溺愛する夫の謀ーー。 「こうしたのは誰だ? オレだろう。オレがお前を女にした」

ララの結婚 2 初回限定 らぶとろ♥新婚旅行セット 【BLCD】

lala no kekkon

ララの結婚 2  初回限定 らぶとろ♥新婚旅行セット
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神24
  • 萌×27
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
148
評価数
31
平均
4.8 / 5
神率
77.4%
著者
媒体
CD
音楽
9per
脚本
沙藤いつき
オリジナル媒体
コミック
CD発売会社
リブレ〈CD〉
収録時間
76 分
枚数
1 枚
ふろく
フリートーク
発売日
JANコード
4571284841055

あらすじ

駆け落ちした双子の妹・ララの安否を仮の夫であるウルジに掴まれたラムダンは、
彼の真意を探りつつ妻としてウルジの家に入ることに。
同性であるウルジに抱かれ、女と偽り過ごす日々に当惑するラムダン。
その渦中、放蕩者の長兄・バドマが現れ「ウルジの嫁はオレが貰う」と言い放ち
大人気・異国の嫁入り奇譚の第2弾が、いよいよドラマCD化!
現代パロディのマンガ小冊子つき!

表題作 ララの結婚 (2)

ウルジ → 江口拓也

ラムダン → 斉藤壮馬

その他キャラ
バドマ[福山潤]/ ララ[長谷川育美]/ ララの夫[西山宏太朗]

レビュー投稿数3

前作よりも好きかも

原作既読、前作CD視聴済みです。

音声だけだと伝わりづらいところは丁寧にセリフや言葉が足されているので、原作未読でも大丈夫なんじゃないかなと思います。

江口さんも斉藤さんも好きなので、発売が発表されてすぐ予約してずっと楽しみにしてました…!結構期待してましたが、期待通りいやそれ以上に良かったです!

前作よりさらにお2人にキャラが馴染んでいるように感じられ、前作より私は好きかもしれません。

相変わらず、斉藤さんの演じられるラムダンは美人ででもどこかおてんばな感じもあってかわいかったです。前作のレビューでも言った気がしますが、ナイスキャスティング。

前作より良かったなと思ったのは江口さんの演じられたウルジです。全体的に前作よりどこか声が優しくなっている気がしました。一方、嫉妬に狂うシーンではちゃんと激しくて、さすがだなと思いました。

新キャラバドマですが、私のイメージとちょっと違う声だなと最初は思いましたが、福山さんベテランなだけあってお上手なので全然問題なかったです。

特典トークCDも面白いし約25分と聞き応えもたっぷりでよかったです。3巻もCD化されますように…!

8

前作と比べてLOVE度UP

完結するまで絶対に読まない&聴かないと心に決めていたのですが、待ちきれずポケドラでドラマCDの1&2、hontoで原作3を購入し、1日でコンプリートしました。とにかくこんなご時世で明日何があるか分からないから我慢せず聴いた方がいいよ、という意味を込めてレビューを書いています。

●総評●
1&2は原作未読(あらすじ知っている程度)ですが、ドラマCDだけでも概ね問題ない作りになっています。確かに細かい位置関係はCDだけでは分からないですが、超王道な展開かつ圧倒的スピード感で話に引き込まれているうち、あっという間に終わります(笑)。また、登場人物が多い(多くなる?)のですが、それぞれの立ち位置が明確なのでわかりやすいかと。

●おすすめポイント●
ラムダン役の斉藤さんはやはり絶対に期待を裏切らない安心感があります。今作においてウルジとの絡みはたった一度なんですが、お仕置きHが超エロかった・・・!(「きちゃう」がエロすぎません?死ぬかと思った)私は美人受け苦手なんですけど、斉藤さんの美人受けは好きです。儚くて弱々しいというより、清潔感のあるお上品な感じ。それでいて喘ぎ声がエロいのでギャップが最高です(変態で申し訳ない)。モノローグに感情を入れ過ぎず会話と明確に線引してくれるところや、心情描写を息でそれとなくカバーしないところも親切設計。つくづくドラマCD向けの声優さんだなと思いました。
また、ウルジ役江口さんは青臭さと大人っぽさのバランスが丁度よかったですし、福山さんは安心感抜群で、女性キャラも適度な可愛さで聴きやすいです。前作同様、初心者向きの作りになっているのではないでしょうか。

●「神」評価が付けられない理由
BLあるあるかもしれませんが、エロ度を上げると糖度が下がり、糖度を上げるとエロ度が下がり、になっちゃうんですよね。前作は前者、今作とおそらく次作は後者になるでしょう。個人的にどっちも欲しい派なので、今後エロ度と糖度が両立した時に「神」を付けたいと思い、今回は残しておきました。

4

新キャラが

こちらはコミックス2巻の内容なので、少ーし二人の関係が安定したところからお話が始まります。
ウルジの仕事を手伝うようになったラムダンが楽しそう。
ためこう先生の作品なのでエロもばっちり。
斉藤さん演じるラムダンがとにかく色っぽい。江口さん演じるウルジは言葉少ないけど、かなり強引なところがまだまだ余裕なくてラムダンにベタ惚れしてるところがいいところでもあり、ちょっとだけ残念でもあり。愛が重い。
物語の半ばあたりから登場のウルジの兄バドマがまた、ちょっと平和になった二人の間にまた波風を立てちゃうんですよね。福山さんが演じる兄のバドマはなんだか憎めないひょうひょうとしたキャラで、ラムダンにウルジの子供時代のこと教えてくれたり、実はいい人かもと思わせるいいキャラで福山さんの声がぴったりでした。
そしてもう一人ウルジの許嫁としてアリアナも出てきてなかなか賑やかな2巻です。

こちらキャストトークは公式通販で購入するとついてくるのですが、主演のお二人に加えてバドマ役の福山さんも入っての3人でした。
3人でのトークはドラマCDのことはもちろんですが、それ以外のお題トークとかなかなか興味深く面白かったです。意外な話が聞けたり、キャスト様お好きな方にはおススメです。

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

CD

  • 買う