罪と咎

tsumi to toga

罪と咎
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神4
  • 萌×24
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
36
評価数
8
平均
4.5 / 5
神率
50%
著者
天河藍 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
メディアソフト
レーベル
発売日
価格
ISBN

あらすじ

俺、なんのために生きてんだろ…

片親で育った昴は、学校へも行けず、母の愛人による不当な暴力に耐えながら、家賃を稼ぐために働いていた。
ある日、前借りした給料をその愛人に奪われた上、母とつるんで保険金目当てに自分を殺そうとしている話を聞いてしまう。
生きる気力も無くなり、死を望む昴。その時…
「死ぬならその身体、俺にくれ」
見知らぬ男に自殺を止められ、自分のものになるよう迫られた昴は――!?

罪と咎(1) 28ページ
罪と咎(2) 26ページ
罪と咎(3) 24ページ
罪と咎(4) 28ページ

表題作罪と咎

三上晃成・昴を拾った謎の男
中村昴・不遇な人生を諦めた若者

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数3

すごく良かった。

完結まで読んだ感想です。
以下ネタバレ注意です。







本当に最低な母親を最後に見限る事ができて良かった。
クライマックスのシーンで、そこまでの全てを回収する力業に唸ってしまったのは久々。いい意味で。

そこに至るまでの攻めの言動に納得した。また、受けの攻めに対する気持ちも良くわかる。
最後の最後に自分自身と大切な人だけは捨てなかった。お互いが互いを愛しく思い大切に思う良い結末だったと思います。

いつか本当に2人の心が救われる日が来る事を願います。きっと大丈夫だと思えるラストでした。

2

あやまちを抱いた二人の性と生の物語

タイトルがシンプルで美しいと思いました。

「罪と咎」咎(とが)とはあやまちのこと。罰せられるようなつみの事。
罪もまた、あやまちのこと。

『あやまち×あやまち』それは攻の三上晃成と受の中村昂と示しているのだとだんだんわかってきます。

また二人とも、名前に「コウ」が入っている
『晃』は光り輝くの意、『昂』は感情がたかぶるという意味だそうです。
感情の波がほとんどない、憎しみを根底に抱えながら、無声映画のような世界をイメージして生きる
昂の名前が激昂の昂だなんて逆説的で深みを感じます。

晃成さんは得体の知れない男です。死にかけの昂を拾ってきて玩具のように何度も抱きます。
拘束し、無言の相手でないと興奮しないという異常性を感じる男。

昂は掃きだめのような環境を生きていますが、可憐で純粋で母親思いです。
そんな昂は現実に追い込まれていきます。
どうせ死ぬなら命をくれてやる、と自棄になって晃成さんについて行きますが、玩具にされながらも、晃成さんの優しさに気づいてきて…

1話目からエロさとダークさに引きずり込まれます。
絵に力を持った作品だと思います。
ぜひ読んでみて下さい!!!



1

救いのないふたりの美しさ

動かない人間にしか興奮しない攻め晃成と、日常が無声映画だったらいいのにと願う受け昴のお話。

母の代わり働いても働いても生活楽にならず、せっかく滞納した家賃に当てるため前借りしたお給料も母の恋人に持ち逃げされる。自暴自棄になった昴は車に飛び込もうとする。それをその体いらないならちょうだいと身なりのいい男晃成に拾われます。

連れかえられたマンションで下剤を飲まされ腸内洗浄から!わー!!!!こういう描写あるBL初めて読んだかも。拘束されて抱かれつづけるんだけど、さわる手は優しいというとこにとてつもなく萌えました。

愛を探すふたりの行き先がどうなるか是非見守ってほしい!

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ