東オトコ京オトコ(上)

azumaotoko kyootoko

東オトコ京オトコ(上)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神23
  • 萌×216
  • 萌7
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

27

レビュー数
9
得点
200
評価数
46
平均
4.3 / 5
神率
50%
著者
木下けい子 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
新書館
レーベル
H&C Comics ihr HertZシリーズ
発売日
価格
¥670(税抜)  
ISBN
9784403667275

あらすじ

東京から京都に赴任してきた相馬。 思いがけず大家の息子・周とシェアハウスをすることに。 周と仲良くなりたい相馬だが彼は心を開いてくれず!?

表題作東オトコ京オトコ(上)

相馬,28歳,会社員(仮)
三ツ井周,東京からの出戻り(仮)

その他の収録作品

  • 描き下ろし

レビュー投稿数9

スーツと着物

方言男子にめっぽう弱く、しかもはんなり京都弁…もう私的に好きしかない。

しかも京オトコの周は黒髪眼鏡でお上品でいてかなりのツン。
訳ありで取りつく島もないくらいの鉄壁さかと思ったらアニメキャラに癒されているという可愛らしい一面も持ち、いつもの無表情から一転、感情を露わにしたりとノーデレながらも十分萌えさせていただきました。
さらに東オトコの相馬も爽やかで朗らかでノー人見知り。距離感ゼロ気味にぐいぐいとはいきますが、周の気持ちを土足で踏み散らかすような事は決してしません!とてもイイ男です…。

そんなふたりが趣ある京都町屋でシェアハウスを始めて、トトロン(笑)を絡めて優しく距離が縮まっていき、最後には相馬から眠っている周にキス、をして続きます。

はっきりとはんなり、違った魅力のふたりのオトコ。さあ、下巻へ〜。

0

木下先生ありがとうございます!

やっぱり木下けい子先生、最高です。読むたびに、違う萌えがあります。
タイトルも表紙も、東オトコの相馬と京オトコの周の関係がどうなるのか、楽しみで仕方なくなります。
相馬のビジュアルが、良い!いつもながらスーツも、普通のカジュアルの着こなしも描き方が素敵なんですよ~
もちろん、周の黒髪眼鏡に着物姿。
個人的な好きが詰まっています。

京都のリノベーションした町屋で、住む。シェアが始まるところからもう、正直話の展開は見えちゃいます。
でも、分かっていながら2人が近づく過程が良すぎて萌えしかない。

何ですか、トトロンのぬいぐるみのそっと置き!
元カレに振られて、2時間わあわあと泣き続けた周のために相馬がプレゼントするんですよね。
気づいた周が素直に受け取ってバリバリと包装を剥がしてトトロンを抱き締めるとこ。ですが、再度わあわあと相馬に抱きついて泣くって過程がね…
読んでて、嬉しくて変な声出ました。

私は、町屋の床になりたいよ!もしくは、柱になりたいよ!

たまらん…

これから下巻を一気に読む予定ですが、相馬と周の距離感も気持ちもどう変化するか楽しみで仕方ないです。
周の幼なじみはじめ、相馬の同僚たちなどサブキャラも魅力的で、世界観が厚みあります。
上下巻はストレスフリーで、ほんと好きです。下巻も、楽しみます。

0

いい人すぎる…!

トトロ(ん)に負けちゃう相馬くん、クズに言い捨てる言葉がカッコよすぎる相馬くん。
めちゃくちゃ素敵です。
ツンデレどころかデレゼロの周くんのために巨大なトトロ(ん)取ってきて、入り口に置いて影から話しかける相馬くん…素敵すぎる…!!!!

京大卒の坊々な周くんが、デレゼロだけど抜けたところもあり、ときどき目元涼しくてつかめない。相馬くんが目を離せなくてずっと追ってしまうのとか。周くんより先に周くんのために怒るのとか。
爽やかすぎ。いいひとすぎ。
木下先生の漫画作品の攻様のなかで一気にトップに躍り出ました。(どうでもいい余談ですが、挿絵も入れると木下デザインで個人的ベストダーリン様は月村先生作の「隣人は恋人のはじまり」の小野先生です。)

黒髪眼鏡が全然好みではなくむしろ苦手なのですが、相馬くんが周くんを可愛く可愛く思うフィルターのために、周くんが可愛くて困るほど可愛く見えます。
ラスト、見えないキスで下巻に続く。
引きが!引きが凄すぎて!下巻同時発売で良かった!!て思いました。
周くんの妄想の相馬くんが!早く!現実になって!!てほどスパダリ化していて、周くんのわかりにくい京表現(?)なデレ方、相馬くんでなくても全くデレ成分わからないので伝わってないのにモダモダします。

周くんからはパリピにしか見えない相馬くんも、転勤族の寂しさゆえとわかるたったひとコマが健気で健気で。相馬くん株ダダ上がりの上巻です。
恋に落ちていく二人の様子にきゅんきゅんします。

1

はんなり感が素敵です

京都の町屋でシェアハウスし始めた関東(千葉)リーマン、相馬。
東京から失意で戻ってきたフリーター(超優秀)周。
性格が違う二人の、ゆっくり進む恋のお話。

初対面はほぼ最悪に近い反応だったのに
少しずつ慣れてくる猫がものすごく可愛いのと同じように
周さんにこんな風に反応されたら、それは気になるし
気になったら好きになるし…

周くんの塩対応に少しずつ甘さが入ってくるのがいいですね。

過去つきあっていて泥沼の状態で別れた東京の元カレがものすごいクズで、その彼から守ってあげた相馬くんはめちゃくちゃカッコよかった…優しい。

下巻になるとだいぶ糖度が増えてきますが、周くんのツンデレは変わらずでした(笑)

京都の風景が素敵に描かれています。
読んでいると町屋に住みたい!ってなるし
京都に行きたい!ってなる。
鴨川に等間隔で座っている相馬くんと周くんを探したい←

1

そうだ千葉、行こう。

いやいや相馬君いい男すぎでしょ。
抜群の優しさと包容力があるものの、スパダリじゃないところがまたいい。
あのCEO様とは逆だ〜(笑)

転勤族だったがゆえに、コミュ高な相馬君。
(たった一コマなんですが、
「俺はいつも話しかけて欲しかったから」
という少年時代の回想が健気で切ない!)
突然ルームシェアすることになった周君に対してもオープンマインドで、にこやかに話しかけます。

一方、周君はというと
「敬語やめよう」→「友達ちゃいますし」
「ただいま」→「いいですよ言わんでも」
だいぶガード固めです^^;
これだけ素っ気なくされても、プンプンしたり拗ねたりしない相馬君いい子だわ。

苦手や…ズケズケ入ってくるヤツ…
って周君は言うけど、それは不当な評価です。

周君が泣いてたら「どうかしたの」って聞ける思いやりがあって。
詮索するなと言われたら、ちゃんと口を噤む。
しかもただ黙って見守るだけじゃなく、元気づけようとする行動力があって。
好きな人が傷つけられたら「ふざけんな」と怒る男気もある。
なんていい子なんだ相馬君!!

ストーリー的にはやはり下巻が肝なのですが、相馬君の優しさに包まれる上巻がわたしは断然好き。
あのぬいぐるみのくだりとか...アラサー男子のやることとは思えない。
きゅんっきゅんしました。

0

京都舞台

先生買い。周さんがくっきりはっきりツンツンで、あまりにもデレが無く寂しかったのですが、「京都どすなあ」と嬉しく感じるところもあったので、萌にしました。ディアプラス掲載5話分。あとがきもカバー下もなし。ひ○リTVブックさんで買ったので電子限定ペーパーが1Pついてました。

京都に仕事できたものの住むところを決めていなかった相馬君。同僚から「ちょうどええわ」と紹介されて、うきうき行ってみたところ、その家の前で「アロハ着用、今ビーチリゾートから帰ってきました!」といった感の男性と鉢合わせ。どうやら貸主の息子らしく、家をシェアすることになり・・と続きます。

攻め受け以外の登場人物は
工(周の幼馴染、お茶屋のぼんぼん)、その他周さんの知り合いやら相馬君の同僚やら。

**以下内容に触れる感想

正直、最初読んだ時はあまりに萌えなくって、「え?」ととても戸惑いました。まあ色恋沙汰への進展するところが上巻ではないのでしようがないのでしょうか。周さんがすごくツンで人見知りさんなのと、私が眼鏡っこがあまり得意ではないこともあってあまり萌えなかったのかもしれないです。

相馬君はカッコよくてすごくコミュ力高く、周さんと交流しようと果敢に挑むのですが、周さんはばっさり塩対応切り捨てでした。最後の方で周さんがわんわん泣いちゃうところは可愛かったので期待を持って下巻へ。

0

「いいね」したくなる京都BL

イッキ読みしたい派なので、最近の上下巻同時発売は非常にありがたい限り。
というかこれ同時発売じゃなかったら……ちょっとゾッとするかも。

京都の町屋を舞台に、爽やか関東男子×ツンツン京都男子のひょんなルームシェアから育まれるラブです。

ゆったり。まったり。しっとり。するするっと話は進み、寝込みのチューを奪ったところで、え?もう上巻終わり??
すかさず真顔で下巻を開き始める。
という感じ。

何が言いたいかと言うと、これ、どう考えても上下巻セットの話なので、上巻だけのレビューってめちゃめちゃムズいな―ということ。

この作品を通してアッ、まじで?と驚いたのは実は下巻の最終話なのです。

それまでのお話は、東オトコ相馬くんと京オトコ周くんの距離がじりじり近づいていく過程の描写、言ってしまえば、ただそれだけなのです。

周くんってなんか……
なんだろう……
かわいい……?
……うん、かわいい
――これは恋か!!!
(ちゅ)

はい、これで上巻終わりです。

刺激性、意外性ゼロ。
でもね、この世界に流れる空気感がホント暖かくて癒されます。
京都いいなぁ
ってか京都弁いいなぁ
トトロンで泣いちゃうのいいなぁ
いや相馬くんのコミュ力抜群のコメントもいいなぁ
うーん……京都でBLっていいなぁ
と読んでるうちに心がポワポワしてくるんですよ。
なんてことは無いんですけど、あれこれ言うより思わず「いいね」したくなる場面がたっくさんあります。
この雰囲気は、文字にするより、体感する方が絶対良いですね。
ひとまず読んでみてください。

小難しいこと抜きに、癒しと萌えを届けてくれる、さすが木下先生!って思っちゃうんじゃないかな。

1

京都弁のはんなりツンデレが魅力?!

作家買いです。
タイトルを見た時からコミックス発売を楽しみにしてた作品で、
一読目は思いの外サラッとした印象でしたがけっこうジワる。
ひょんな事から同居することになったノンケとゲイ、
京都を舞台にした同世代アラサー男の恋模様で、ほのぼのコミカルな中にもせつなさあり。
魅力的なキャラに気づけば引き込まれてます。

東オトコ→東京から京都に赴任にしてきた、千葉出身のコミュ高ノンケリーマン相馬。
京オトコ→東京の会社を辞めて地元に戻った大家の息子。訳あり魔性ツンデレ周(あまね)。

コミュ力に自信のあるモテメンの相馬と、仕方なく同居することになった周がけっこう訳あり。
周は京都人の特性を強調した感じはありますが、
京都のいやらしさがイイ感じに出ていて、大阪人の私はクスっとしてしまう。

ノンケのモテメンリーマン相馬が、中々打ち解けない周に興味を持ちコミュ力を発揮。
少しずつ懐いて素顔を見せてくれる周が可愛くなり、
艶っぽさにときめくノンケに「ん?」と、とんとん拍子で少し違和感なんですが、
周が東京の会社を辞めハワイで2ヶ月過ごし地元に帰ってきた理由を知って、
色々と吹っ飛んでしまった。

会いに来た元彼と周のやりとりを見て、色々と察した相馬。

傷心の周にさりげない優しさと包容力を見せる相馬が、男前で本当にステキ。
恋の始まりを意識するアラサー二人の描写が爽やか。
いいところで終わったんですが、下巻が直ぐ読めたのでありがたいっ!

そうそう、周を崇めるお茶屋老舗ボンボンの幼馴染み工がナイスキャラ。
大事だからこそ周を手助けしたい工が、辛口でズケズケものを言うんですが、
周も負けてない二人のこのやりとりが面白くて癒されます。

それにしても、やっぱりツンデレはズルい。
傷心で更に強固に閉じていたシャッターが、ちょと開いただけでもドキドキさせるのに、
少しだけ見せる素顔や弱さに引きつけられないヤツはいない。

そして、陽キャでコミュ高な相馬が、後半に進むほど少しずつ違う表情を見せるのも魅力です。

今回、トトロンという明らかに「ジ〇リのト〇ロ」を思わせるキャラが大活躍。
個人的にこのトトロンネタが大好きなんですが、
電子描き下ろしまでトトロン登場で、周のツンがいい。

上巻はエッチ描写なし。

2

これから始まる恋の予感

キューン♡
恋の始まりって唐突やねぇ。
そして、いくつになっても甘酸っぱい。
さすが木下先生だわ。可愛いわ。

東オトコって言っても、主人公の相馬は千葉県出身。
千葉弄られてますわ(笑)
な○みの米屋のピーナツもなかがリアル。
そして、受け?の周は出戻り京オトコ。
京都弁いいわぁ〜

予定外のルームシェアに、コミュ強・相馬が周と距離を詰めようとグイグイ迫るけど、周は塩対応。
相馬はノンケなんだけど、可愛くて艶っぽい周を意識しまくり。

だけど、ゲイの周は恋に傷ついた男。
不倫が相手の妻にバレた挙句、手のひら返しで多額の慰謝料を請求されています。
これ本当に不憫だし、相手の男が最悪!
「好きだったのに」と何度も叫びながら泣く周が切ない……
ずっと好きでいたかったのにーーっていう気持ち、よく分かります。
こういう気持ち、リアリティあるよね。

まだまだ始まらない二人。
でも、恋の足音が聞こえる^^
寝ている周にキスする相馬……なんて可愛い♡

ト○ロ好きの周。
ト○好きな人って、ありのままの自分を愛して欲しい人だっていうのは本当なのかな?
確かに、周は包容力を求めてる気がします。
果たして、相馬は包容力タイプ?
結論は下巻に持ち越しですね。

エロはないけど、ラッキースケベが少々(笑)
お風呂でバッタリ、お胸にむぎゅ♡
真っ赤になっちゃう周が可愛いよ。
この子、本当に不倫なんてしてたのかね?
なつかない猫みたいで、たまらなく可愛い。

あー、二人の恋の行方が楽しみだ!

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う