偏屈小説家は恋に色づく

henkutsu shousetsuka hakoi ni iroduku

偏屈小説家は恋に色づく
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
著者
やん 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
メディアソフト
レーベル
発売日
価格
ISBN

あらすじ

紀里谷耕介(きりや・こうすけ)は児童向けSF作品を執筆する小説家だ。
人間嫌いで人見知り。代表作は「うちゅうのぼうけん」。しかし最近はスランプが続き、何も書けていない。

そんな折、自宅に泥棒が入り、荒れ放題の庭に逃げ込まれてしまう。
それを機に紀里谷は庭師を雇うことにするが、現れたのはあご髭ロン毛にピアスのヤンキーみたいな男・寅井蘇鉄(とらい・そてつ)で、紀里谷がもっとも苦手とするタイプだった。
いつものように、寅井に対してそっけない態度を取ってしまう紀里谷。
しかし当の寅井はあっけらかんとした態度で、紀里谷を庭仕事に誘ったりしながら、偏屈な彼の心を溶かしていく――。

――こんな中年に、君…どうかしてる。

偏屈小説家は恋に色づく(1) 27ページ

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う