ドラヴァーズ

ドラヴァーズ
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×23
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
12
評価数
3
平均
4 / 5
神率
0%
著者
犬井チズ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
オークラ出版
レーベル
enigma COMICS
発売日
価格
¥709(税抜)  
ISBN
9784775529256

あらすじ

女たらしで天然クズな春馬は、異形化した生物・陰龍を退治する五龍衛士を稼業としている。仕事中に合流した幼なじみ・ユリたちと陰龍退治へ赴くが、その最中死を覚悟する出来事が起きてしまった!その時に命を救ってくれたのは、なんと竜のような少年で……!?
大人気獣人BL開幕!

表題作ドラヴァーズ

五十土 春馬,五龍衛士
碧,陽龍?

その他の収録作品

  • あとがき

レビュー投稿数1

人間と龍のバトルファンタジー

面白かった!
映画一本観終わった気分です。
設定は複雑、文字多めで、二転三転する展開にハラハラドキドキしました。
それに人魚姫的要素が加わる事で、ラストは切なさも感じます。


遊び人の春馬は、世界の澱みに生じる「陰龍」を解く「五龍衛士」と呼ばれる存在。
ある日の任務中、廃工場の屋上から落下し、死を覚悟した春馬を救ったのはーー…

春馬を救ったのは、鱗と尻尾を持つ謎の少年。
その子に碧という名を与え、春馬は共に生活する事になります。
この、碧が本作のキーパーソン。
碧は、陰龍を探知する陽龍に思えたのですがーーと、碧の正体も最初は推測でしかないのです。

そして、初めから春馬に懐いていた碧との関係は、過去に遡ります。
碧に力を与えるために贄としてHする春馬。
春馬と一緒にいたくて、どんどん変化していく碧がとっても健気で可愛いんです♡

最後の最後まで碧の正体、春馬との過去は伏せられています。
文字が多くてページ数の割に読むのが大変で、最後は少し詰め込みに感じました。
それに、後付のような展開も気になったのですが、それを差し引いても面白かった。
碧の成長を見守る親のような気持ちにもなりました。

ただのラブストーリーではなく、陰龍と対決する五龍衛士や、サポートする脇キャラたちも魅力の作品です。
壮大なテーマなので、一冊にまとめると少し物足りないのですが、陰陽師的な要素が好きな方にはお薦めします!

2

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う