイキ受けでずっと固定かと思ってたら、敢えてリバをぶっこむ。
ミハルの全てを引き受けるには、ミハル受けも…そりゃそうだと納得のリバでした。

オヤジに託された若雪が、今度はダイキにミハルを託す場面もステキで、
本人の知らない所でミハルを大切に想う人達が、バトンを繋いでいく…粋な男達に愛されてます。
こちらのイケお爺達とミハルの話をもっとメインで見たかったなぁ。

ご隠居オヤジと若雪のイケお爺攻めに、新しい萌えを開拓した作品になりました。
それにしても、背中全体和彫りの俯瞰描写は素晴らしい、もっとアップで拝みたかった。

※Renta:修正は白抜きです。

3

四月喫茶を愛してほしい

最高ーーー!
マスターーー‼︎

鬼嶋先生の作品はほとんど拝読させていただいておりますが、
正直自分の中で当たり外れがあったんです。
だから本作も迷いましたが、結果読んで良かった^^

『四月喫茶』を舞台に繰り広げられるオムニバス形式の作品です。
リバ表現が多いので、苦手な方はご注意下さい。

マスターのミハルは、眠らない街の路地裏でひっそり喫茶店を営むモサモサ男。
でも、このモサモサが胸をはだけさせ髪をかきあげれば……
あら不思議、最高のイケメンおやじに大変身˚✧₊⁎

実はフェロモンムンムンのいい男・ミハルは、
かつて伝説の男と呼ばれた〝ビリオンボーイ〟でした!
モサモサマスターがキラキライケメンに変身する姿に、
ワクワクが止まりませんでした(〃ω〃)

過去に愛した男に裏切られたミハルを救ってくれた
「大事な人」との思い出を守るため、
店に街に訪れる男たちを愛し、救ってきたマスマー。
だけど、本当は誰よりもマスター自身が愛されることを望んでいるのです。

マスターは悩める男たちに、時には真実を突きつけ、夢をみせ、仮初の愛で包んできました。
押しかけバイトとして喫茶で働くダイキもまた、
マスターに救われた男の一人です。

このダイキ、わんこ系ですが優しくて思いやりがあり、
実は包容力のあるいい男!

昔の自分に似た男を救うため、
一緒に心中しようとするマスターを救ったのもダイキでした。
ダイキは自分が傷ついても、
〝誰かのため〟に全力で手を差し伸べる事ができる男です。  

この場面のダイキはとてもカッコいいので、
ぜひ本編で確認していただきたいです!

ただ受け入れるだけが愛じゃないんですよね。
時には厳しく突き放す事も必要だということを、
ダイキが教えてくれた気がします。

実はマスターを愛してくれる人は一番近くにいた……
という展開でした。
それに気付いてダイキを口説くマスターの本気のHには、
ドキドキしっぱなし♡

マスター、リバなんですよね^^;
だから、トップとボトムが入れ替わって何度も……むふふ
男らしい身体もやりすぎ感がなくてとてもカッコいい!

かつて虚しさを埋めるために愛がなくてもセックスし、
人肌のあたたかさを求めてきたマスターの本気の恋です。
ストーリーとしても読み応えがあって、
とても面白かったです。

本作ではいろいろな相手とのHが楽しめますが、
ほぼお爺ちゃん?というおじさんとの絡みもよかった!
そして、若かりし頃のマスターの色気が凄い‼︎
ここ見所です☝︎

鬼嶋先生の作品の中で一番のお気に入りになりました。
ぜひ、続編も読んでみたいです!

5

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ