ほろよい♂♀スイッチ ―家政夫の上手な食べ方―

horoyoi switch

ほろよい♂♀スイッチ ―家政夫の上手な食べ方―
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1
平均
3 / 5
神率
0%
著者
雲縞 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
ブライト出版
レーベル
ラブコフレM
発売日
価格
ISBN
9784861237980

あらすじ

ライターの葵(♂)は仕事が多忙で生活能力ゼロ。家事代行業の男・橙哉に頼って暮らしている。
すっかり良き友人同士の二人だが、ゲイの葵はその関係に悩んでしまう。
気持ちを伝えたいけれど、軽蔑されるかもしれない……。
ところが葵にはとっておきの武器があり!?
なんと、お酒で性別が逆転する体質(しかも発情アリ)なのだ!
女(♀)の姿で迫れば、両想いになるのでは?けれど、いざ初めての体験は未知そのもので…!!
真面目なアイツにふりむいてほしい。一途に恋する女体化ラブストーリー
描き下ろし大ボリューム14P★

表題作ほろよい♂♀スイッチ ―家政夫の上手な食べ方―

水澤橙哉(家事代行スタッフ)
植草葵(フリーライター・28歳・お酒で性別が逆転)

レビュー投稿数1

コンプレックスは武器にもなる

 特定の条件下で女体化してしまう体質は大変だし、多くの場面で悩みの種となるでしょう。でもそれは時として、ノンケ男子にアピールするチャンスも作るのです。

 葵の女体化は発情作用付き!ゲイとしてはそこそこ経験があるようだし、お酒の勢いも加わるせいか、自分から積極的に煽るような姿勢も多く見られます。誘い受け好きとしてはここが特に楽しめました。でも女体化でのHの経験は無くて、いざとなるとたじろいでしまうのです。

 それに対し攻めの橙哉は、単純におっぱいに惹かれる一面や、態度こそ強気なものの、発情を鎮める為に身体の方も面倒を見てくれるような感じで抱いてくれる、世話焼きな彼らしい優しさも含まれている所に好感が持てました。

 作者さんの後書きによると、ラブコフレMは「女体化専門TL雑誌」らしい、身体は女性のモノだし顔も可愛らしく変化、HシーンはTLノリかもしれません。

 しかし、仮に葵を女性として例えたら、少し強気な年上のお姉さんが真面目な年下くんを挑発的に誘う…みたいな感じかも。TLのみを好む読者層の多くには、女性の方から誘う作品は多分ウケないですよね。

 身体が女性に変わっても言葉使いは男性の時のままだし、ヒロインがゲイと言うTLには無い設定も含めて、この作品を楽しむには少なくともBLが嫌いでは無い事が条件なんじゃないかな?と思いました。

 ゲイの葵がノンケの橙哉に片想いし、友達以上の関係を求めたら離れていってしまうかも…そのリスクを冒して本当の気持ちを打ち明けるか、黙って今のままの関係を続けるか悩む姿。
 ストーリー部分は男女カップルの作品を読んでいる気分とは異なり、BLの要素が強く感じられました。

 サブキャラクターも強烈な人ばかり出てきて面白かったです。ワインバーを営む強気な翠おネェさんは葵の良き相談役、ラテン系の黄塚さんは橙哉の事を良く知る先輩、そして謎の男、紫音の正体にも驚かされました。

 本音を隠したままの中途半端な関係が、いつまでも平穏に続けられるとは思えない。勇気を出して気持ちを打ち明けたものの、橙哉は戸惑い一旦葵の元を去ってしまう。
 
 きっと二人の気持ちの歯車のタイミングが上手く噛み合わなかっただけで、うっかり事故での女体化体質発覚から色々な事がありすぎて、橙哉も考えを整理する時間が欲しかったんだと思います。

 …と気になる所で1巻は終了の続き物でした。絵も綺麗ですし、お酒とおっぱい♀が好きな人なら楽しみやすい作品だと思います。

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う