狼耳の魔王に求愛されています コミコミ特典SS小冊子

ookamimmi no maou ni kyuaisareteimasu

狼耳の魔王に求愛されています コミコミ特典SS小冊子
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

92

レビュー数
1
得点
6
評価数
2
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
 
媒体
小冊子
出版社
笠倉出版社
発売日
価格
非売品
付いてきた作品(特典の場合)
狼耳の魔王に求愛されています(コミコミ購入時のみ)
ページ数
12ページ

あらすじ

ノベルズ発刊記念・コミコミスタジオ購入限定特典書き下ろし小冊子
A5サイズ全12頁(内小説7頁)
テオドール視点での律との出会い編になります。

表題作狼耳の魔王に求愛されています コミコミ特典SS小冊子

テオドール、伴侶を探しに人間界に来た魔王
宇佐見律、いじめられていた子犬を助けた小学生

レビュー投稿数1

永遠の伴侶を求めて

本品は『庶民派オメガと皇帝アルファ』のコミコミ特典小冊子です。

テオドール視点での律との出会い編です。

バルナバスが魔界を去り、テオドールが魔王の座に就いて早数年。
ようやく繁殖期が訪れたテオドールは永久の伴侶となる相手を方々
に探し求めます。

しかしながら、こぞって名乗りを上げた者達にも心を動かされない
テオドールは魔界には自分の伴侶はいないのかもしれないと思うよ
うになります。

前魔王バルナバルはあちこちでタマゴを産ませながら伴侶としたの
は人間の女で、その人間が子供を産んだと知るとテオドールとの
戦いを放棄してまで人間界に向かったのです。

一縷の望みをかけて人間界との扉を開いたテオドールでしたが、
人間の毒気の強さに思わずその場に座り込んでしまいます。自分で
は完璧な人型になったつもりでしたが、警察官に職質されて逃げ回
る事になってしまったのです。

今のこの状態はバルナバスが開いた扉を使った罰なのか、どんどん
身体が重くなって獣型に変化しますがそれでも体力の限界が来てし
まい、子犬程度まで体を小さくしました。

これで少しは体力と魔力の消耗を抑えられると思ったテオドールで
したが、叫び声を上げた子供が駆け寄ってきて!?

A5判カラー表紙(文庫カバー同イラスト)12頁のボリュームで本編と
逆視点で律との出会いが描かれています。

興奮した様子に殺意は見えませんが悪意に似たものは感じたテオド
ールは洋館の錆びた門扉を潜りますが、子供は笑いながら追いかけ
てきます。

体力が限界に達していたテオドールは消滅を逃れるために手っ取り
早い方法を選択することにします。下級魔のごとく血肉や魂を食ら
うのは屈辱手しかなく不本意ですが、仕方ありません。

獣型から魔族の本来の姿である獣人型へと変化しようとした時、
追い掛け回した子供と同じ年頃の少年が声を掛けてられて、動きを
止めます。

子供達は慌てて去っていき、テオドールも少年の他の人間とは全く
異なる魂の色に釘付けになってしまいます。少年が差し出された
茶色い塊は生まれて初めて味わう美味しさで、少年に抱きあげられ
た瞬間、消えかけた魔力と体力が一気に回復します。

この少年こそが自分が求めている永遠の伴侶ではないのだろうか。

名残惜し気に帰っていった少年が見えなくなると、テオドールは
小さな獣型から獣人型に変化させて魔界へと戻ります。まだ幼体
の彼ではタマゴを産ませることは出来そうにありません。

そして魔界に戻ったテオドールでしたが、約束を果たすため再び
人間界との扉を開き・・・

本編冒頭の律とゴンタとの出会いをテオドール視点で描いた短編で
テオドール的には律との再会の場面へと続く形での幕引きとなって
います。

律がゴンタと呼んでいた子犬がどうしてあの洋館にいたのか、その
後どうしたのかということが語られているのですが、魔物としての
テオドールの思考がよくわかるお話でした。

律が登場しなかったら子供達はそのままテオドールに美味しく(では
ないかもしれないですが)頂かれていたようです。自業自得だとして
もかなりシュールな結末を迎えていたようで、びっくりです。

萌え要素はほぼないですが、テオドールの裏事情としては面白かった
ので「萌」としました。 (^-^A

※他店舗特典(レビュー済)
フェア店特典はハロウィンのお話、
アマゾン特典は魔王の側近視点での後日談です。

1