ひでーな。結婚の約束までした仲なのに

パーフェクトプロポーズ

perfect propose

パーフェクトプロポーズ
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神114
  • 萌×291
  • 萌43
  • 中立3
  • しゅみじゃない2

108

レビュー数
34
得点
1066
評価数
253
平均
4.2 / 5
神率
45.1%
著者
鶴亀まよ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
海王社
レーベル
GUSH COMICS
発売日
電子発売日
ISBN
9784796413831

あらすじ

社畜リーマンの浩国は、激務とパワハラ上司に悩まされ中。
何もかもに疲れて自暴自棄になっていたところ、昔面倒を見てやっていた甲斐が12年ぶりに訪ねてくる。

住む場所がなくなったと言う甲斐に同居を迫られ、渋々OKした浩国。
しかし甲斐からゲイ告白をされ、早速貞操の危機!?と思いきや、朝昼晩美味しい手料理を振る舞われ…

「面倒を見られているのは自分では……?」

家事能力抜群のクール男子×人生に疲れた社畜リーマンのドキドキ同居生活❤︎

表題作パーフェクトプロポーズ

深谷甲斐,21歳,フリーター・浩国の幼馴染
渡浩国,27歳,疲れ切ったサラリーマン(SE)

その他の収録作品

  • その後(描き下ろし)
  • カバー下「仕事バカ」(書き下ろし)

レビュー投稿数34

ちょっとしんどいけど、とても良かった!

辛ーい( ˃̣̣̥ω˂̣̣̥ )
ブラック企業辛いよー
病んだ受けの3大欲求を満たしていく、一途でクールな攻めが魅力的な、とてもいいお話でした!


パワハラ上司に、〝仕事できない人間〟として洗脳された浩国は、心身ともに疲れ果てた社畜リーマン。
12年ぶりに再会した昔馴染み・甲斐に頼まれ、仕方なく同居を許可します。
すると甲斐はゲイで、浩国のことが好きだと告白されてーー…!

とにかく、浩国の会社が酷い!
こんなところ辞めてやれよと思うけど、他に行き場がないと洗脳されている浩国に、その選択肢はなくて……
と、ここがねー、ちょっと焦ったくて憤りました。

甲斐が感情表現苦手なのは、ずっと一人寂しく生きてきたから。
物分かりが良くて、人に何も求めなくて……でもそれは、最初から色んなことを諦めているからなんです。
約束は守られないのが当たり前、人に期待しないのが当たり前って……これは悲しいよ。

そんな甲斐の唯一の執着が浩国です。
唯一自分に役割を与えてくれ、必要としてくれた相手。
甲斐から美味しい食事、ちょっとHなお手伝い、安眠を与えられ、浩国は少しずつ癒され、絆されていきます。
〝チョロ国〟と、からかわれながらも、甲斐が浩国を大切にしているのが伝わってくる所が良いんですよね。
お世話しているつもりが、いつの間にかお世話されてる。
その、自然に浩国を浸食していく感じが好きでした。
 
酷使される日々の中で、弱くてかっこ悪い自分を受け入れてくれる相手がいたら、それは強さにつながると思います。
「徒労みたいな人生だ」という浩国に、「徒労じゃない人生なんてある?」と問い返す甲斐。
ここのやり取りはシチュエーションも相まって、とても心に響きました。
「徒労な人生」と「徒労な事に懸ける人生」は違うと思う。
たとえ徒労に終わっても、自分らしく居られる人生の方を選択してほしい。

そして、甲斐によって動き出した浩国の人生。
退職届けを目にした時の、パワハラ主任の顔を見てみたかった。
最高のザマァだっただろうなと。

恋人同士になり、浩国に甘えるようになった甲斐にはキュンキュンしました♡
やっと甘えられる相手ができたんだと思うと、それだけで胸が熱くなります。

表紙の穏やかな印象に反して心をざわつかせる作品でしたが、むしろそこが良かった。
作家買いして間違いないです!素晴らしかった!!

18

素晴らしかった…

鶴亀まよ先生、凄いわ。

これは、予想を上回る。
ぐっと身につまされるけど、同時にじん、と胸に沁みる。

なんでしょう、ほんとこんな作品をよくぞ描いて下さった!思わず感謝してしまったくらいです。

こちら、浩国が相当なブラック会社のSEです。たびたび、BLだと社畜代表みたいになるSEさん。うーん、かなり辛い。
既に、仕事するために生きている。
ご飯も、1日一食。食べようとしても、胃が受け付けない。
コンビニとかファストフード。あと、ゼリーフード。
寝たくても、疲れきって寝れない。休めない…
あ…もう字面だけで悲しくなるくらいにボロボロに消耗しきっている浩国なんです。
ここまで、酷くはなくとも働く大人は誰しも感じたりしてるかと。忙しくても、充実してるならば良いけれど。

そこで、再会した年下の友人だった甲斐。

彼も、ずっと抱えた辛さ、諦める気持ちを普通と捉えて生きてきた人なんですよ。

再会して、ある事情から同居することになって。

この同居してからの日々が、二人の生きづらさや、満たされない部分が変わっていく展開なんです!
よく渇いた大地に水を撒く、じわじわ染みて潤う。なんて表現がありますが、当にそうだと思います!

浩国は、甲斐が作るご飯で体が変わって行くし生きている人になる。甲斐に何かしてあげたいと、感情が動くくらいには。

甲斐は甲斐で、浩国が夕飯作りを頼んだことで、自分が居てよいと許されて居場所を見つけている。

もう、読み進めていくと二人の生きていく意味を見つける話を息を詰めて見守る気分。

あ、決して暗すぎません。そこは、鶴亀まよ先生の描く、ちょっと救われる萌え部分が絶妙に投入されてます。

二人の居場所、二人が一緒に生きたくなった意味を見つける話でした。

ちなみに、甲斐はゲイ。浩国ノンケスタートですが、BがLになっていくのが説得力有ります。

二人の初セックスが、今まで読んだことない感じ!浩国が社畜だった流れが、上手く引き出されていて。
私、このときめく場面で爆笑してしまったんです。いや、そこからちゃんと盛り返してますけどね!

読むと語りたくなる。
はあ…読めて良かった。
ちゃんと生きたくなる、めちゃくちゃ素敵な作品でした。

9

泣ける

働く全ての人に刺さる作品だと思う。

人によっては、ブラックの描写がしんどいと言う人がいるけど、いやいやあれがあるからこそこんなに感動するんでしょうと思う。

自分一人がいなくても会社はまわる、自分なんかいなくてもいいんじゃないかと思ってしまう中で、自分だけを必要としてくれる存在の大切がどれだけ尊いかを教えてくれる作品。

BLとしてのキュンもあるけど、ドラマとしてもとても良いからもっともっと広まって欲しい。

5

悩んでる時に読みたい作品


普段リーマンものをあまり読まないのですが、鶴亀まよ先生の『三上と里はまだやましくない』がすきだったのと帯の「生きるために必要なもの=睡眠、美味しいごはん、キミ」というフレーズがかわいすぎて購入しました。

正直にいうとテンション的には萌くらいの気持ちなんですが
カップルだけで完結してない関係性とか、
しんどい日常に追われて死んでゆく感性みたいな表現がとても繊細で好きです。
会社勤めの人なら共感して読める部分も多いはず。

また言葉はすくないけどじんわりと伝わる甲斐の愛情が尊いです。
エッチシーンもかわいかったです。




5

料理上手のクール男子 × 社畜リーマン

恋愛面のドロドロはないのですが、受け攻めがそれぞれ仕事絡み・家庭絡みの問題を抱えており、じんわりと心に沁みる物語でした。


休日出勤当たり前、一日平均16時間労働のブラック企業に勤める社畜リーマンの浩国(受)。
でも浩国を追い詰めているのは、物理的な拘束だけではありません。
パワハラ兼モラハラ上司の存在。
とんでもない仕事量をこなしながらも、「こんなこともできねーの?」「お前が一番楽してる」と無能扱いされ続け、浩国は身体だけでなく心も蝕まれていました。
あれだけ上司にいびられている上に、同僚にも「いつも暗い顔してる」とか「とっつきにくい」と言われてしまうシーンは胸が痛みました。
うぅ、本当の浩国はそうじゃないんだよ…

そんな萎れ切った浩国のもとを12年ぶりに訪ねてきたのが甲斐(攻)です。
もともと家庭環境に恵まれていなかった甲斐は、小学生にしてすでに独りでいることに慣れている様子でした。
しかし中学卒業後は、とある定食屋で住み込みで働き、雇ってくれた店主といわば親子同然の関係を築くことができていました。
それなのに店主が病に倒れると、駆けつけた実の息子には「部外者」扱いされてしまいます。
誰かに必要とされることを知らずに育った甲斐は、自分が誰かに何かを求めることも知らないんですよね。
だから息子の薄情な扱いも飄々と受け入れ「しょうがない」と、さらり割り切る背中が悲しい…


このふたりが同居生活を送る中で、どのように癒されていくかが丁寧に描かれています。
落とす宣言までしていた甲斐なので、あとは浩国がほだされるのを待つだけと思っていたら、かなり終盤まできたところでまさかの展開があって慌ててページ数を確認しちゃいました(笑)
そこからは最終話らしい盛り上がりで、ここであの風鈴が出てくるのもよかったなぁ。


お疲れリーマンの浩国が、ついに上司に噛み付くシーンがお気に入り。
自分のことじゃなくて、後輩を庇ってというのが◎
敏腕のスパダリもかっこいいけど、こういう必死さやひたむきさには更に心打たれます。

甲斐は浩国のことを「チョロ国」だってからかったりして、最初は健気なふりした腹黒キャラという印象でしたが、読み進めていくうちに腹黒のふりした健気キャラになって、描き下ろしにたどり着く頃にはすっかり可愛い可愛い年下彼氏と化していました。すき。


最高のプロポーズってなんだろう。
どんな言葉をもらえたら嬉しいかは、きっとカップルそれぞれですよね。
浩国と甲斐にとっては、これがまさにパーフェクトプロポーズだったんだな、と思える感動的なラストでした。
初Hもくすっと笑える感じで、色気たっぷりとはいかないところがふたりの関係性にマッチしていてよかったです。

4

最高のプロポーズ!

鶴亀先生の作品は特に特質した登場人物でもなく、リアリティのある日常にBLを上手く絡ませ、何しろほんわかあったかいお話を描かれるので好きです( ◜◡◝ )

今作も先生の作品ならハズレないかなっと思い予約購入しました。

皆さまのレビューにあるように確かにしんどい‥とても疲れる‥。
浩国くんの会社ほどブラックではなくても‥普通に社会人してれば仕事に追われ自分は何の為に生きてんだろう‥なんて思った経験のある人は多々いると思います。
浩国くんというキャラは現代を生きる人間にはズキズキと胸に刺さります。
けれど甲斐くんがたまらない癒やしを与えてくれるんですよ。
その存在に浩国くんも助けられている‥。
でもマイペースでひょうひょうとあまり気持ちを表に出さない甲斐くんも色々辛い事を抱えて生きてきて、
その変わらない表情の裏に寂しさや甘えたがりの心を浩国くんは感じ取って受け入れたんですね〜。
お互いがこの人でなければと支え合う、人生の一部のような唯一無二の存在になっていったんですね。

鶴亀先生のお話は両思いになるまでゆっくりじっくりと描かれるのでとても自然に2人が惹かれ合っていく気持ちが感じとれます。
なのでラストの気持ちが通じ合うシーンは本当に感動に包まれます。
良かった!最高のプロポーズ!
どうか幸せに!


4

年下攻め好きな私のためにある作品か……???

基本的に年下攻めが好きな私ですが、
再開×年の差×同棲(押しかけ)のこの三点セット……最高じゃないですか????

パッと表紙見た時に絵も素敵でシチュエーション最高で電子書籍でしか商業本は買わないんですけど発売日に本屋で見つけて電子書籍化が待ちきれなくて買っちゃいました。

言わずもがな、最高でした。
胃袋掴みにくる年下最高です。
また、ヒロ(受け)が社畜でくたびれてるのもいいっ!
精神的支柱になってくれる包容力のあるスパダリ年下攻めが見れる作品なのでみんな読んだ方がいい。

4

再会モノの幼馴染年下攻めは最強!

過労な社会人が年下幼馴染と再会して、その幼馴染を家に匿うところから始まるお話でした。

攻めが、堂々と成長しきった年下なのがすごくキュンキュン出来ました。
受けは守ってあげたくなる可愛さでした。そしてチョロさよ。でも自分の意見は通せるような芯のあるチョロ人なのがすごくイイ。

この受けが勤めている会社は、ブラック企業の見本市でした。
命令ばかりの上司1名を除いたら良い人ばかりなのが救いです。
過酷なブラック企業に勤める受けは、攻めが生活の中に溶け込んでいくことで、見る見る健康になっていきます。
そんな、今も昔も一途に受けを想う攻めの存在があったので、実はブラック企業のお話なのに読んでいてつらさがほとんどなかったです。
その攻めはもちろん、会社の人たちのおかげもあって、最後にはちゃんと会社面も救いがあって納得のいくハッピーエンドでした。

恋愛面では、受けが徐々に恋心を育んでいく様子がピュアで癒されました。
エロシーンは少ないながらも特に、受けの慣れてない感じがたまらなく良かったです。しかも相手は幼馴染なのもあって会話にもニマニマしっぱなしでした。

やはり、再会を果たす幼馴染モノの年下攻めは最強でした。
2人のこれからが気になります。

3

まさにパーフェクトなプロポーズでした!

ブラック企業勤めの疲れた社畜の浩国が
ある日押しかけてきた昔なじみの年下男子の甲斐にお世話されてるうちにほだされて落ちてくお話。

ブラック企業の描写がめちゃくちゃリアル…!

こんな会社、嫌だ…と思うけど、だからこそ主人公のくたびれ具合に納得。
こんなすさんだ毎日で甲斐にお料理&お世話されちゃったら落ちずにはいられない…

甲斐も苦労してる子だから最後幸せになれて良かった!
今まで大変だった分、二人で幸せになってほしい~

3

想像と違いました

雰囲気と帯のワードでほのぼのを想像していましたが、違いました。すごくよかったです。

ブラック云々は置いといても、ソフトウェアなどものづくりの中小企業ではよくある話で納期までは終電始発は当たり前、自分にも経験があるし大袈裟じゃないのが現実です。
同じ業種じゃないと理解してもらえないんですよね、そんなに残業なわけ無いとか、嘘ついてるんだろうとか。

そんな中、おいしいご飯を作って浩国を見守っていた甲斐が大きくてとてもステキでした。
本当は一刻も早く楽になって欲しいと思っているんだろうけど、浩国がどういう思いで仕事をしているかもちゃんと考えてたんだろうな。

浩国が疲れ果てた末、とかではなく、きちんと仕事も甲斐との事も考えた上で行動に出る所はグッときます。
良い作品でした。

連載中の作品も好きなのですが、この作品でより今後が楽しみになった作家さんです。

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う