真白に綴る愛しさは コミコミスタジオ限定特典小冊子 希望のぬくもり

mashiro ni tsuzuru itoshisa wa

真白に綴る愛しさは コミコミスタジオ限定特典小冊子 希望のぬくもり
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

116

レビュー数
1
得点
7
評価数
2
平均
3.5 / 5
神率
0%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
 
媒体
小冊子
出版社
幻冬舎コミックス
発売日
価格
非売品
付いてきた作品(特典の場合)
真白に綴る愛しさは(但コミコミスタジオ購入時のみ)
ページ数
16ページ

あらすじ

文庫発刊記念・コミコミスタジオ購入限定特典書き下ろし小冊子
A5サイズ全16頁(内小説11頁)
凜視点で姉と田丸に士郎と2人の関係を打ち明けるお話です。

表題作真白に綴る愛しさは コミコミスタジオ限定特典小冊子 希望のぬくもり

高槻士郎,32歳,個人経営の工房に勤めるガラス職人
草薙凛,18歳,史郎の恋人で士郎の元妻の実弟

レビュー投稿数1

幸せで上書きを

本品は『真白に綴る愛しさは』のコミコミスタジオ特典小冊子です。

本編後、凜視点で姉夫婦に2人の関係を打ち明けるお話です。

去年のあの日と同じ日にまたスカイパークに行きたい

この1年に、凜は姉夫婦にあうために何度か高槻と東京に出て来ますが、
高槻に置いていかれてしまうかもしれないと思ったショックと悲しみを
思い出しそうでスカイパークに行けませんでした。

けれど、見方を変えれば凜が新しい一歩を踏み出した大切な場所でもあ
り、辛い思い出をいい思い出に上書きしたいと、今回ここを訪れる事に
します。

姉夫婦も賛成してくれて田丸はわざわざ展望レストランの同じ席を予約
し、あの日の予定と同じように今夜は田丸家で夕食をご馳走になって泊
めともらう事になります。

あれから1年と経っていないのに、凜は明るくなって良くしゃべり、高槻
も笑顔が前より多くなりました。でも一番変わったのは理沙子のようで、
まろやかで優しくなりました。凜は強そうで凛然とした姉も好きでしたが
今のほうがもっと好きです。

一方、田丸は全然変わらず、ほっこりとした雰囲気をまとわせて、凜の
話に耳を傾けてくれます。高槻と凜が共同制作したガラスの花瓶をサプ
ライズで渡し終わるとそろそろ席を立つころ合いになります。

すると高槻が真面目な顔で「少し話がある」と切り出します。今回東京に
来る前に「2人の関係を姉達に話そう」と言われていたのです。

凜は即座に賛成します。むしろ高槻の方が世間的には普通の関係とはいい
がたく、その上一回り以上年が離れている事を気にかけていたのです。2人
の関係の始まりを思えば悪意で見る人もいるかもしれません。

でも凜は2人ならそんな風には思わないだろうと信じています。しかし高
槻は理沙子が怒り狂うのでと思っているようです。

そんな緊張の中、高槻は2人が恋人として付き合っていると告げますが・・・

A5判カラー表紙(文庫カバー同イラスト)16頁のボリュームで、高槻と凜が
恋人同士だと告白するお話です。

沈黙が流れ、高槻は口を開こうとする理沙子を制するように「凜を預かっ
た時にはそんな気持ちは毛頭なかったし、18になるまでは手を出していな
い」と懸命で、凜は援護射撃のつもりで「おれは全然良かったのに、しろ
うさんなかなか手を出してくれなくて・・・」と言って高槻に頭をコツンと
されてしまいます。

そんな2人田丸はハハハと腹を抱えて笑い出し、理沙子は嘆息しながら「
薄々そんな事もあるんじゃないかと思っていた」と言われ、高槻は面白い
程うろたえていました。

凜が異常なくらい懐いていたし、高槻と結婚した時からゲイじゃないのか
と感じていたというのです。更なる爆弾発言に高槻は呆然としてしまうの
です。そんな3人を田丸は笑いで和やかにし、理沙子も凜と高槻を祝福し
てくれます。

その後、2人はスカイラウンジに上り、高槻と理沙子が暮し、後に凜と理沙
子が暮らしたマンションへと向かいます。そして共にかつての日々を思い、
今の大切さを改めてかみしめる

・・・という2人の幸せなその後が伺える後日談でした。

凜と高槻の関係を知っても姉夫婦は反対しないだろうとは思っていましたが、
しっかり正解が示されてスッキリしました (^-^)

本編では高槻視点なので、凜の気持ちもなかなか掴めませんでしたが、元妻
の理沙子についてもあまり理解してはいなかったようです。理沙子も田丸を
得、高槻も凜と得た事で変わっていったのでしょう。

これからも今とお互いを大切に幸せに暮らして欲しいです♪

※他特典(レビュー予定)
コミコミイラカは高槻が風邪をひくお話です。

2