小説Chara vol.42 2020年 7月号(雑誌著者等複数)

小説Chara vol.42 2020年 7月号(雑誌著者等複数)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
4
評価数
1
平均
4 / 5
神率
0%
媒体
小説
出版社
徳間書店
レーベル
発売日
価格
¥700(税抜)  
ISBN

あらすじ

表紙イラスト図書カード応募者全員サービス!!

POSTER:「式神の名は、鬼③」笠井あゆみ(小説/夜光 花)

その他の収録作品

  • 原作:海野 幸 作画:高城リョウ「匿名希望で提案します! 匿名希望で立候補させて 番外編」
  • 栗城偲 CUT:暮田マキネ「幼なじみマネジメント」
  • 犬飼のの CUT:高階 佑「玉響 軍服の天使たち」
  • 菅野彰 CUT:二宮悦巳「末っ子の料理に愛はあるのか 毎日晴天!番外編」
  • 西野 花CUT:古澤エノ「催淫姫」
  • 六青みつみ CUT:北沢きょう「王と癒しの翼」
  • すとう茉莉沙 CUT:小椋ムク「営業時間外の冷たい彼」
  • 樋口美沙緒 CUT:yoco「ヴァイオリニストは甘やかしたい」 「パブリックスクール ーツバメと監督生たちー」番外編
  • 樋口美沙緒 作画:夏乃あゆみ「ANNIVERSARY DAY」 「ヴァンパイアは我慢できない」番外編
  • 海野 幸・きはら記子・コウキ。・櫻井ナナコ・tacocasi ESSAY「ついつい買っちゃうモノって!?」
  • 作画:ミドリノエバ 原作:水原とほる「見初められたはいいけれど」

レビュー投稿数1

パブスク番外編など盛り沢山!地味に嬉しい王統徹底ガイドも♪

パブリックスクールのその後が早く読みたくて
初めて小説雑誌を購入しました。
ゆえに頓珍漢なことを書いていたらすみません。

雑誌だと挿絵が大きくて良きですね…!
個人的に好きな絵師さん揃い踏みだったのでその点も眼福でした。
お目当て以外もすっごく面白くて購入して良かったです。


(以下ネタバレ注意)
(ページ数は表紙含むで参考程度に…)


◆樋口美沙緒×yoco(12P)
「パブリックスクールーツバメと監督生ー」番外編
『ヴァイオリニストは甘やかしたい』

「ツバメと監督生」のその後のお話をスタン視点で。個人的に文庫本を読んだ後、2人のイチャラブな余韻をもっと味わいたくて期待を高めてながら雑誌を開いたので…うん。思ったよりイチャイチャするシーンがなくてションボリしました(;´∀`)スタンの胸の内を語るだけでどんどん残りページ数少なくなるし…あれぇ?あれぇ??

でもちょこっと気になっていたブルーネル寮のその後が知れたのは良かったかな?桂人が開けた風穴のおかげでうまく回りだし、ますます桂人信奉者が増えたようですwスタン&アルバート的には心穏やかではない状況。"桂人は自分たちのモノ"を確固たるモノにし周囲を牽制するために策を練っているのは笑いました( ´艸`)

またタイトルにもある「甘やかしたい」。
これはスタンの心の叫びでもあるんですが、ニヤニヤしますね!1度離れて戻って心が落ち着いてストンと落ちてきたのが「甘やかしたい」。自分が見つけた愛し方が「甘やかしたい」。桂人は充分甘やかされてると思ってるけど、スタン的にはそれじゃ満足出来ない。

ここのCPは『愛したがり×愛したがり』になるのかな?心に大きな傷を抱えているから、どちらもが相手軸で物を考えてふんわり優しく愛を沢山与えたい。この関係すっごい良きです(∩´///`∩)

◆樋口美沙緒先生10周年記念特集(17P)

ロングインタビューやオススメ作品チャートなど。
個人的に嬉しかったのは「シリーズ徹底ガイド」です!パブスク&王統の人物相関図やポイントなどを各シリーズ2Pずつでまとめられています。特に王統はファンタジーゆえの特殊設定が多いからこのガイドは便利だー!ヾ(*´∀`*)ノ

ロングインタビューは裏話満載で、作品の解説や意図なども知れてとても良かったです。

◆犬飼のの×高階佑(61P)
『玉響 軍服の天使たち』

これ、すっごい良かったです!夢中になって一気に読みました。舞台は1905年、架空の国のお話ですが戦争中の日本…という感じ。士官学校を卒業し陸軍に入った受けのお話です。

一口に軍といっても戦地で戦う者以外にも仕事があり、戦地で歌や観劇などを披露し兵士を癒やし慰めるのが「玉響」の役目。玉響には6つの部隊があって、その中で見目麗しく娘役を熟す花形の舞台人が集められる隊に受けは配属されてーーーと展開します。

攻めと受けの間にある感情がめちゃくちゃ良かったです。戦地で兵士を慰める…といったらアレなんですが、攻めはその手管を教える役目なんですね。そして実際戦地で受けが兵士を慰めてる間、同じ部屋で監視するのも攻めの役目。なんっじゃそりゃーー!?となりながら切な痛さにめっっっっちゃ萌えた。萌えたの。すっごい。萌えた…。攻めと受けの間には任務以外の部分でも繋がりもあって切ないんですよ…。

あと玉響のトップの総監が白軍服が似合うお人で堪らんです。インテリ眼鏡の補佐官の存在も光ってて、補佐×総監のCPを想像してドキワクしちゃいました( ´艸`)

◆栗城偲×暮田マキネ(62P)
『幼なじみマネジメント』

アイドル×マネージャーのCPで舞台が某J事務所に似てて頭の中ぐーるぐるしちゃいました;元々幼なじみ関係で、攻めの希望によりマネージャーになった受けのお話です。

受けの奔走っぷりが好感度大◎。過去に多大なミスをやらかして攻めは干され気味のアイドルなんですね。受けは幼い頃から攻めに才能があると信じてファン1号を名乗ってきた。干された攻めを売り出す為に必死で頑張るのです。攻めも攻めで受けの情熱に報いるよう励む。二人三脚で芸能界の荒波を渡り歩いていました♪

攻めは周囲からクールとか寡黙に見られがちなんですが、受けが絡むと大型わんこっぽくなるギャップが可愛かったですヾ(*´∀`*)ノ アイドル×マネージャーというより、子供と保護者みたいw一生懸命さが可愛いカップルで面白かったです♪

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う